急な出費の事例と解決策

冠婚葬祭が続いたり、病気で入院したりと、急な出費に困ったことがある方は多いのではないでしょうか。

急な出費が発生して手元にお金がないとき、必要なお金を調達しなくてはなりません。

急な出費に対応するためには、お金をどう調達すればいいのでしょうか?

急な出費には即日融資可能な消費者金融の利用を検討するといいでしょう。

消費者金融には無利息期間があるため、短期間で返済する場合は実質無利息でお金を借りられます。

急な出費が合っても、ヤミ金から借り入れるのはやめましょう。

トラブルに巻き込まれたり、法外金利を請求される可能性があります。

当記事では、急な出費の例一覧表や対処法、注意点について解説していきます。

急いでお金を用意したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

急な出費の状況 解決策
急な出費の事例が分からない 急な出費の一覧表を確認する
即日でお金が必要 30日間利息0円で借りられるカードローンを利用する
急な出費が発生するか不安 月々の出費額を把握する

急な出費の例を一覧で解説

急な出費は思いがけないところから発生します。

まずはどんな時に出費が発生するかを見ていきましょう。

思いがけない急な出費の例を抑えておくことで、事前の対処が可能になります。

急な出費の具体例は以下の通りです。

急な出費の種類 詳細 出費金額
故障

 

家具 買い替え 20,000円~100,000円

修理 8,000円~50,000円

家電 買い替え 50,000円~200,000円

修理 30,000円~50,000円

1,000,000円~8,000,000円
医療費 事故による怪我 5,000円~100,000円
病気 220,000円~600,000円
冠婚葬祭 葬式の香典 5,000円~100,000円
結婚式の祝儀 30,000円~100,000円
結婚祝い、出産祝い 30,000円~100,000円
税金 自動車税 軽自動車 10,800円

乗用車 25,000円~110,000円

住民税 年10,000円~500,000円(収入により異なる)
固定資産税 年100,000円~200,000円(不動産により異なる)
車検代 30,000円~100,000円
イベント費 入学祝い 5,000円~30,000円
習い事の発表会代 10,000円~20,000円
旅費 50,000円~200,000円
その他 家の修繕 1,000,000円~5,000,000円
親の介護 月80,000円~100,000円

保険適用の場合5,000円~

交通違反の反則金 40,000円~100,000円

家具や家電は修理に出すか、買い替えるかで、かかる金額が異なります。

修理できそうな故障の場合は、修理に出し出費を最小に抑えましょう。

また税金などの特別支出は、毎月の支払いでないものもあります。

支払日を忘れないよう把握しておき、事前に必要金額を用意しておくようにしましょう。

一覧で紹介した出費例に、当てはまりそうなものがあれば、事前に貯金しておくといいです。

しかし中には予測が不可能な急な出費もあると思います。

次の章では、急な出費が発生してしまった際の対処法を紹介していきます。

急な出費が発生した際の対処法

急な出費はどのタイミングで発生するかわかりません。

貯金が十分にないとき、まとまったお金が必要になった場合は困ってしまいますよね。

以下の方法を行えば、急な出費が発生した場合にお金を用意できます。

急な出費が発生した時の対処方法一覧
フリマアプリやリサイクルショップで不用品をお金に換える
即日融資が可能な消費者金融を利用する
当日に給料を受け取れる即日払いバイトをしてお金を作る
クレジットカードのキャッシング枠を利用する
貴金属やブランド品を担保にお金を借りられる質屋を利用する

一つずつ解説していきますので、自分にあった方法を選んでみてください。

フリマアプリやリサイクルショップで不用品をお金に換える

急な出費が発生した際、不用品を売ってお金に換える方法があります。

着なくなったブランドの服や家電、家具などお金になりそうなものから売りに出してみましょう。

思いがけないものが高値で売れる場合もあるため、何を売るか迷っているなら、不用品を全部売ってみるのも策です。

リサイクルショップはまとめて出品出来ますが、一つ一つ出品するフリマアプリの方が高値で売れる傾向があります。

リサイクルショップとフリマアプリの特徴を以下にまとめました。

リサイクルショップ フリマアプリ
換金までの時間 即日 商品が届いた後に売上金が入る
手軽さ 店に持ち込むだけでOK 商品の梱包や購入者とのやり取りが面倒
価格の高さ 状態によっては価格がつかないものも 自身で価格設定ができ、定価に近い価格で売れる

即日融資が可能な消費者金融を利用する

急な出費が発生し、お金を集める手段がない場合は、即日融資可能の消費者金融の利用を検討しましょう。

消費者金融は即日でお金を借りられるだけでなく、無利息期間も存在します。

無利息期間とは金利のかからない期間のことで、無利息期間内に借入金額を返済すると借りた分だけの返済で済みます。

給料日までのつなぎとして借りる場合など、短期間で返済できる方は利用してみてもいいでしょう。

無利息期間のある消費者金融は以下の通りです。

カードローン名 金利 無利息期間 無利息期間開始日
プロミス 年4.5%~17.8% 30日間 初回借入日の翌日
アコム 年3.0%~18.0% 30日間 初回契約日の翌日
アイフル 年3.0%~18.0% 30日間 初回契約日の翌日
レイクALSA 年4.5%~18.0% 【WEB以外で申込の場合】

30日間

【WEBで申込の場合】

60日間

【5万円までの借入の場合】

180日間

初回契約日の翌日

また、無利息期間が始まるタイミングが以下の2種類ある点には注意が必要です。

無利息期間開始日
初回契約日の翌日から
初回借入日の翌日から

無利息期間が初回契約日の翌日からの場合、契約日翌日から無利息期間が消費されていきます。

そのため契約日翌日付近で借入しないと、無利息期間を無駄にしてしまいます。

しかし期間開始日が初回借入日の翌日からの場合、登録を完了させておき必要時に利用しても、期間は無駄にしません。

当日に給料を受け取れる即日払いバイトをしてお金を作る

即日払いバイトは、働いた当日にその場で給料がもらえます。

急な出費が発生した際は、即日払いバイトに行く方法も選択肢に入れてみましょう。

面接や登録会なしで働ける即日バイトも存在するので、急ぎの出費にも対応できます。

アルバイトは自分で働いて得るお金なので、ものを売ったりお金を借りずにお金を作れます。

今から働けるアルバイトを探せるスマホアプリも存在します。

日払いバイトを探せるアプリは以下の通りです。

日払いバイトを探せるスマホアプリ
しごとら 日本最大級の日払い求人サイト
タイミー アプリダウンロード数№1のスキマバイトアプリ
shotworks 「明日、1日だけ働きたい」が見つかる短期・単発バイト専門アプリ

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

クレジットカードのキャッシング枠とは、クレジットカードを使ってお金を借りられる機能です。

クレジットカードには買い物で利用できる「ショッピング枠」と、お金を借りられる「キャッシング枠」が設けられています。

ショッピング枠、キャッシング枠ともに限度額が決められており、限度額以上のサービスを受けることはできません。

キャッシング枠を設定している人は、ATMや口座振り込みでいつでも借入が可能です。

しかしキャッシング枠の申し込みにも審査が必要です。

クレジットカードを持っていない人やキャッシング枠を申請していない人はお金を借りられません。

また、キャッシング枠を利用すると18%前後の金利がかかることにも注意が必要です。

消費者金融なら事前申し込みなしでも即日融資が可能で、無利息期間があります。

即日でお金を借りたい方や、短期間で返済する場合は消費者金融の利用も検討してみましょう。

キャッシング枠 消費者金融
ショッピング利用 あり なし
借入の利用枠 小さい 大きい
金利 15.0%~18.0% 3.0〜18.0%
無利息期間 なし あり

貴金属やブランド品を担保にお金を借りられる質屋を利用する

質屋とは私物のカバンや金属を預けて、その評価額の範囲内でお金を借りることができるサービスです。

お金を借りられる期間は原則3ヶ月で、その期間内に元金と金利を支払えば品物は返却されます。

期限内に返済できないと「質流れ」といって品物が質屋で販売されてしまいます。

質屋の特徴として、お金を返せなくなっても品物を失うことで返済義務がなくなる点です。

手放したくない品物は、万が一のことを考えて質入れしないようにしましょう。

また質屋の金利は3%~8%と、カードローンに比べると高金利な点には注意が必要です。

顧客の高価な品物を預るには頑丈な金庫などで保存する必要があるため、預り料として金利が高めに設定されています。

借入時の審査が不安な方や、売りたくないけど預けてもいいブランド物を持っている方は質屋の利用を検討しましょう。

急な出費が発生する理由は月々の出費額を把握していないから

急な出費に戸惑っている方は、月々の予想出費額を把握できていません。

病気や怪我など予測不可能な出費もありますが、大抵の出費は予測が可能です。

また予測不可能な出費にも対応できるよう、緊急事態用の貯金をしておくのも策です。

自身の出費予定を洗い出してみることで、お金の事前準備ができます。

出費予定を確認すれば無駄使いを防ぐことも可能です。

出費予定は「年間出費表」を作成することで管理できます。

具体的な作成方法を以下に詳しく解説していきます。

急な出費に悩まされたくない方は参考にしてみてください。

年間出費表を作成し急な出費用の貯蓄をしておく

「年間出費表」を作成すれば年間の出費予定を確認できます。

年間出費をカレンダー化すれば、お金の管理や貯金がしやすくなります。

予測できる年間の出費予定を記入していき、出費予定金額を把握しておきましょう。

出費の大枠を掴んでおくことで、急な出費にも慌てずに対処できます。

年間出費表の記入例は以下の通りです。

20○○年 費用 金額
1月 お年玉 30,000円
2月 車検代 100,000円
3月 卒業旅行費

入学祝い

50,000円

30,000円

出費を確認したら、毎月の出費に合わせて必要金額の貯金を始めましょう。

早めからカレンダーを作成しておき、ボーナス時に必要分を取っておく方法もおすすめです。

保険料が高すぎる場合は安いプランに乗り換えたり、プチプラで代用したりと節約することも大切です。

急な出費に困ってもヤミ金は使わない

お金を借りる手段がなくても違法な取引をする「ヤミ金」から借りるのはやめましょう。

ヤミ金は「審査なし」や「ブラックでもOK」などと都合のいい言葉で勧誘してきます。

しかし借りてしまうと返済できなくなる可能性が高いです。

貸金業法で定められている上限金利を超えた利息を請求してきたり、脅迫的な取り立てを行ったりします。

返せないと、家族などの身内にも取り立てが来る場合もあるので注意が必要です。

ヤミ金の見分け方は、金融庁のホームページの「登録貸金業者情報検索入力ページ」に業者が載っているか確かめます。

貸金業者の業者番号が金融庁ホームページに載っていない場合、正規の貸金業者でないといえます。

正当な貸し付けを行っている貸金業者は、金融庁の登録を受けています。

法外金利で貸付される個人間融資にも注意

近年、SNSやインターネット掲示板を通じて個人間でお金の貸し借りをする「個人間融資」が増えています。

「個人間の取引なら審査なしで、借入額も融通が利くのではないか」と考える方もいると思います。

しかし個人間融資はヤミ金による貸し付けがほとんどです。

そのため返せないほどの高金利で貸し付けされたり、個人情報を悪用されたりとトラブルに巻き込まれる可能性があります。

貸金業を営む者は、金融庁の貸金業者登録を行う必要があるため、個人でお金を貸し付けることは貸金業法の違反となります。

個人間のお金のやり取りは、貸金業法の規定に抵触すると金融庁は注意喚起を促しています。

融資を行った方だけでなく、利用した方も違反となる場合もあるので利用しないようにして下さい。

まとめ

急な出費はできる限り、事前に対処しておくことが大切です。

予測できるものは年間出費表で管理し、出費額を把握しておきましょう。

病気や怪我、冠婚葬祭などの予測不可能な急な出費が発生した場合、無利息期間がある消費者金融を利用するといいでしょう。

即日融資が可能なため急な出費にも対応可能です。

急な出費が発生しなくても、万が一の時の貯金はしておくと安心です。

またトラブルに巻き込まれる可能性があるため、ヤミ金と個人間融資を利用するのはやめましょう。

急な出費の対処法は存在するので焦らず自分に合った対処法を選択しましょう。