即日融資カードローン

急ぎでお金を借りたい方は、即日融資が可能なカードローンを探しているのではないでしょうか。

しかし、カードローンの種類は1000種類以上あります。

そのため、即日融資に対応しているカードローンが分からない方もいるかもしれません。

結論から言うと、即日融資に対応しているのは消費者金融カードローンです。

銀行カードローンは、即日融資に対応していません。

遵守している法律が違うため、消費者金融カードローンの審査体制とは違うからです。

当記事では、融資融資で借入できるおすすめカードローンを紹介していきます。

また、最短30分で融資が可能なカードローンや、申し込む際の手順などについても解説しています。

即日融資を希望している方は、ぜひ参考にしてみてください。

※即日融資が可能なカードローンでも、審査なしでは借りられません。

貸金業法の改正により、申込者の返済能力の調査が義務付けられているからです。

目次

即日融資が可能なのは貸金業法を遵守している消費者金融カードローン

消費者金融の無人契約機

カードローンが一般的に普及した現在では、様々なカードローンがあります。

ただ即日融資に対応できるのは、貸金業法を遵守している消費者金融カードローンのみです。

消費者金融の大半は審査を行う際、独自のスコアリングシステムを導入しています。

コンピューターが申込者の個人信用情報を確認し、点数化して融資の可否を判断するシステムです。

スコアリングシステムを利用すると、コンピューターが申込情報の確認を実施してくれます。

即日融資に対応できる主な消費者金融は、以下の5社です。

カードローン名 審査時間 融資スピード
プロミス 最短30分 最短30分
SMBCモビット 最短10秒(簡易審査) 最短即日
セントラル 最短30分 最短即日
アイフル 最短30分 最短60分
アコム 最短30分 最短60分

スコアリングシステムは機械が審査を行うため、審査時間が非常に速いです。

審査が迅速に進めば、申し込みから最短30分程で融資を受け取れます。

また一部の消費者金融は、ネットやアプリでの申し込みにも対応しています。

スマホでいつでも申請できるので、店舗や自動契約機に行く必要もありません。

当日中にお金を借りたい方は、即日融資に対応可能な消費者金に申し込みを行ってみてください。

銀行カードローンは銀行法によって審査に最低でも1営業日かかる

銀行カードローンは、即日融資に対応できません。

対応できない理由は、消費者金融とは異なる法律を適用しているためです。

銀行カードローンは、「銀行法」という法律に従って提供されています。

銀行法は各銀行が円滑に業務を実行できるよう、銀行に関する規定を記した規律です。

銀行も融資を提供する際は、銀行法に従って審査を行っています。

審査時は入念に申込者情報を確認するため、審査時間も同様に長くなるケースが多いです。

また審査時は反政府勢力への融資を予防するため、警察庁のデータベースで情報照会を行います。

迅速に手続きが進んだとしても、審査結果が出るのは最短でも翌営業日となります。

当日中にお金を借りたい方は、注意しましょう。

ちなみに近年は多重債務者の増加によって、各銀行が独自の審査体制を導入しています。

申込内容によっては、審査結果が出るまで1週間以上かかる場合もあります。

即日融資おすすめカードローン5社

消費者金融の中には、即日融資に対応可能なカードローンが多数存在します。

ただ申し込みを行う際は、即日融資に対応できるかだけでなく貸付条件も確認しましょう。

適用金利や借入限度額などの内容は、カードローンごとに異なります。

そのため申込時は内容をよく確認し、用途や目的に合ったカードローンを選ぶ必要があります。

各カードローンを比較した結果、即日融資可能なおすすめカードローンは以下の5つです。

即日融資を希望している方は、ぜひ参考にしてみてください。

カードローン名 適用金利(実質年率) 融資限度額 無利息期間
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 30日間
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円 ×
セントラル 4.8%~18.0% 300万円 30日間
アイフル 3.0%~18.0% 1万円~800万円 30日間
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円 30日間

最短30分で融資が可能!「瞬フリ」が利用できるプロミス

プロミスの看板

プロミスの商品説明
審査時間 最短15秒事前審査
※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります
※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります
融資時間 最短30分
金利 4.5%~17.8%
借入限度額 1~500万円
申込条件 20歳~69歳の安定した収入がある方

プロミスは「瞬フリ」(振込キャッシング)を利用した場合、最短30分程で融資を受け取れます。

瞬フリはカードローンの契約完了後に銀行口座を登録し、口座に融資を直接送金する借入方法です。

以下の手順で手続きを進めていけば、最短10秒程で融資を振り込めます。

プロミス「瞬フリ」の申込手順
①IDやパスワードなどの情報を入力し、会員サービスにログインする
②お客様情報の変更画面に移動後、振込先の銀行口座を登録する
③瞬フリの手続き画面へ移動し、振込キャッシングの申し込みを行う

瞬フリによる借入は三井住友銀行やみずほ銀行をはじめとした、全国約200の金融機関で利用できます。

原則24時間365日、夜間や土日祝日でも振込可能です。

(毎週月曜の0:00~7:00はメンテナンスのため、受付を停止しています)

またプロミスは瞬フリやアプリローンを利用する場合、ローンカードを発行する必要がありません。

自動契約機が使えない時間帯でも、必要に応じて融資をすぐ用意できます。

審査や振込手続きを短時間で完了させたい方は、ぜひ利用を検討してみてください。

即日融資でも初めて契約する場合は、30日間利息0円で借入できます。

そのため、利息を抑えての借入も可能です。

プロミス

  • 最短3秒で融資可能か診断できる!
  • 最短30分で融資可能!
  • 初めての利用で30日間利息0円!

4.5%〜17.8%

1万円~500万

最短30

最短30分

職場への電話連絡と郵送物の送付を省略できるSMBCモビット

SMBCモビットの商品説明
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日
金利 3.0%~18.0%
借入限度額 1~800万円
申込条件 20歳~69歳の安定した収入がある方

SMBCモビットはWeb完結で申し込む場合、自宅や職場への電話連絡を省略できる可能性があります。

在籍確認を必要書類の提出による代替確認へ変更し、会社や家族に内緒でカードローンを契約可能です。

ネット明細を利用すれば、契約後に契約書などの郵送物が送られてくる心配もありません。

ただし電話連絡を省略するには、オペレーターへの電話相談が必要となります。

オペレーターへの相談方法は、以下の2種類です。

電話での相談 0120-03-5000(営業時間は9:00~21:00まで)
スマートフォンでの相談 サービス/サポート窓口(24時間対応)
パソコンからのお問い合わせ

SMBCモビットのWeb完結は、最短10秒で簡易審査の結果を確認できます。

振込キャッシングなら最短3分で融資を送金でき、1,000円以下の借入にも対応可能です。

またSMBCモビットは公式アプリさえあれば、セブン銀行ATMでキャッシングが行えます。

カードレスで借入や返済を自由に行えるので、利便性も非常に高いです。

周囲に内緒で即日融資を受けたい方は、SMBCモビットの利用を検討してみましょう。

SMBCモビット

  • WEB申込で職場への電話連絡なし!
  • 10秒で融資可能か診断できる!
  • 申込後の電話で審査時間の短縮もできる!

3.00%〜18.00%

1万円~800万

最短即日

最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

平日14時までの申し込みで即日融資が可能なセントラル

PR:セントラル

  • 1万円から千円単位で借入できる!
  • 初めての利用で30日間利息0円!
  • インターネットなら24時間365日申し込み可能

4.80%~18.00%

300万円

最短即日

最短即日融資

セントラルの商品説明
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日
金利 4.8%〜18.0%
借入限度額 300万円
申込条件 20歳以上の安定した収入がある方

セントラルは平日の14時までに申し込みを完了させれば、即日融資に対応可能です。

融資は契約完了後、申込者名義の金融機関口座に送金されます。

ただし即日融資を希望する場合は、ナビダイヤルへの連絡が必要です。

ナビダイヤルの連絡先、受付時間はこちらになります。

セントラルのナビダイヤル
0570-038-038(受付時間8:00~21:00)

セントラルは契約完了後、セントラルカードを発行しておけばATMでの借入も可能です。

発行したカードはセントラルATMだけでなく、セブン銀行ATMでも利用できます。

各ATMの営業時間は、以下の通りです。

端末名 営業時間
セントラルATM 7:00~24:00(年中無休/利用手数料無料)
セブン銀行ATM 24時間利用可能(年中無休/23:45~1:00はメンテナンスのため利用不可)
※借入期金額が1万円以下の場合は108円、1万円以上の場合は216円の利用手数料が発生します

またセントラルの公式サイトには、「お借入3問診断」が用意されています。

3つの質問に答えるだけで、審査に通る可能性をある程度予測することが可能です。

初めて即日融資可能なカードローンを申し込む方は、試しに診断を行ってみてください。

※セントラルはPRとして掲載しております。

申し込み後にコールセンターへ電話すれば審査時間を短縮できるアイフル

アコムの店舗入り口

アイフルの商品説明
審査時間 最短30分
融資時間 最短60分
金利 年3.0%~18.0%
借入限度額 800万円
申込条件 20歳以上で安定した収入がある方

アイフルは特定の手順で申し込みを行うと、審査時間を短縮できる場合があります。

急いで融資を引き出したい時の申し込み手順は、以下の通りです。

アイフルの申込手順
①スマホやPCからカードローンの申し込みを行う
②申込完了後に受付完了メールを受け取った後、フリーダイヤル(0120-337-137)に電話をかける
③電話もしくはメールによって審査結果が届く
④Webまたは店舗で契約を行い、ATMから融資を引き出す

ただしフリーダイヤルの受付時間は、9:00~21:00までとなっています。

迅速に審査を完了させたい場合は、21:00までには手続きを完了させておくべきです。

またアイフルは公式アプリを活用すれば、近くのセブン銀行やローソン銀行からも借入できます。

申し込みから借入までの手続きは、すべてアプリのみで対応可能です。

借入状況の確認や管理も行えるため、ローンカードを発行する必要はありません。

アプリで即日融資を受けたい方は、ぜひ利用を検討してみてください。

アイフル

  • 申込後の電話で審査時間を短縮できる!
  • 1秒で借入可能か仮診断できる!
  • 初めての契約で30日間あ利息0円!

3.0%~18.0%

800万円以内

最短30分

最短1時間

「3秒診断」を利用すれば審査の前に借入可能か判断できるアコム

アコムの店舗入り口

アコムの商品説明
審査時間 最短30分
融資時間 最短60分
金利 年3.0%~18.0%
借入限度額 800万円
申込条件 20歳以上で安定した収入がある方

アコムは申込前に「3秒診断」を使って、融資の可否を確認できます。

申込前に診断結果を確認しておけば、初めての方でも安心して手続きを進めることが可能です。

診断結果は信用情報に記録されないため、利用しても審査への悪影響はありません。

またアコムはWebや電話で申し込んだ場合、手続き時間を最小限に抑えられます。

手続きの流れは、以下の通りです。

アコムの申込手順
①Webもしくは電話で申し込みを行う(24時間365日対応)
②審査結果を確認した後にWebや店頭窓口、自動契約機のいずれかで契約手続きを行う
③契約完了後、ATMもしくは金融機関で借入を行う

迅速に手続きを完了できた場合、アコムは最短30分で審査を完了できます。

最短600分程で融資の受け取りも可能です。

またアコムはコンビニATMを利用すれば、24時間いつでも融資を引き出せます。

セブン銀行やイーネットATMなどいろいろなATMと提携しているため、利便性が非常に高いです。

利便性に優れたカードローンで即日融資を行いたいと考えている方は、アコムへ申し込みを行ってみましょう。

アコム

  • 即日ほしい人向けカードローンランキング第1位!
  • 3秒で借入可能か診断できる!
  • 初めての利用で30日間利息0円!

3.00〜18.00%

1万円~800万円

最短30分

最短1時間

即日融資を受けるまでの手順を解説

カードローンの申込機

即日融資を受ける際は、申込日当日に契約手続きを完了させる必要があります。

手続きを迅速に完了させたい場合はWeb、もしくは店舗(自動契約機)で申し込みを行いましょう。

ただ申し込みから契約までの手順は、申込方法ごとに異なります。

融資の借入方法も違うため、申し込みを行う際は内容をよく確認しなければいけません。

また即日融資を受けるためには、申込方法ごとに以下の条件も満たす必要があります。

Web申し込みで即日融資を受ける場合 店舗(自動契約機)申し込みで即日融資を受ける場合
指定された審査対応時間内に審査を完了させておく
カードローンの振込実施時間内に契約手続きを完了させる
店舗の営業時間内に契約手続きを完了させる
事前に店舗または自動契約機の設置場所を確認しておく

WEB申し込みを利用して契約したい場合

Web申し込みで契約を行う時の手順は、以下の通りです。

Webで即日融資を希望する際の手順
①スマホまたはPCからカードローンの申し込みを行う
②必要書類を提出し、審査結果を確認する
③審査結果を確認した後、カードローンの契約手続きを行う
④契約完了後、振込キャッシングで融資を受け取る

大半の消費者金融は、Webからの申し込みに24時間対応しています。

今日中に融資を受け取りたいと考えている方は、なるべく早めに申請を行っておきましょう。

またWeb申し込みを行う際は、以下の条件を満たす必要があります。

  • 指定された審査対応時間内に審査を完了させておく
  • カードローンの振込実施時間内に契約手続きを完了させる

審査対応時間は、消費者金融が審査を実施できる時間帯です。

時間内に申し込みできなかった場合、審査は翌日以降に回されてしまいます。

各消費者金融の審査対応時間は、以下の通りです。

カードローン名 審査対応時間
プロミス 9:00~20:00
SMBCモビット 9:00~21:00
セントラル 8:00~21:00
アイフル 9:00~21:00(土日祝含む)
アコム 9:00~21:00

振込実施時間は、消費者金融が融資を送金できる時間帯です。

たとえ契約が完了していても振込実施時間を過ぎていれば、融資の送金は翌日以降となります。

振込実施時間は、利用する金融機関によっても異なります。

即日融資を申し込む際は、指定された時間までに契約を完了できるよう対応してください。

店舗に来店して契約する場合

店舗や自動契約機でカードローンを契約する時の手順は、以下の通りです。

店舗や自動契約で即日融資を希望する際の手順
①近くの店舗窓口もしくは自動契約機でカードローンの申し込みを行う
②必要書類を提出し、審査結果が出るまで待つ
③審査結果を確認後、カードローンの契約手続きを行う
④契約完了後、ローンカードを受け取る
⑤ATMでローンカードを使い、融資を引き出す

店舗や自動契約機で契約を行う際は、本人確認書類の提出が求められます。

即日融資を希望する方は来店時、書類を忘れないように注意しましょう。

また店舗(自動契約機)で即日融資を受けるには、以下の条件を満たす必要があります。

店舗の営業時間内に契約手続きを完了させる
事前に店舗または自動契約機の設置場所を確認しておく

店舗や自動契約機でカードローンを契約する場合は、営業時間内に手続きを完了させなければいけません。

各消費者金融の営業時間は、以下の通りです。

カードローン名 営業時間
プロミス 自動契約機/9:00~21:00(土日祝日も利用可能)
※各店舗により営業時間が異なる
店頭窓口/10:00~18:00(平日のみ)
SMBCモビット ローン契約機/9:00~21:00
※各店舗により営業時間が異なる
セントラル 自動契約機/8:00~21:00
※各店舗により営業時間が異なる
ATM/7:00~24:00
※各店舗により営業時間が異なる
アイフル 店舗窓口/8:00~21:00(平日のみ)
※各店舗により営業時間が異なる
無人契約機/8:00~22:00
※各店舗により営業時間が異なる
アコム 店頭窓口/9:30~18:00(平日のみ)
自動契約機/9:00~21:00(年中無休)
※各店舗により営業時間が異なる

迅速に契約手続きを完了させるには、店舗や自動契約機の場所もしっかり確認する必要があります。

来店するのが遅れると、審査時間も長引いてしまう可能性が高いです。

店舗や自動契約機を利用する場合は、営業時間と設置場所を確認しておきましょう。

即日融資カードローンへ申し込みする前に確認しておくべき5つの注意点

カードローンの貸付条件

即日融資を受けるには、消費者金融カードローンの利用を検討してみましょう。

ただ消費者金融に申し込みを行う際は、以下の注意点に気をつけてください。

即日融資の審査に申し込みする際の注意点
身分証明書や収入証明書の用意
借入希望額を必要最低限に抑える
提出前に書類内容をよく確認する
勤務先に電話連絡がくることを通達しておく
店舗で契約する際は無人契約機を利用する

消費者金融の審査では申込時に、身分証明書や収入証明書の提出が必須となります。

必要書類が不足していた場合、当日中に審査を完了させるのは難しいです。

消費者金融からお金を借りる際は、借入希望額にも注意する必要があります。

自身の収入に見合わない借入額を申請すると、審査で落とされる危険性が高いです。

カードローンの初回申込時は、申込情報の誤字や書き忘れがよく発生します。

審査時間を最小限に抑えたいのであれば、記入した申込情報は入念に確認しておきましょう。

在籍確認がとれない限り、カードローンの審査は完了しません。

滞りなく審査を完了させたいのであれば、勤務先への連絡は早めに行っておくべきです。

消費者金融の営業時間は、基本的に店頭窓口よりも自動契約機の方が長く設定されています。

午前中に申し込みできない場合は、営業時間が長い自動契約機を利用してください。

審査前に身分証明書や収入証明書を用意しておく

消費者金融カードローンを申し込む時は、身分証明書が必ず必要となります。

身分証明書は申込者の年齢や本籍、生年月日などが確認できる書類です。

審査担当者は提出した身分証明書の内容を確認し、申込情報に誤りがないか確認します。

身分証明書として適用されるのは、以下の書類です。

身分証明書として扱える書類
運転免許証
パスポート
個人番号カード(マイナンバーカード)
在留カード
外国人登録証明書

書類を提出できなかった場合、審査は提出が行われるまで保留となります。

カードローンを申し込む際は、身分証明書を忘れずに提出しておきましょう。

また借入希望額が50万円を超える場合は、収入証明書の提出も必要です。

収入証明書は申込者の年収(月収)が確認できる書類で、以下の書類が該当します。

収入証明書に該当する書類
所得証明書
源泉徴収票
課税証明書
確定申告書
給与明細書

50万円以上の借入に収入証明書が必要となるのは、申込者への過剰融資を防ぐためです。

消費者金融は貸金業法という法律に従い、融資を行っています。

総量規制では申込者が高額融資を希望した際、申込者の収入を確認する「収入証明」が必須です。

(申込内容によっては借入希望額が50万円以下でも、収入証明を行うケースがあります)

収入証明が完了しない限り、カードローンを契約するのは不可能です。

即日融資で借入したい方は、身分証明書と一緒に収入証明書も用意しておいてください。

借入希望金額は必要最低限の金額を申請する

カードローンを申し込む時は、申込情報の中に借入希望額を記入します。

カードローンの融資限度額内であれば、借入希望額は自由に申請可能です。

ただし借入希望額を高く申請してしまうと、審査で落とされやすくなる可能性があります。

消費者金融の融資限度額を制限しているのは、貸金業法の中に存在する「総量規制」という制度です。

総量規制は個人が消費者金融からお金を借りる場合、限度額は年収の1/3までと定めています。

たとえば年収300万円の方が借入を行う場合、借入限度額は100万円までです。

消費者金融は総量規制に沿って限度額を制限し、個人への過剰融資を防いでいます。

そのため、年収の1/3以上にあたる融資の借入はできません。

消費者金融に申し込みを行う時は、借入希望額が年収の1/3を超えないよう注意してください。

申込書類は誤字脱字や不備がないように記載する

即日融資を受けるためには、申込書類に誤字脱字や不備がないように注意しましょう。

提出した書類に誤字や不備があると、消費者金融は申込者に対して情報が間違っていないか確認を行います。

情報確認が完了するまで審査は保留となるため、審査時間も延びてしまう可能性が高いです。

申込書類を提出する時は、書類内容に誤字や書き忘れがないか確認しておきましょう。

迅速に手続きを進めたい場合は、Web申し込みやアプリ申し込みがおすすめです。

Webやアプリでの申し込みは、サイト上の申込画面に個人情報を入力します。

入力した情報に不備があった場合、不備を修正しない限り次の画面へは進めません。

そのためWebやアプリによる申し込みは、他の申込方法に比べて不備が発生しにくいです。

即日融資を受けたい方は、Webもしくはアプリから申し込みを行ってください。

在籍確認に対応できるように職場へ連携しておく

審査を受ける際に避けて通れないのが、電話による在籍確認です。

カードローンの審査では、初回申込時に申込者の勤務先に電話をかけます。

消費者金融が在籍確認を行うのは、申込情報に誤りや不備がないか確かめるためです。

在籍確認が完了しない限り、カードローン審査は進められません。

そのため即日融資で借入するためには、当日中に在籍確認を完了させる必要があります。

消費者金融に申し込みを行う方は、申請前に勤務先へ一度連絡を行っておいてください。

電話がかかってくる理由を明確に説明しておけば、同僚や上司から不審な目で見られる可能性は低いです。

周囲に内緒で即日融資を受けたい方は、誰もが納得できる言い訳を考えておいてください。

店舗へ来店するより営業時間が長い自動契約機を利用する

店舗や自動契約機は営業時間が決まっています。

そのため店舗で契約を行う場合は、営業時間内に契約手続きを完了させる必要があります。

店舗窓口は担当者の方が手続きを行うので、自動契約機に比べて営業時間が短いです。

消費者金融によっては、夜間や土日祝日は営業していないケースもあります。

消費者金融の店舗に即日融資を申し込む時は、なるべく自動契約機を利用しましょう。

自動契約機は機械が手続きを行ってくれるため、営業時間が長く設定されています。

ローンカードを発行しておけば、近くの銀行やコンビニで融資を引き出すことが可能です。

夜間や土日祝日に即日融資を受けたい方は、自動契約機を優先的に利用してください。

即日融資に対応しているカードローンでも審査なしでは借入できない

カードローンの申し込み場所

消費者金融の中には、即日融資に対応できるカードローンが多数存在します。

ただ、審査なしで借入できるカードローンはありません。

貸金業法によって、与信審査が義務付けられているからです。

消費者金融は審査時を行う際、貸金業法に従って指定信用情報機関で信用情報を照会します。

照会によって提供された信用情報で与信判断を行い、貸付の可否を判断するためです。

参照:指定信用情報機関について

また消費者金融は審査によって得た申込者の信用情報を、指定信用情報機関へ提供しなければいけません。

各金融機関に信用情報を共有し、個人の返済能力や借入状況を把握できるようにするためです。

カードローン審査を行う際、指定信用情報機関との紹介や情報提供は必ず行われます。

正規の消費者金融である限り、審査なしで即日融資を受けるのは不可能です。

これからカードローンを申し込む方は、審査の必要性をとよく認識しておいてください。

審査に対応している時間帯を記載していないカードローンはヤミ金

即日融資を希望する方の多くは、ネット上で契約するカードローンを検索しています。

申込先のカードローンを選ぶにあたって、様々な情報が閲覧できるインターネットを利用する場合もあります。

しかしネット上でカードローンを選ぶ時は、違法業者やヤミ金に注意しなければいけません。

以下の特徴に1つでも当てはまる場合、ヤミ金です。

  • 広告やホームページに貸金業登録番号が記載されていない
  • 貸金業登録業者情報検索ページに会社名が登録されていない
  • ホームページ内に営業時間や審査対応時間が記載されていない
  • 会社の連絡先が固定電話ではなく携帯電話になっている
  • ホームページや広告に「審査なし」「ブラックOK」などの記載がある

ヤミ金からお金を借りてしまうと、法外な額の利息や手数料を請求されてしまいます。

驚愕じみた督促を受けたり、家族や友人などに迷惑がかかる危険性も高いです。

即日融資を申し込む時は、間違えてヤミ金や違法業者に申し込まないように注意してください。

ヤミ金や違法業者に関する相談は、以下の機関で受け付けています。

ヤミ金の被害に合っている場合の相談窓口
各都道府県警察の被害相談窓口
日本貸金業協会
国民生活センター

「申し込んだ消費者金融がヤミ金かもしれない」と思った時は、すぐに相談を行いましょう。

カードローン以外で即日融資を受ける方法2つ

消費者金融が提供するカードローンは、審査を通過すれば誰でも契約できます。

しかし審査が甘いカードローンは、存在しません。

申し込む人によっては、審査で落とされてしまうケースもあります。

もし審査を通過できなかった場合は、カードローン以外の方法でお金を用意しましょう。

カードローン以外で即日融資に対応できるのは、以下の方法です。

カードローン以外で即日融資が可能な借入方法
質屋でお金を借りる
クレジットカードのキャッシング金利用する

質屋は契約時に担保を必要としますが、当日中にお金を借入できます。

カードローンのように審査を受ける必要はないため、過去に金融事故を起こした経験がある方でも利用可能です。

キャッシング機能付きのクレジットカードは、銀行やコンビニのATMで自由に融資を引き出せます。

カード作成時にキャッシング枠を設定しておけば、申し込みや審査を受ける必要はありません。

ここではそれぞれの借入方法について詳しく解説します。

ブランド品や骨董品などを担保にして融資を受けられる質屋を利用する

質屋での借入は、普段使っていないブランド品や骨董品などを多数所有している方におすすめです。

品物を質屋に担保として預けると、品物の価値に相当した資金を借入できます。

預ける品物の価値が高ければ、高額融資にも対応可能です。

また質屋はカードローンと違い、契約時に審査を行いません。

貸金業者が審査を行うのは、借金の貸し倒れリスクを回避するためです。

審査によって申込者の返済能力を確認し、返済能力がある方にのみ融資を行っています。

しかし質屋は契約時に担保が必須なため、返済能力を調べる必要がありません。

申込者が融資を返済できなくても、品物を売却すれば資金は確保できます。

無職や専業主婦の方でも利用できます。

担保にする品物がある方は、質屋の利用を検討してみましょう。

ただ質屋の中には、悪質な偽装質屋も存在します。

「何でも担保可能!」などの宣伝している質屋がある場合、利用には注意しましょう。

現金を借りられるクレジットカードのキャッシング機能を利用する

クレジットカードを所有している方は、カードにキャッシング機能が付いていないか一度確認してみてください。

一部のクレジットカードは、カード作成時にキャッシング機能を付帯できます。

キャッシング機能とはカードを使い、銀行やコンビニなどのATMから融資を引き出せるサービスです。

設定したキャッシング枠の範囲内であれば、即日融資に対応できます。

またクレジットカードのキャッシング機能は、海外でも利用可能です。

旅行中に資金が不足してしまっても、現地のATMですぐにお金を引き出せます。

ただし、キャッシング機能の利用枠はショッピング枠と共用です。

キャッシングでお金を借りると、カードの利用限度額はその分だけ減ってしまいます。

またキャッシング機能は貸金業法の適用をうけるため、総量規制の対象です。

参照:経済産業省|クレジットカード機能のうち キャッシング

キャッシング機能を利用する際は、現在の借入金額を確認しておきましょう。

即日融資カードローンに関するQ&A

即日融資を希望する方には、カードローンに対して疑問を持っている方が多いです。

問題なく手続きを完了させるには、申込前に疑問を解消する必要があります。

カードローンに対する疑問を解消したい場合は、ネット上のQ&Aを参考にするのが有効です。

ここでは、ネット上によく投稿されているカードローンのQ&Aをいくつか紹介します。

土日祝でも即日融資で借りられますか?

消費者金融の多くは、当日中に契約を完了できれば土日祝日でも即日融資可能です。

ただしカードローンによっては、土日祝日に審査を実施していないケースがあります。

土日祝日に即日融資を希望する場合は、申込先の営業時間をよく確認しておきましょう。

Webから申し込みしても即日融資で借りられますか?

Web申し込みを取り扱っている消費者金融の大半は、Webから申し込んだ場合でも即日融資に対応できます。

ネットバンキングを利用すれば、融資の借入や返済もWeb上で行うことが可能です。

ただし即日融資に対応できるのは、申込日当日に契約を完了できた場合のみとなります。

Web申し込みで即日融資を受ける場合は、当日中に契約を完了できるように対応してください。

在籍確認に対応できないと即日で借りられないですか?

即日融資を受けるには、申込日当日に審査を完了させる必要があります。

在籍確認が完了しなければ審査は信仰できなくなり、カードローンの契約も行えません。

即日融資を希望する場合は在籍確認に対応できるよう、申込前に対策を行っておいてください。

即日融資にかかる時間は?

消費者金融の場合、申し込みから即日融資までにかかる時間は最短で1時間程です。

ただし申し込む時間帯や窓口の混雑状況などによっては、1時間以上かかる場合もあります。

迅速に手続きを完了させたいのであれば、事前に申し込みしておきましょう。

審査への申し込みが可能な時間帯は?

申し込みが可能な時間帯は、各カードローンごとに異なります。

そのため即日融資を希望する場合は、事前に申込先の営業時間や審査対応時間を確認しておかなければいけません。

「どうしても当日中に融資を受け取りたい」と考えている方は、サイト上で営業時間や審査対応時間をよく確認しておきましょう。

即日融資カードローンまとめ

即日融資可能なカードローンや申込時の手順などについて解説しましたが、いかがでしたか。

現在契約できる消費者金融カードローンの中で、即日融資に対応できるのは一部のカードローンだけです。

申込日当日に融資を受け取りたい方は、自身の目的に合ったカードローンを探してみてください。

また即日融資を受けるには、申込時の手順や注意点にも気をつけなければいけません。

カードローンを契約する際の手順は、申込方法ごとに異なります。

申込時は手続き手順の確認が必要です。

以下の点にも注意しておけば、手続き時間を最小限に抑えられます。

  • 身分証明書と収入証明書を準備する
  • 借入希望額を必要最低限に抑える
  • 提出する書類内容に誤りがないか確認する
  • 勤務先に在籍確認の電話がくることを連絡する
  • 店舗契約を行う際は無人契約機を利用する

当記事の内容を参考にして、即日融資を受けれるよう準備しておきましょう。