お金を借りる方法を特徴別に紹介

「お金を借りる際、何を基準にして借入先を選べばいいのか分からない」と疑問に感じていないでしょうか?

お金の借り方は、金融機関や公的機関からの融資や担保によるローンなど様々です。

金融機関や公的機関は審査が甘いということはありませんので、お金を借りる際は覚えておきましょう。

当記事では、融資時間・金利や利息・借入条件を比較し19種類のお金を借りる方法を紹介します。

即日融資の消費者金融では、最短25分の借入や30日間利息0円でお金を借りることも可能です。

また、「審査通らない」「即日でお金借りる必要がある」このような場合だとしても、やってはいけないお金の借り方があるので併せてご紹介します。

急ぎで生活費などが必要で、お金を借りる手段を探している人や審査が通らなくて困っている人はぜひ参考にしてください。

目次

お金借りる方法一覧!即日融資など状況別の方法を確認

お金を借りる方法一覧

お金を借りる方法19選を一覧表で紹介します。

今回紹介する方法は、以下のような状況でも借入が可能です。

  • 即日でお金を借りたい
  • 金利を抑えて借入したい
  • 即日借りたい
  • 一時的にお金を借りたい

状況に合わせたお金の借入方法は以下の通りです。

お金を借りる際、どの借り方が最適か分からない場合はぜひ参考にしてみてください。

※既に借入があり、お金を借りる審査に通らない場合は多重債務の可能性があります。

金融庁が公開している多重債務についての相談窓口に問い合わせてみましょう。

状況 お金借りる方法
即日でお金が必要 即日融資可能な消費者金融
利息を抑えて借入したい 低金利の銀行カードローン
スマホからお金を借りたい 24時間借入可能なお金借りるアプリ
コンビニATMから借入
まとまった資金を借りたい 使途が限定された目的別ローン
使途が自由で低金利なフリーローン
事業資金の借入はビジネスローン
起業資金の調達は日本政策金融公庫
他社借入があるがお金を借りたい クレジットカードのキャッシング機能
おまとめローンで支払総額を減らす
会社勤めでお金を借りる 会社の従業員貸付制度で借入
学生がお金を借りる 学生ローンで借入
無職の方がお金を借りる 市役所の生活福祉資金貸付制度を利用
年金受給者は年金担保融資制度を利用
求職者は求職者支援資金融資を利用
主婦は配偶者貸付制度を利用
その他の方法でお金を借りる ゆうちょ銀行はキャッシュカード保持でお金を借りられる
質屋は不用品を担保にして融資を受ける
生命保険の契約者貸付制度で借りる

即日でお金を借りるなら消費者金融がおすすめ

目的別におすすめの消費者金融を紹介

即日でお金を借りる場合は、消費者金融カードローンの利用がおすすめです。

安定した収入があれば申込可能で、最短即日融資でお金を借りられます。

消費者金融カードローンは、「貸金業法」に従って融資を提供しています。

そのため審査を行う際、警察庁のデータベースで照会を行う必要がありません。

迅速に審査を完了できれば、最短60分程の融資が可能です。

ただし、審査時間や融資スピードは各カードローンごとに異なります。

申し込みを行う際は、よく内容を確認しておきましょう。

ここでは、各カードローンの特徴やおすすめポイントなどについて解説します。

※当記事で紹介する消費者金融は日本貸金業協会に加入している貸金業者です。

利息制限法により法外な利息での貸付や取りたてなどは行いません。

プロミスは最短30分の即日融資でお金を借りられる

プロミスは審査最短30分で24時間振込可能

プロミスはweb完結で申し込むと、最短30分で審査結果を確認できるカードローンです。

web完結はスマホやPCを使うことで、申込・借入・返済までの手続きをすべてネット上で対応できるサービスになります。

借入方法を「インターネット振込」に設定しておけば、当日最短10秒程で銀行口座に融資を送金することが可能です。

またプロミスは初めての借入なら30日間利息0円でお金を借りられます。

さらに金利が17.8%と、他の消費者金融の18%と比較して金利を抑えて借入可能です。

今すぐお金を借りたい人で金利・利息を抑えたい場合はプロミスへの申込を検討してみましょう。

下記公式サイトより審査前に借入診断できるので、初めての利用で不安な人にもおすすめです。

プロミス

  • 最短30分でお金が借りられる!
  • 初めての利用なら30日間利息0円!
  • 最短15秒で事前審査

4.5%〜17.8%

1万円~500万

最短25

最短25分

適用金利(年率) 4.5%~17.8%
即日融資 最短30分
融資限度額 最大500万円
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済期間・返済回数 最長6年9ヵ月(80回)
返済方式 残高スライド元利定額方式
貸付対象 年齢18歳以上69歳以下で安定した収入がある
※主婦・学生の方でも、パート・アルバイトによる安定収入がある方は申込可能
担保・保証人 不要

※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません

SMBCモビットはWeb完結なら電話連絡なしで申込可能

SMBCモビットはWeb申込で職場への電話連絡をなしにできる

SMBCモビットは、web完結なら電話連絡なしでお金を借りられるカードローンです。

web完結申込時に電話相談を行うことで、電話確認を必要書類の提出による代替確認へ変更できる場合があります。

Q.勤務先に連絡することはありますか?

勤務先への連絡について、新規お申込の際、お勤めされていることの確認のためお電話します。

※お客さまのプライバシーには十分配慮し、オペレーターの個人名にておかけしますのでご安心ください。
※お電話での確認が難しい場合は、必要書類のご提出による代替確認もできますのでご相談ください。

引用:SMBCモビット よくある質問

短時間で手続きを完了できれば、勤務先に気づかれることなくカードローンでお金を借りられます。

ただしSMBCモビットをweb完結申込で申し込む際は、以下の条件をすべて満たす必要があります。

・三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行いずれかの口座を持っている

・全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)または組合保険証を持っている

保険証や組合保険証は、郵送もしくは手渡しで受け取るのが一般的です。

SMBCモビットのweb完結での申し込みを検討しているなら、事前に保険証・組合保険証があることを確認しておきましょう。

SMBCモビット

  • WEB申込で電話連絡・郵送物なしで借入可能!
  • 申込後の電話で審査時間短縮!
  • 24時間365日申込可能!

3.00%〜18.00%

1万円~800万

最短即日

最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

適用金利(年率) 3.0%~18.0%
即日融資 最短即日
融資限度額 1万円~800万円
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済期間(返済回数) 最長5年(60回)
※返済能力などの事情を考慮し、合理的な理由があると当社が認めた場合は最長8年10ヵ月(106回)
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
貸付対象 満年20歳以上74歳以下で安定した収入のある
(当社基準を満たす方)
※アルバイト・パート・自営業の方も利用可能
収入が年金のみの方はお申込いただけません
担保・保証人 不要

アイフルは融資可能か1秒で診断してくれる

アイフルは融資可能か1秒で診断してくれる

アイフルは、公式サイト上で「1秒診断」を提供しているカードローンです。

1秒診断は年齢・雇用形態・年収・他社借入金額を入力するだけで、診断結果をすぐに確認できます。

審査を無事通過できるか不安な方も、審査前に診断結果を確認できるので安心です。

またアイフルは審査時、原則として申込者の自宅・勤務先への電話連絡を行っていません。

Q.在籍確認はありますか?

原則として、お申込の際に自宅・勤務先へのご連絡は行っておりません。

引用:アイフル よくあるご質問

迅速に手続きを進めることができれば、家族や勤務先に内緒でカードローンでお金を借りることも可能です。

お金を借りる際に申込時に自宅や勤務先へ電話をかけてほしくない方は、アイフルの契約を前向きに検討してみましょう。

アイフル

アイフル新バナー
  • 初めての借入なら30日間利息0円!
  • 24時間365日即時振込!
  • WEB完結で郵送物なし!

3.0%~18.0%

800万円以内

WEB申込なら最短25分

WEB申込の場合最短25分

適用金利(年率) 3.0%~18.0%
即日融資 最短25分
融資限度額 最大800万円
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済期間(返済回数) 最長14年6ヵ月(1~151回)
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
貸付対象 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有し当社基準を満たす方
※取引中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。
担保・保証人 不要

セントラルは全国のセブン銀行ATMから借入・返済できる

セントラルは全国のセブン銀行ATMから借入・返済できる

セントラルはCカードを発行しておけば、全国のセブン銀行ATMで取引が行えるカードローンです。

セントラルのCカードはどのセブン銀行でも原則24時間いつでも使えるうえ、提携している店舗・ATMなら手数料無料で取引できます。

お金を借りる際に無駄な手数料を払いたくないという方も、セントラルなら気軽に利用することが可能です。

またセントラルは初めて契約する方を対象に、最大30日間金利0円サービスを提供しています。

セントラルで始めてお金を借りる場合、初回契約日の翌日から30日間は金利が一切かかりません。

「お金を借りる際に無駄な利息は払いたくない」という方は、ぜひ申し込みを検討してみてください。

また返済シミュレーションを利用してみて、実際の利息を計算してみるのも選択肢の一つです。

PR:セントラル

  • 初めての利用なら30日間金利0円!
  • 3つの質問に答えるだけで借入診断できる
  • WEB申込なら24時間365日受付!

4.80%~18.00%

300万円

最短即日

最短即日融資

適用金利(年率) 4.80%~18.00%
即日融資 最短即日
融資限度額 1~300万円
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済期間(返済回数) 最長4年(1~47回)
返済方式 借入残高スライドリボルビング方式
貸付対象 20歳以上で定期収入・返済能力があり、当社基準を満たしている
担保・保証人 不要

アコムは即日融資で最大30日間利息0円でお金を借りられる

アコムは即日融資可能で最大30日間利息0円

アコムはweb申込だと最短30分で審査結果を確認できる、最短即日融資でお金を借りられるカードローンです。

楽天銀行の口座を持っているなら、最短1分程で融資を指定した口座へ送金できます。

web・電話で申し込む時は振込手数料も発生しないため、手数料を節約したい方にもおすすめです。

またアコムには、30日間金利0円サービスが用意されています。

アコムとの初めての契約なら、契約日の翌日から30日間は利息が一切かかりません。

30日以内に融資を完済できる余裕がある方は、アコムでお金を借りることも検討してみてください。

>>アコムの公式サイトはこちら<<

適用金利(年率) 3.0%~18.0%
(契約極度額100万円以上の場合は3.00%~15.00%)
即日融資 最短即日
融資限度額 1万円~800万円
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済期間(返済回数) 最終借入日から最長9年7ヵ月(1~100回)
返済方式 定率リボルビング方式
貸付対象 成人以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
担保・保証人 不要

三井住友カードカードローンは審査最短5分で即時発行が可能

三井住友銀行カードローンは2年目以降から最大1.2%金利が下がる

三井住友カード カードローンは、信販・クレジット系のカードローンです。

振込専用タイプなら、最短5分でお金を即時借入できます。
※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30

審査完了後に電話番号認証・Vpass登録を行っておくと、指定した銀行口座に融資を送金することも可能です。

振込キャッシングは原則24時間いつでも利用可能なうえ、ローンカードの発行も必要ありません。

また三井住友カード カードローンは、返済実績に応じて適用金利を引き下げてくれます。

期日通りに返済を続けていけば、最大1.2%も金利を引き下げることが可能です。

なるべく金利が低い信販カードローンでお金を借入したいと考えている方は、一度公式サイトをチェックしてみましょう。

>>三井住友カードカードローンの公式サイトはこちら<<

適用金利(年率) 1.5%~15.0%(振込専用タイプは1.5%~14.4%)
即日融資 最短即日
融資限度額 最大900万円
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済期間(返済回数) 最大15年1ヵ月・181回
(ご利用枠900万円、実質年率1.5%、毎月ご返済額5万円、900万円をご利用の場合)
※利用内容によって異なります
返済方式 元金定額返済
貸付対象 満20歳以上~69歳以下で安定収入のある方(学生は除く)
※すでに弊社が発行するカードをお持ちの方は、お客様がお持ちの弊社カードと本カードの合算でのご利用残高が、本カードの総利用枠を超えない範囲でご利用いただけます。カードタイプ・振込専用タイプの併用不可。
担保・保証人 不要

レイクALSAは申込後最短15秒でお金借りる審査の結果がわかる

レイクALSAは申込後最短15秒で審査結果がわかる

レイクALSAはスマホから申し込んだ場合、最短15秒程でお金借りる審査の結果を確認できます。

結果確認後に運転免許証・口座登録で本人確認を行えば、最短即日融資でお金を借りることも可能です。

申込者名義の銀行口座がある方は振込キャッシングを利用できるので、今すぐ融資を引き出したい時に最適です。

またレイクALSAには、選べる無利息サービスが用意されています。

自身の返済プランに合わせて、利用するサービスを以下の中から選択することが可能です。

・【初回契約日の翌日から60日間利息0円】
(web申込限定)
※Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方が対象。初めてなら初回契約翌日から無利息。無利息期間経過後は通常金利適用。Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。

・【初回契約日の翌日から180日間利息0円】
(借入金額のうち5万円まで)
※初めてなら初回契約翌日から無利息。無利息期間経過後は通常金利適用。契約額1万円~200万円まで。

・【初回契約日の翌日から30日間利息0円】
※初めてなら初回契約翌日から無利息。無利息期間経過後は通常金利適用。※30日間無利息・60日間無利息・180日間無利息の併用不可。ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります

期間内に融資を完済できた場合、利息を払う必要はありません。

利息なしでお金を借りたいと考えている方にも、レイクALSAはおすすめです。

>>レイクALSAの公式サイトはこちら<<

適用金利(年率) 4.5%~18.0%
即日融資 最短即日
融資限度額 1万円~500万円
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済期間(返済回数)  最長5年(最大60回)
返済方式 残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
貸付対象 ・年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方
・ご自分のメールアドレスをお持ち
・日本の永住権を取得されている
担保・保証人 不要
必要書類 運転免許証
※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)
商号 新生フィナンシャル株式会
貸金業登録番号 関東財務局長(10) 第01024号

ベルーナノーティスはインターネット申込みが3分で完了する

ベルーナノーティスはインターネット申込みが3分で完了する

ベルーナノーティスはスマホ・PCで申し込む場合、最短3分程でお金を借りる際の手続きを完了できるカードローンです。

審査にかかる時間は最短30分程で、振込融資を利用すれば最短24時間以内の借入にも対応できます。

カードローン審査にあまり時間をかけたくない方や、申込手続きが面倒だと感じる方におすすめです。

またベルーナノーティスには、何度でも利用できる14日間利息0円サービスがあります。

融資をきちんと完済しつつ前回の借入日から3ヵ月経過していれば、2回目以降も無利息サービスを利用することが可能です。

無利息サービスが繰り返し使えるカードローンを探している方は、ぜひ申し込みを検討してみてください。

適用金利(年率) 4.5%~18.0%
即日融資 最短即日
融資限度額 1万円~300万円
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済期間(返済回数) 最長9年9ヵ月
返済方式 借入残高スライドリボルビング方式
貸付対象 20~80歳までの安定した収入のある方で、当社基準を満たす方
担保・保証人 不要

オリックスマネーは申込みがスマホで完結!郵送物が届かない

オリックスマネーは申込みがスマホ完結で郵送物が届かない

オリックスマネーは、申し込みから契約までの手続きをスマホ1台で完結できるカードローンです。

オンライン本人確認サービスを利用すると、自宅に契約書や利用明細書などが届く心配もありません。

融資の借入や返済といった手続きも、メンバーズネットカウンター」へログインすればweb上で対応することが可能です。

またオリックスマネーは、オリックスグループ会員向けの限定特典を提供しています。

利用できる限定特典は、以下の3つです。

1.オリックスレンタカーの基本料金が優待価格で利用可能!

2.オリックスカーシェア新規入会でICカードが手数料無料で発行可能!
月額基本料・2,200円分の時間料金も2ヵ月分無料!

3.個人向けカーリースを新規成約するとAmazonギフト券2,000円分プレゼント!

レンタカー・カーシェア・カーリースなどを利用している人は、通常より安い価格でサービスを利用できます。

オリックスグループのサービスをもっとお得に利用したいという人は、ぜひ申し込んでみてください。

>>オリックスマネーの公式サイトはこちら<<

適用金利(年率) 2.9%~17.8%
即日融資 最短即日
融資限度額 10万円~800万円
遅延利率 19.9%(実質年率)
返済期間(返済回数) 最終借入日から最長17年8ヵ月(1回~212回)
返済方式 新残高スライドリボルビング返済
貸付対象 日本国内に居住しており、年齢満20歳以上69歳で毎月定期収入がある
担保・保証人 原則不要

オリコカードローンは平日13時半までの申込で最短翌営業日に振込可能

オリコカードローンは平日13時半までの申込で即日振込可能

オリコカードローン「CREST JEWEL」は平日13時半までに申し込むと、最短翌営業日に融資を受け取れるカードローンです。

申込時に「同時借入」を申請しておくことで、審査結果通知後に銀行口座へ融資を送金できます。

融資の振込は原則5営業日以内に行われるため、今すぐ資金を用意する必要がない時におすすめです。

また「CREST JEWEL」は入会・借入を同時に申し込んだ場合、金利優遇キャンペーンが利用できます。

最大2.0%まで金利を優遇することが可能であり、返済時の金利を節約したい時にとても便利です。

「長期返済を考えているけど、金利はできるだけ安く抑えたい・・・」という人は、ぜひ申し込みを検討してみましょう。

>>オリコカードローンの公式サイトはこちら<<

適用金利(年率) 7.8%~18.0%
即日融資 最短翌営業日
融資限度額 10万円~500万円
遅延利率 18.0%(実質年率)
返済期間(返済回数) 1ヵ月~154ヵ月(1回~154回)
返済方式 リボルビング払い〔元利定額リボルビング方式(残高スライド)〕
貸付対象 満20歳以上で安定した収入があり、その他当社が認める方
担保・保証人 不要

利息を抑えてお金を借りるなら銀行カードローン

利息を抑えてお金を借りるなら銀行カードローン

少ない金利でお金を借りる場合は、銀行カードローンを利用するのがおすすめです。

銀行カードローンは消費者金融に比べて、適用金利が低めに設定されています。

毎月の返済額も2,000円程に設定されているため、収入の少ない方でも安心して利用することが可能です。

また最短1~2営業日で審査が完了するため、急ぎでお金を借りたい時にもおすすめです。

借入した資金を長期間に分けて少しずつ返済していきたい方は、それぞれの収入・生活に見合った銀行カードローンを探してみましょう。

ここでは、各銀行カードローンの特徴やメリットなどについて解説します。

三井住友銀行カードローンは最短翌営業日に審査結果を確認できる

三井住友銀行カードローンは最短翌営業日に審査結果を確認可能

三井住友銀行カードローンは申込後、最短翌営業日に審査結果を確認できるカードローンです。

※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。

契約完了後に近くの銀行・提携コンビニATMを利用すれば、すぐに融資を引き出せます。

三井住友銀行ATMと提携コンビニATMは手数料無料で取引できるので、余計な手数料を払いたくないという方におすすめです。

また三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の口座を持っているとキャッシュカードで借入が行えます。

ローンカードを発行する必要がないため、周りに気づかれることなくお金を借りることも可能です。

すでに三井住友銀行の口座を持っている方は、ぜひ申し込みを検討してみてください。

三井住友銀行カードローン

  • インターネットでお申込完了
  • 全国の三井住友銀行ATM・提携コンビニATM で利用可能、手数料0円
  • 毎月の返済額は2,000円から*

1.5%~14.5%

10~800万円

-

最短翌営業日

適用金利(年率) 年1.5%~14.5%
即日融資 最短翌営業日
融資限度額 10万円~800万円
返済額 月々2,000円~
契約期間 1年ごと(当初ご契約日より1年後の応当日)の自動更新
遅延損害金利率 年19.94%
貸付対象 ・申込時の年齢が満20歳以上満69歳以下で、原則安定した収入のある方
・三井住友銀行指定の保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる
担保・保証人 不要

横浜銀行カードローンはスマホアプリ上でお金の借入・返済・利用状況の確認が可能

横浜銀行カードローンは来店不要ですべてWeb完結

横浜銀行カードローンは「まぎんアプリ」を使うことで、契約状況の確認や取引がいつでも行えるカードローンです。

スマホ1つで自由に借入・返済が行えるため、近くに銀行やコンビニがない時でもすぐ借入できます。

横浜銀行の口座を持っていなくても、来店不要・webから24時間いつでも申込可能です。

また横浜銀行カードローンは、カードローン契約と融資の送金を同時に実施できます。

審査結果確認後にすぐ契約を完了できれば、ローンカードが届く前でも融資を引き出せます。

手元にローンカードが届くまで待てないという方は、横浜銀行カードローンの契約を検討してみましょう。

横浜銀行カードローン

  • 来店不要で24時間WEBでのお申し込みが可能!
  • 他のローンなどをおまとめすることが可能!
  • 横浜銀行の口座がなくても申込可能!

1.5~14.6%

最大1000万円

最短翌日

最短翌日

適用金利(年率) 年1.5%~14.6%
即日融資 最短翌営業日
融資限度額 10万円~1,000万円(10万円単位)
返済額 月々2,000円~
契約期間 1年(1年ごとの自動更新)
※満70歳以降は新規借入ができず、返済のみの取引となります
遅延損害金 年率18.0%
貸付対象 以下の条件をすべて満たす方
・契約時の年齢が満20歳以上69歳以下
安定した収入のある方、およびその配偶者
※パート・アルバイトでも申込可能、学生は申込不可。
・以下の地域に居住、または勤務している
【神奈川県内全地域/東京都内全地域/群馬県の前橋市、高崎市、桐生市】
・保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる
・横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される
担保・保証人 不要

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は上限金利が年14.6%と低い

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックは上限金利が年14.6%と低い

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、上限金利14.6%でお金を借入できるカードローンです。

たとえば年14.6%で10万円を借りた場合、1日ごとにかかる利息は約40円程となります。

30日間で10万円を完済できれば、利息は1,200円程まで節約することが可能です。

またバンクイックは三菱UFJ銀行の銀行口座を所有していれば、web上で申込手続きを完結できます。

融資も直接銀行口座へ送金できるので、銀行窓口やATMへ行くのが難しい時にもおすすめです。

もちろん三菱UFJ銀行の口座を持っていない方も、気軽に申し込めます。

スマホ・PCから銀行カードローンを申し込みたい場合は、ぜひ利用を検討してみましょう。

>>三菱UFJ銀行カードローンの公式サイトはこちら<<

適用金利(年率) 年1.8%~14.6%
即日融資 最短翌営業日
融資限度額 10万円~500万円
返済額 月々1,000円~(2013年3月24日以前に契約していた方は2,000円~)
契約期間 1年(原則として、審査のうえ自動更新)
遅延損害金 年20.0%
貸付対象 ・年齢が満20歳以上65歳未満で国内に居住しており、保証会社(アコム㈱)の保証を受けられる
・原則安定した収入を得ている
※外国人の場合は永住許可を受けている方が対象となります
担保・保証人 不要

楽天銀行スーパーローンは楽天銀行口座があれば24時間いつでも即時振込可能

楽天銀行スーパーローンは低金利かつ最短即日融資可能

楽天銀行スーパーローンは楽天銀行の口座を登録することで、24時間いつでも即日振込に対応できるカードローンです。

スマホに楽天銀行アプリをインストールしておけば、必要な時にすぐ融資を銀行口座へ送金できます。

楽天銀行以外の口座でも借入可能ため、「普段使っている銀行口座でお金を借りたい」人に最適です。

また楽天銀行スーパーローンは、入会するだけで1,000円分の楽天ポイントが受け取れます。

貯めたポイントはさまざまな楽天サービスで使えるので、普段から楽天サービスをよく利用している方にもおすすめです。

24時間365日いつでも借入可能な銀行カードローンを探している場合は、一度公式サイトをチェックしてみてください。

>>楽天銀行カードローンの公式サイトはこちら<<

適用金利(年率) 年1.9%~14.5%
即日融資 最短翌営業日
融資限度額 最大800万円(10万円単位で選択可能)
※審査の結果、ご希望の限度額を減額させていただく場合もあります
※専業主婦の方については、ご利用限度額は50万円となります
返済額 月々2,000円~(融資残高に応じて返済額が確定します)
契約期間 1年ごとの自動更新
遅延損害金 年19.9%
貸付対象 以下の全ての条件を満たす方
・満年齢20歳以上62歳以下
※パート・アルバイト・専業主婦の方は60歳以下
・日本国内に居住している
※外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ち
・お勤めの方で毎月安定した定期収入のあり、または専業主婦の
・楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる
担保・保証人 不要

みずほ銀行カードローンは住宅ローンの利用で最大年0.5%金利が下がる

みずほ銀行カードローンは住宅ローンの利用で最大年0.5%金利が下がる

みずほ銀行カードローンは住宅ローンを契約していた場合、適用金利を最大0.5%引き下げできるカードローンです。

すでに住宅ローンを契約中の場合は最大金利だと年13.5%、最小金利が適用されれば年1.5%で借入できます。

利息をなるべく節約しながら、毎月の返済負担を軽減したい人におすすめです。

またみずほ銀行カードローンは、PC・スマホからの申し込みを24時間受け付けています。

申し込みから借入までの手続きはすべてweb上で対応できるため、銀行窓口へ来店する必要はありません。

窓口へ行かずに銀行カードローンを契約したいと考えている方は、ぜひ利用を検討してみてください。

>>みずほ銀行カードローンの公式サイトはこちら<<

適用金利(年率) 年2.0%~14.0%
即日融資 最短翌営業日
融資限度額 10万円~800万円(10万円単位)
返済額 月々2,000円~
契約期間 1年(1年ごとに審査のうえ自動更新)
※満70歳以上での更新は原則不可
遅延損害金 年19.9%
貸付対象 以下の条件をすべて満たす方
・契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満
・安定かつ継続した収入を得ている
・保証会社の保証が受けられる
※外国人の場合は永住許可を受けている方が対象。
担保・保証人 不要

auじぶん銀行カードローンは適用金利9%以下なら返済額1,000円で借入可能

auじぶん銀行カードローンはau ID保持で最大0.5%金利が下がる

auじぶん銀行カードローンは金利年9%以下で借入できた場合、毎月の返済額が1,000円から設定できるカードローンです。

適用金利が年9%~13%以下の場合は1,500円から、年13%以上の場合は2,000円から設定できます。

途中で返済が滞らないか心配でも、それぞれの収入に合わせて無理なく返済を続けることが可能です。

またauじぶん銀行カードローンは、カードローンの借り換えにも対応しています。

最大800万円までの借入に対応できるため、毎月の返済負担を軽減したいと考えている方にもおすすめです。

「お金を借りる際の返済額はなるべく安く抑えたい」という方は、ぜひ公式サイトを確認してみてください。

>>auじぶん銀行カードローンの公式サイトはこちら<<

適用金利(年率) 年1.48%~17.5%
即日融資 最短翌営業日
融資限度額 10万円~800万円(10万円単位)
返済額 月々1,000円~
※2013年3月25日以降に契約した方は1,500円~
2013年3月24日以前に契約した方は2,000円~
契約期間 1年(原則、審査のうえ自動更新)
遅延損害金 年20.0%
貸付対象 以下の条件を満たす方
・契約時の年齢が満20歳以上70歳未満
・安定した継続収入を得ている
※自営、パート、アルバイト含む
・保証会社であるアコム(株)の保証が受けられる
※外国籍の場合は永住許可を受けている方のみが対象
担保・保証人 不要

オリックス銀行カードローンは提携ATMが手数料0円で利用できる

オリックス銀行カードローンはLINEで随時契約内容の確認が可能

オリックス銀行カードローンは、現在提携中の銀行・コンビニATMが手数料無料で使えるカードローンです。

セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・e-NET・イオン銀行で取引を行う際、手数料は一切かかりません。

三菱UFJ銀行・三井住友銀行・西日本シティ銀行・ゆうちょ銀行のATMも、同様に無料で利用できます。

またオリックス銀行カードローンは、即時振込サービスを利用することが可能です。

ジャパンネット銀行の口座を登録しておくと、原則0:10~23:50までの時間帯ならいつでも取引が行えます。

時間に関係なくいつでも借入できるカードローンを契約したいという方は、ぜひ申し込みを検討してみてください。

>>オリックス銀行カードローンの公式サイトはこちら<<

適用金利(年率) 年1.7%~17.8%
即日融資 最短翌営業日
融資限度額 最高800万円
返済額 月々3,000円~
契約期間 1年(原則、審査のうえ自動更新)
遅延損害金 借入残高に対し借入利率+2.1%
貸付対象 以下の条件をすべて満たす方
・申込時の年齢が満20歳以上69歳未満
・原則、毎月安定した収入を得ている
・日本国内に在住している
※外国籍の方は、永住者または特別永住者の方
・オリックス・クレジット株式会社、または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる
担保・保証人 不要

イオン銀行カードローンは1,000円単位で借入することが可能

イオン銀行カードローンは1,000円単位で借入可能

イオン銀行カードローンは必要な融資額に合わせて、借入金額を1,000円単位で指定できるカードローンです。

銀行カードローンは原則10万円単位で貸付を行っているため、人によってはお金を借り過ぎてしまう可能性があります。

しかしイオン銀行カードローンは借入額を1,000円単位で調整できるため、融資を借り過ぎる心配がありません。

またイオン銀行カードローンは、銀行・コンビニATM以外の金融機関とも提携を行っています。

ローンカードさえ発行しておけば、ろうきん・信用金庫・信用組合のATMでもお金を借りることが可能です。

自宅近くに銀行ATMやコンビニATMが存在しないという人は、一度利用を検討してみてはいかがでしょうか。

>>イオン銀行カードローンの公式サイトはこちら<<

適用金利(年率) 年3.8%~13.8%
即日融資 最短翌営業日
融資限度額 10万円~800万円(10万円単位)
※本人に収入がなく、配偶者に収入がある場合は50万円まで
返済額 月々1,000円~
契約期間 1年ごとの自動更新
遅延損害金 年14.5%
貸付対象 以下の条件をすべて満たしている方
・日本国内に居住している
※外国人の場合は日本の永住許可を受けている
・契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満
・本人に安定した継続収入がある
※パート、アルバイト、自営業者、専業主婦の方も可能。学生は申込不可。
・保証会社であるイオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)の保障を受けられる
担保・保証人 不要

スマホからお金を借りる方法

スマホからお金を借りる方法カードなしお金借りる方法はある?」「お金を借りるのに手間や時間をかけたくない」という方は、スマホアプリでの借入がおすすめです。

キャッシュレス決済アプリは、スマホさえあればいつでも自由に取引できます。

申し込みから借入までの手続きはアプリ上で完結できるため、自宅に郵送物が届くこともありません。

またスマホアプリでの借入を活用すると、以下のメリットも実感することが可能です。

  • ローンカードなしで24時間いつでも取引可能
  • スマホさえあればコンビニATMですぐ現金が引き出せる

    家族や勤務先に内緒でお金を借りたいなら、キャッシュレス決済アプリを活用してみてください。

    ここでは、スマホアプリで借入するメリットについて解説します。

    アプリなら24時間カードレスで取引可能

    アプリでお金を借りるメリットアプリでお金を借りる1つ目のメリットは、ローンカードなしで取引が行える点です。

    カードローンでお金を借りる際は基本、契約手続き完了後にローンカードを発行する必要があります。

    しかしキャッシュレス決済アプリなら、アプリ上でいつでも取引を行うことが可能です。

    参照:PayPay銀行 ローンアプリ 「借り方」

    店舗窓口や自動契約機で発行手続きを行う必要はなく、ローンカードが自宅に届くこともありません。

    忙しくてローンカードを発行する暇がなく、家族・勤務先に内緒で借入したい方におすすめです。

    また一部のキャッシュレス決済アプリは、電子マネーにも対応しています。

    借入した資金を電子マネーへとチャージしておけば、対応店舗でそのまま使うことも可能です。

    ローンカードを使うことなく自由に取引を行いたい方は、ぜひキャッシュレス決済アプリを使ってみてください。

    スマホがあればコンビニATMから借入できる

    コンビニATMでお金を借りるアプリでお金を借りる2つ目のメリットは、スマホ1つでコンビニATMから現金を引き出せる点です。

    一部のキャッシュレス決済アプリは、セブン銀行ATMと提携しています。

    契約手続き後にセブン銀行ATMでアプリを使用することで、すぐ融資を引き出せます。

    当日中に現金を用意する必要があり、近くのコンビニで借入を行いたい方におすすめです。

    参照:au PAYスマートローン 「セブン銀行スマホATMでお借り入れ」

    またキャッシュレス決済アプリは原則、24時間いつでも取引が行えます。

    夜間・早朝などの時間帯でも借入できるため、即日融資を希望する時にも最適です。

    スマホ1つでセブン銀行ATMから借入を行いたい方は、ぜひ利用を検討してみてください。

    まとまった資金が必要な場合のお金の借り方

    まとまった資金を借りる方法一覧まとまった額の資金を借入したいと考えている方は、カードローン以外の金融商品でお金を借りるのがおすすめです。

    以下の金融商品・貸付制度なら、契約内容によっては多額の融資を提供してもらえる可能性があります。

    • 【目的別ローン】⇒使用用途が限定されるローン
    • 【フリーローン】⇒使用用途が自由なローン
    • 【ビジネスローン】⇒事業資金などを目的に利用するローン
    • 【日本政策金融公庫の貸付制度】⇒中小企業・個人事業主でも利用できるローン

      上記の金融商品・貸付制度は、カードローンとは利用用途・貸付条件などが異なります。

      そのため契約を行う場合は、申込前に貸付条件の内容をよく確認しなければいけません。

      申込先をこれから決める方は各商品の内容をよく確認し、それぞれの目的に適した商品を選んでください。

      ここでは、それぞれの商品が持つ特徴や貸付条件などについて解説します。

      使途が特定の目的に限定されている目的別ローン

      目的別ローンはお金を借りる目的ごとに異なるお金を借りる前に使用用途がもう決まっている方は、目的別ローンを活用しましょう。

      目的別ローンは通常のカードローンとは違い、融資の使用用途が1つに限定されているローン商品です。

      指定された目的以外には資金を使えませんが、そのかわり借入限度額はカードローンより高めに設定されています。

      また目的別ローンで融資を借入できるのは、契約時の1回限りです。

      追加でお金を借りることはできませんが、契約後は融資の返済に専念できます。

      「お金を借り過ぎてしまわないか心配」という方も、安心して利用することが可能です。

      各ローンの適用金利や限度額は、提供する金融機関ごとにそれぞれ異なります。

      すでに融資の使用用途が決まっている場合は、いろいろな目的別ローンの内容を見比べてみてください。

      使途が自由で低金利で借りられるフリーローン

      フリーローンは資金の使用用途が自由お金を借りる時の利息をなるべく安く抑えたいという方には、フリーローンがおすすめです。

      フリーローンは資金の使用用途が自由な目的別ローンで、「有担保型」と「無担保型」が存在します。

      有担保型ローンは、契約時に担保が必要なため適用金利が無担保型より優遇してもらえる可能性があります。

      有担保型・無担保型どちらも、借入限度額はカードローンより高く設定されている傾向が高いです。

      「多額の資金をなるべく低い金利で借入したい!」と考えている方は、ぜひ申し込みを検討してみてください。

      ただしフリーローンは目的別ローンと同様、追加融資や増額申請には対応できません。

      申し込む際は使用用途をよく考え、必要な額の融資をきちんと確保できるように対応することが大切です。

      事業資金を借りるならビジネスローン

      ビジネスローンで事業資金を借りる

      お金を借りる理由が「事業資金の調達」である方は、ビジネスローンを申し込んでみましょう。

      ビジネスローンは、使用用途が事業資金のみに限定されているローン商品です。

      借入した資金は事業に関する目的であれば、運営資金や設備投資費用などにも利用できます。

      ビジネスローンは事業目的以外には使えませんが、総量規制の対象には含まれていません。

      借入総額が申込者の年収1/3以上であっても、融資を受け取れる可能性はあります。

      またビジネスローンは原則保証人・担保なしで契約でき、審査スピードも早いです。

      一時的に事業資金が不足した時でも、短期間で必要な資金を用意できます。

      事業資金が調達できるローン商品を探している方は、ぜひ申し込みを検討してみてください。

      起業資金を調達するなら日本政策金融公庫

      起業資金は日本政策金融公庫で借りる

      「ビジネスローンでお金を借りるのは難しい」と悩んでいる中小企業・個人事業主は、日本政策金融公庫へ一度相談してみましょう。

      日本政策金融公庫は、国によって設立された公的金融機関の一つです。

      経済発展や産業振興などを促す目的で、さまざまな貸付制度を提供しています。

      銀行などの金融機関から融資が受けられない中小企業も、日本政策金融公庫なら融資を提供してもらうことが可能です。

      銀行などの金融機関と違い、日本政策金融公庫は非営利目的での貸付を行っています。

      経営が赤字続きな企業であっても、前向きに融資を検討してもらうことが可能です。

      資金不足で悩んでいる中小企業・個人事業主の方は、ぜひ日本政策金融公庫に相談してみてください。

      他社借入がある場合にお金を借りる方法

      他社借入がある方がお金を借りる方法他社での借入が残っている状態でお金を借りるなら、クレジットカード・おまとめローンの利用を検討してみましょう。

      実践することによって得られる効果は、それぞれ以下の通りです。

      • 【クレジットカードのキャッシング】⇒銀行・コンビニATMを利用することで融資が受け取れる
      • 【おまとめローン】⇒複数の借金を一本化することで、利息の節約を図れる

        クレジットカードはキャッシング機能を使うことで、銀行・コンビニATMから融資が引き出せます。

        一時的にお金を借りたい人も、素早くお金を用意することが可能です。

        おまとめローンは借金を一本化することで、返済時の利息を節約できます。

        ただし通常のカードローンより審査が厳しいため、申込時は注意が必要です。

        ここでは、それぞれの対処法について詳しく解説します。

        クレジットカードを持っているならキャッシング機能から借入可能

        キャッシング枠でお金を借りる

        クレジットカードでお金を借りる場合は、まず所有するカードにキャッシング枠が付帯されているか確認してみてください。

        キャッシング枠は、クレジットカード発行時に設定できる機能の一つです。

        クレジットカードを新規発行する際は、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の設定を行います。

        ショッピング枠はクレジット払いの利用限度額、キャッシング枠は銀行・コンビニATMで借入できる融資の限度額を表す数値です。

        クレジットカードを使ったキャッシングは、さまざまな銀行・コンビニATMで利用できます。

        ただしキャッシング枠で借入を行うと、ショッピング枠の利用限度額はその分だけ減ってしまいます。

        頻繁に使い続けていると、買い物や通販などでカードを使えなくなってしまう可能性が高いです。

        クレジットカードでキャッシングを行う際は、計画的な利用を心がけましょう。

        複数社の借入がある場合はおまとめローンで支払総額を減らす

        おまとめローンで支払総額を減らす

        他社での借入によってお金を借りるのが困難な方は、おまとめローンの申し込みを検討してみましょう。

        おまとめローンは、複数の金融機関から借りている融資を1社に統一できるローン商品です。

        毎月の返済日を統一することで、ローンの返済負担を軽減できます。

        また、現在契約中のローン商品より適用金利が低いおまとめローンを契約できれば、返済時の利息はその分安くなります。

        毎月の返済日も一つに統一できるため、返済管理にかかる手間を減らしたい時にも有効です。

        職業別のお金を借りる方法

        職業別のお金を借りる方法「銀行からお金を借りるのはちょっと不安」という方は、自身の職業に合わせて借入方法を選んでみましょう。

        職業が正社員・学生・主婦のどちらかに該当する場合は、以下の方法で資金を借入できる可能性があります。

        • 【正社員として企業に長期間在籍している】⇒従業員貸付制度
        • 【年齢18歳以上で学生として生活している】⇒学生ローン
        • 【専業主婦として生活していて配偶者に安定した収入がある】⇒配偶者貸付制度

        正社員として現在働いている人は、従業員貸付制度でお金を借りられる場合があります。

        入院費や冠婚葬祭の参加費用など、急な出費が発生してしまった時などに便利です。

        学生の場合は学生ローン、専業主婦として生活しているなら配偶者貸付制度を使った借入が行えます。

        銀行以外の金融機関でお金を借りたい方は、ぜひ内容を確認してみてください。

        ここでは、それぞれの状況でお金を借りる方法について詳しく解説します。

        会社員の方は従業員貸付制度で借入可能

        会社員は従業員貸付制度でお金を借りる一時的に会社からお金を借りたいと考えている人は、従業員貸付制度の利用を検討してみましょう。

        従業員貸付制度は基本的に正社員だけが利用できる、福利厚生の一つです。

        従業員貸付制度の審査では、申込者の年収や勤続年数・勤務態度などが考慮されます。

        月収が多く・勤務年数の長い人は、審査を有利に進めることが可能です。

        また従業員貸付制度は、年2.0%~4.0%程の金利で借入できます。

        利息をなるべく低く抑えながら、融資を少しずつ返済していきたい人にもおすすめです。

        ただし従業員貸付制度は、企業側が導入していなければ利用できません。

        申し込みを検討しているなら、まず勤務先が従業員貸付制度を導入しているか確認してください。

        学生がお金を借りるなら学生ローン

        学生がお金を借りるなら学生ローン未成年の学生がお金を借りる場合は、学生ローンを利用するのがおすすめです。

        学生ローンは18歳以上の学生を対象にしたローン商品で、現在ではいろいろな学生ローンが登場しています。

        学生ローンは申込条件さえ満たせば、20歳未満の学生でも申請できます。

        安定した収入があることを証明できた場合、18歳~19歳の学生でも契約することが可能です。

        一部の学生ローンは原則電話連絡なしで申し込みできるため、親やバイト先に連絡がいく心配もありません。

        ただしカードローンに比べて、学生ローンの適用金利は高めに設定されています。

        利用限度額も50万円程と低く設定されているため、高額融資に対応するのは難しいです。

        学生ローンの申し込みを考えている方は、申請前に貸付条件をよく確認しておいてください。

        専業主婦の方は配偶者貸付制度を利用する

        専業主婦がお金を借りる方法専業主婦でお金を借りる際は、配偶者貸付制度を活用するのがおすすめです。

        カードローンは原則、安定した継続収入を得ている方しか契約できません。

        しかし配偶者貸付制度を利用すると、配偶者に安定した継続収入があれば問題なく契約できます。

        専業主婦として生活している場合や、月収が少なくてカードローンを契約できない時などにおすすめです。

        ただし配偶者貸付制度は、法的に結婚している専業主婦だけが対象となります。

        ただ単に同棲しており事実婚で婚姻届けを提出していない人は、制度を利用できません。

        配偶者貸付制度を利用したいと考えているなら、十分注意しておいてください。

        無職でお金を借りる方法

        無職の方がお金を借りる方法無職の方がお金を借りる場合は、国の貸付制度を利用するのがおすすめです。

        国から借りる場合即日融資は不可能ですが、以下の制度なら無職の方でも借入できる可能性があります。

        • 銀行で借入できない方も利用できる【生活福祉資金貸付制度】
        • 年金を現在受給している方だけが利用できる【年金担保融資制度】
        • 職業訓練受講給付金の受給者のみが申請できる【求職者支援資金融資】

        国が提供している貸付制度は、それぞれの制度ごとに貸付条件の内容が異なります。

        そのため制度を申請する際は、条件内容をよく確認することが必須です。

        国の貸付制度を利用したいと考えている人は、申込前に貸付条件をよく調べておきましょう。

        ここでは、それぞれの貸付制度について詳しく解説します。

        市役所の生活福祉資金貸付制度を利用する

        生活福祉資金貸付制度は収入が得られない人でも利用できる無職でお金を借りる場合、まず最初におすすめするのは「生活福祉資金貸付制度」です。

        生活福祉資金貸付制度とは国の社会福祉協議会が実施している制度で、各市区町村に存在する社会福祉協議会で申請できます。

        貸付対象となるのは、以下の世帯に該当する方です。

        低所得者世帯 銀行などの金融機関から生活に必要な資金を借入できない世帯
        障害者世帯 身体障碍者手帳、療育手帳、精神障碍者保健福祉手帳の交付を受けた方が住む世帯
        高齢者世帯 65歳以上の高齢者が生活する世帯

        生活福祉資金貸付制度は契約時に連帯保証人を立てた場合、利子が発生しません。

        資金の返済期間も10年以上に設定されているため、収入の少ない時も無理なく利用することが可能です。

        無職でお金を借りるなら、近くの社会福祉協議会で一度相談を行ってみてください。

        年金受給者は年金担保融資制度を利用する

        年金担保融資制度は金利が低い年金受給者の方がお金を借りる場合は、「年金担保貸付制度」を利用しましょう。

        年金担保貸付制度は受給している年金を担保にすることで、金融機関から融資が受け取れる制度です

        【老齢年金・老齢基礎年金、障害年金・遺族年金】を受給している方なら、誰でも申請できます。

        年金担保貸付制度の適用金利は年2.8%で、銀行・消費者金融からの乗り換えにも対応可能です。

        他の金融機関より低い金利で借入できるため、返済時の利息を最小限に抑えられます。

        借入した融資は受給する年金から自動的に差し引かれるため、返済する手間もかかりません。

        ただし年金担保貸付制度は申請する際、連帯保証人を立てる必要があります。

        これから申請を行う方は、連帯保証人を忘れずに用意しておいてください。

        求職者は求職者支援資金融資を利用する

        再就職や転職中の方がお金を借りる方法職業訓練受講者がお金を借りる場合は、求職者支援資金融資を利用しましょう。

        求職者支援資金融資は、職業訓練受講給付金だけでは生活資金が不足してしまう時に申請できる貸付制度です。

        職業訓練受講給付金の支給決定を受けており、ハローワークで求職者支援資金融資要件確認書を交付してもらった場合に申請できます。

        求職者支援資金融資は職業訓練を受講している間、融資を返済する必要がありません。

        就職先が見つかるまでは返済を待ってもらえるため、無職・失業中でも安心して利用できます。

        ただし求職者支援資金融資を申請する際は、ろうきんの口座が必要となります。

        ろうきんの口座をまだ持っていない方は、申請する前にろうきんで口座開設を行っておいてください。

        審査なしでお金を借りる方法

        審査なしでお金を借りる方法審査なしでお金を借りたい方は、ローンや融資制度以外の方法で資金を調達しましょう。

        審査なしでお金を借りることが可能な方法は、以下の3つです。

        • ゆうちょ銀行の貯金を担保にお金が借りられる【貯金担保自動貸付】
        • ブランド品や貴金属などを預けることで資金が調達できる【質屋】
        • 契約中の生命保険を解約することで資金が得られる【契約者貸付制度】

        ゆうちょ銀行に貯金がある方は、ゆうちょの自動貸付を利用すれば審査なしでお金が借りられます。

        自宅に普段使っていないブランド品や貴金属があるなら、それらを質屋に持ち込むことで借入可能です。

        生命保険に加入している場合は、契約者貸付制度が利用できます。

        審査なしでお金を借りたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

        ここでは、それぞれのお金の借り方について詳しく解説します。

        ゆうちょ銀行ならキャッシュカードがあれば審査申し込みが可能

        ゆうちょ銀行は即日融資可能審査をせずにゆうちょ銀行からお金を借りる場合は、「貯金担保自動貸付」を活用するのがおすすめです。

        貯金担保自動貸付はゆうちょ銀行が提供するサービスの一つで、貯金を担保にすることでお金が借りられます。

        定期貯金・定額貯金を持っているなら誰でも申請でき、預ける貯金の約90%にあたる金額まで借入することが可能です。

        参照:ゆうちょ銀行 「貯金担保自動貸付け」

        貯金担保自動貸付には、以下のメリットが存在します。

        ・審査を行う必要がないため、申込日当日に融資が受け取れる

        ・未成年や学生でも利用できる

        ・返済が滞っても信用情報に影響は生じない

        貯金担保自動貸付は審査を通さなくてもお金を借りることが可能なため、即日融資にも対応できます。

        担保となる貯金さえ持っていれば、未成年や学生どでも利用可能です。

        ただし融資をいくらまで借入できるかは、担保となる貯金の額に左右されてしまいます。

        預ける定期貯金・定額貯金の総額が少ないと、必要な額の資金を用意できないかもしれません。

        貯金担保自動貸付の申請を行う際は、申込前に貯金額をよく確認しておいてください。

        質屋なら使わなくなったブランド品を担保にして融資を受けられる

        質屋で不用品を担保にお金を借りる自宅にある不用品でお金を借りる場合は、質屋で「質入れ」を申し込むのがおすすめです。

        質入れは質屋にブランド品や貴金属などの品物を預け、品物の価値に見合った融資を借入できるサービスになります。

        担保として預ける品物さえ用意できれば、誰でも利用することが可能です。

        質屋の質入れは、返済を滞納しても信用情報に傷がつくことはありません。

        融資を返済できない場合は品物の所有権を質屋に渡すことで、融資の返済義務が免除されます。

        ただし質屋に所有権が移った品物は、取引後に質流れ品として売却されてしまう可能性が高いです。

        質入れを行う際は、大切な品物を間違えて預けてしまわないように注意しましょう。

        また質屋営業法を遵守していない違法な業者も存在するので注意しましょう。

        生命保険を契約していれば契約者貸付制度でお金を借りられる

        生命保険を担保にしてお金を借りる生命保険に加入中の方がお金を借りる場合は、「契約者貸付制度」を利用するのがおすすめです。

        契約者貸付制度は契約している保険の解約払戻金を担保にして、保険会社からお金を借りる制度になります。

        参照:公益財団法人 生命保険文化センター 「契約者貸付」

        利用できるのは生命保険の契約者本人のみで、配偶者や保険の受取人が利用することはできません。

        契約者貸付制度は将来受け取る解約払戻金を担保として預けるため、契約時に保険を解約する必要はありません。

        病気やケガなどのリスクに対して備えながら資金を借りることが可能です。

        ただし契約者貸付制度で借入した資金を返済せずに滞納してしまうと、保険を強制解約されてしまう危険性があります。

        契約者貸付制度の利用を考えている方は、融資の返済に気をつけてください。

        審査に通過していますぐお金を借りるには?5つのポイントを徹底解説

        今すぐお金を借りる5つのポイント消費者金融などの金融機関から今すぐお金をすぐ借りるには、申込前に5つのポイントを確認する必要があります。

        カードローン審査を受ける際は、以下のポイントを必ず確認しておいてください。

        • 他社での借入は申込前になるべく返済しておく
        • 即日融資を希望する場合は、審査実施時間内に申込手続きを完了させておく
        • 手続き時間を短縮したい場合はweb完結で申し込む
        • 申込時は提出する書類に嘘の情報を記入しない
        • 借入希望額は必要最低限な分だけ申請する

        カードローン審査を無事通過するには、審査落ちの可能性を減らすことがとても重要です。

        他社での借入を積極的に完済しておけば、審査時に「返済能力がある」と判断されやすくなります。

        迅速に申し込み手続きを完了させておけば、その分だけ即日融資の成功率を高めることが可能です。

        ここでは、それぞれのポイントについて詳しく解説します。

        他社で借入がある場合は返済を進めておく

         他社で借入がある場合は返済をしておく金融機関からお金を借りる際は、なるべく他社での借入がない状態で審査を受けるのがおすすめです。

        カードローンの審査では、申込者の持つ返済能力が重要な判断材料となります。

        他社での借入が残っている状態で申し込むと、「この申込者は返済能力がない」と判断されてしまう可能性が高いです。

        しかし多少なりとも融資の返済を進めておけば、審査を前向きに検討してもらえる場合があります。

        他社での借入を完済できれば返済実績が記録され、より審査を有利に進めることが可能です。

        カードローン審査を無事通過したいと考えている方は可能な限り、他社での借入を返済しておいてください。

        申込手続きは18時までに完了させておくのが無難

        即日融資は18時までに手続きする即日融資でお金を借りる場合は、金融機関が指定する審査実施時間までに申し込みを完了させる必要があります。

        それぞれのカードローンには審査実施時間が存在しており、審査に対応できるのはこの時間内までです。

        審査実施時間外に申し込みを行った場合、審査は翌日以降に回されてしまいます。

        審査実施時間は明確に決まっていませんが、平日の場合は18時までに手続きを完了させれば即日融資可能です。

        申込日当日にお金を借りたい方は、18時までにすべての申込手続きを完了させておきましょう。

        また即日融資を成功させるには、在籍確認を完了させておくことも大事です。

        カードローン申込時は事前相談を行い、在籍確認がとれる時間帯をオペレーターの方に伝えておいてください。

        Web完結で申し込むと最短60分程で融資を受け取れる

        即日でお金を借りるならweb申込みがおすすめ即日融資でお金を借りる際は、手続き時間短縮のために「web完結」を活用しましょう。

        web完結は、申請から借入までの手続きをすべてネット上で対応できる申込方法です。

        現在では多くの金融機関がweb完結を採用しており、迅速にいけば最短60分程で契約を完了できます。

        必要書類の提出も画像提出で対応でき、口座振込を利用すればローンカードの発行も必要ありません。

        またweb完結でカードローンを契約すると、利用明細書や契約書類の発送をなしに変更できます。

        自宅に郵送物が一切届かなくなるため、家族に内緒でカードローンを契約することも可能です。

        なるべく短時間で申込手続きを完了させたいと考えている方は、ぜひweb完結を利用してみてください。

        嘘の情報を記入する行為は審査落ちの大きな要因となる

        申込書には噓の情報を記入しない金融機関からお金を借りるには、申込時に収入や個人情報をありのまま伝えることがとても大事です。

        申し込みを行う人の中には審査で落ちないよう、申込情報に嘘の情報を記入してしまう人が存在します。

        しかし銀行や消費者金融はカードローン審査を行う際、信用情報機関で信用情報の情報開示を申請するのが基本です。

        信用情報には申込者の個人情報が記載されており、現在の借入状況や返済履歴なども確認できます。

        申込時に嘘の情報を書いても、審査で嘘とバレてしまう危険性が高いです。

        もし申込時に嘘の情報を書いたことがバレた場合、審査を通過するのは難しくなります。

        無事にカードローンを契約したいのであれば、申込情報には事実のみを記入するのが無難です。

        これからカードローンを申し込む方は、嘘の情報を記入しないようにしましょう。

        借入希望額は自身の年収1/3以下に設定するのが無難

        借り入れ限度額は年収の3分の1まで

        即日融資でお金を借りる際は、自身の年収に合わせて借入希望額を申請するのが適切です。

        消費者金融は「貸金業法」という法律により、個人に貸付できる金額が制限されています。

        どのカードローンも、個人が借入できる金額は年収の1/3までです。

        そのためカードローンを申し込む場合、借入希望額は年収の1/3以下に抑えなければいけません。

        申込者の年収1/3より借入希望額が高いと、カードローン審査を通過するのは難しくなります。

        カードローンを申し込む人は、借入希望額を高く申請しないように注意してください。

        審査通らない場合でもやってはいけないお金を借りる方法

        やってはいけないお金の借り方

        お金を借りる方法の中には、審査に落ちた時でも決して利用してはいけない方法が3つ存在します。

        どんなにお金がなくて困っていても、以下の方法だけは絶対に利用しないてください。

        • 闇金や違法業者からお金を借りる
        • SNSやネット掲示板などで個人間融資を利用する
        • クレジットカードの現金化で資金を調達する

        闇金・違法業者・個人間融資などは、国から正式に認可された金融商品ではありません。

        詐欺や犯罪に巻き込まれる可能性が高いため、利用するのは非常に危険です。

        またクレジットカードの現金化も、法的にはグレーな借入方法となります。

        場合によってはカードが今後一切使えなくなる可能性もあるため、利用しないのが最も安全です。

        貸金業者登録されていない闇金は使わない

        闇金や違法業者ネット上に存在する金融業者からお金を借りる際は、まず申込先の貸金業者が貸金業登録を行っているか確認しましょう。

        貸金業を取り扱う企業は法律によって、都道府県知事または財務局長による登録を受けなければいけません。

        貸金業者として登録されていない企業は、闇金もしくは違法業者です。

        闇金や違法業者は法外な金利で貸付を行うため、数日間借入しただけでも高額な利息を請求されてしまいます。

        脅迫めいた取り立て行為を受ける可能性も高いため、利用するのは非常に危険です。

        契約するカードローンをネットで検索する際は、必ず登録番号があるか確認してください。

        貸金業者として登録されている企業は、金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで確認できます。

        登録番号はサイト上にも明記することが義務付けられているため、各カードローンの公式サイトでも確認することが可能です。

        個人間融資は悪質なトラブルに巻き込まれる可能性がある

        個人間融資はトラブルのリスクあり個人間融資でお金を借りる方法は、違法業者からお金を借りるのと同じ危険な行為です。

        個人間融資は貸金業者として登録していない個人同士が連絡を取り、お金の貸し借りを行うことになります。

        もちろん貸金業者ではないため、融資を行う際は高額な利息を請求されてしまう可能性が高いです

        個人間融資は出資法による上限金利が適用されるため、年109.5%の金利に応じた利息が発生します。

        また近年は、個人間融資を利用した詐欺や犯罪が増加中です。

        一度でも利用してしまうと、重大なトラブルに巻き込まれる危険性があります。

        個人間融資の利用を考えているなら、もっと信頼性の高い借入先でお金を借りましょう。

        クレジットカードの現金化はカード会社の規約違反となる

        クレジットカードの現金化はしないクレジットカードでお金を借りる際は、キャッシング機能のみを利用するのが無難です。

        ネット上には、クレジットカードの「現金化」を取り扱う業者が多数存在しています。

        クレジットカードの現金化とはカード払いで商品を購入し、その品物を売却することで資金が得られる手段です。

        現金化は法律違反には該当しない行為ですが、大半のカード会社では規則違反に該当する行為として指定されています。

        第39条 (退会および会員資格の喪失等)より抜粋

        4.会員((5)または(8)のときは、それに該当する会員をいい、家族会員が(1)、(2)、(3)、(4)、(6)、(7)のいずれかに該当したときは、当該家族(会員のみならず、本会員も含む。)は、次のいずれかに該当する場合、(1)、(5)においては当然に、(2)においては相当期間を定めた当社からの通知、催告後に是正されない場合、(3)、(4)、(6)、(7)、(8)においては当社が会員資格の喪失の通知をしたときに、会員資格を喪失します。

        (4)会員の信用状態に重大な変化が生じたとき、または換金目的によるショッピング利用等会員によるカードの利用状況が適当でないと当社が判断したとき。

        引用:JCB会員規約

        意図的に現金化を行ったことが判明した場合、カードを強制解約されてしまう可能性が高いです。

        利用状況によっては、利用料金の一括返済を求められる場合もあります。

        クレジットカードを所有している方は、資金不足で困っても現金化だけには手を出さないでください。

        お金を借りる方法は自分に合った方法を選ぼう

        お金を借りる方法について解説しましたが、いかがでしたか?

        お金の借り方にはさまざまな種類が存在しており、それぞれの方法ごとに違ったメリット・デメリットが存在します。

        それぞれの目的や要望に合った借入方法を選ぶ際は、それぞれの特徴や内容をよく確認することがとても大事です。

        内容をよく確認しないまま申し込んでしまうと、資金の調達に失敗してしまう場合があります。

        闇金や違法業者などから間違って借入しないためにも、申込前の情報確認は必須です。

        お金を借りる際はいろいろな借入方法を見比べ、自身の目的・要望に適している借り方を選びましょう。