プロミスの口コミ・評判

「プロミスの口コミが知りたい」

「プロミスの評判って実際どうなの?」

プロミスの利用を検討している方にとって、実際に利用した方の口コミは気になりますよね。

結論から言うと、プロミスの口コミ・評判は良いものが多いです。

プロミスはオリコン顧客満足度ランキングで、2年連続ノンバンクカードローン部門1位を獲得しています。

当記事では、実際にプロミスを利用したユーザーの口コミや評価を分析し、メリットやデメリットについて解説していきます。

さらにプロミスの申し込みから審査、融資までの流れについても解説していきます。

プロミスの利用を検討されている方は、参考にしてみてください。

会社名 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
金利(実質年率) 4.5%〜17.8%
融資額 500万円まで
申し込み条件 ・年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
・当社基準を満たす方
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間・回数 最終借入後原則最長6年9ヶ月/1〜80回
遅延損害金(年率) 10.0%(実質年率)
担保・連帯保証人 不要
登録番号 関東財務局長(13)第00615号

目次

プロミスの口コミ・評判は良いものが多い

結論として、プロミスの口コミや評判は良いものが多いです。

実際にプロミスの口コミを見たところ、「融資までが早かった」などの良い評価が多く見られました。

プロミスは1962年に設立された正規の貸金業者で、親会社は三井住友フィナンシャルグループです。

月次データを見ると、申込数は年間50万人を超えており、大手消費者金融のなかではトップクラスの申込数と言えます。

またオリコン顧客満足度調査でノンバンクカードローン第1位を2年連続で獲得している実力もあります。

今回プロミスに関する口コミを集めたところ、満足している声が多く聞かれました。

プロミスの口コミと評判

★★★★

男性(30代/会社員

年収:300万円
他社借入総額:0円

情けない話ですが、後輩とお酒を飲む予定の前日に、スロットで有り金を全部使い果たしました。
小遣いを使いきったのを家内に言えなかったので、プロミスで5万円を借りましたが、借入のスピードが速くで本当助かりました。
午前中に申し込み、1時間ぐらいしてプロミスから審査結果の電話がかかってきます。
アプリローンを利用したのでカードの必要がなく、即時コンビニATMからお金を借りれたので、夜の飲み会にも間に合いました。
無利息期間もあるので、当日や翌日に緊急のお金を借りたい時に良いと思います。

★★★★

女性(40代/パート

年収:100万円
他社借入総額:0円

プロミスで10万円の審査に通りました。
消費者金融は抵抗がありつつも、利用したのですが、無利息期間があったので大助かりしました。
借りた数週間後にまとまったお金が入る予定だったので、30日間の無利息期間を待たずに全額返済。
丁度いいタイミングだったと思います。
お金をかりるため銀行カードローンの審査も受けましたが、扶養内のパートの身分からだと、審査が緩いといわれるネット銀行系もダメでした。少額を短期間返済ができるなら、パートの場合はプロミスでいいと思います。

★★★★★

女性(30代/主婦(収入有)

年収:200万円
他社借入総額:30万円

2社から借入中の主婦(扶養外)です。
隠し持ってたローンカードを家族に見られたので、全てアプリで行えるプロミスを利用する事にしました。
15万円を借りましたが、プロミスからの書類送付やローンカードがないので、家族にバレずに利用できます。
アプリのみで借りられるのも便利です。
主婦の方は普段家計をやり繰りする事も多く、出費で悩む時が多いと思います。
家族に内緒でお金を借りるのが褒められた事ではないと思いますが、余計なストレスなく問題解決できるのではないでしょうか。

★★★★★

男性(50代/会社員

年収:400万円
他社借入総額:0円

先日車検のためにプロミスから30万円を借りました。
プロミスは上限金利が他の大手に比べると少し低めなので助かりました。
他との差は0.2%ですが、長い目でみれば利息の差はそれなりに大きいと思いますよ。
プロミスを利用している知人は、何回か借りていくうちに金利を下げてもらえたらしいので、自分も信用を積んだら他社の残債をプロミスに一本化しようと思います。
ある程度まとまったお金を借りたい人に、金利が低いプロミスはおすすめかもしれません。
審査も早く、初回は30日間の無利息期間があるので、短期間だけお金が必要な人にも良いと思います。

★★★★★

女性(30代/会社員

年収:300万円
他社借入総額:10万円

急な通院のため、プロミスのレディースキャッシングを利用しました。
WEBから申し込んですぐに仮審査に通り、数時間程で女性オペレーターから審査通過の電話連絡がきました。
前に他社を利用した時にオペレーターが男性で緊張したので、今回女性専用があるプロミスにしましたが、やはり安心感が違うと思います。
女性オペレーターの方はとても丁寧で物腰もやわらかく、返済の質問なども細かに答えていただきました。
ローンカードがなくても、コンビニや銀行で借り入れや返済ができるので、人目が気になる事もありません。

★★★★★

男性(30代/派遣

年収:150万円
他社借入総額:0円

派遣社員で3か月勤務時にプロミスを申し込みましたが、審査におちました。
レビやネットの広告で馴染みがあり誰でもお金を借りられるイメージがあったので、審査に落ちた時はがっくりでした。
アルバイトで5年以上勤務している友人はプロミスの審査に通ったので、審査基準的に勤続年数が占めるウェイトも大きいのかもしれませんね。
当面は両親にお金を借りますが、あと半年派遣先を継続したら、また申し込もうかと思います。

★★★★★

男性(50代/会社員

年収:300万円
他社借入総額:0円

年収300万円で、他社借入は0円。
プロミスを70万円で申し込んだが断られて、借りれたのは50万円でした。
自分の年収から勘案して、100万円以下なら大丈夫だろうと思っていたので残念。
ネットの口コミを見てると、借り入れ・返済を繰り返して、与信枠を引き上げてもらった話を散見するので、しばらくは借りたお金をきちんと返済し、信用を積もうと思う。
特に他社借入のヒストリーがない人は、申し込みの時は低めの金額にしたほうが良さそうだ。

★★★★★

男性(40代/会社役員

年収:800万
他社借入総額:130万円

プロミスで200万円以上を借りている自営業です。
プロミスの最大利用限度額は500万円と、他社に比べると低めなので、大きなお金を借りたい人には少し不向きかもしれませんね(モビットなどは800万円)
ただし、500万円以上借りる場合1,500万円以上の年収がないと不可能なので、大体の人はそんなに気にする必要もないと思います。
私がプロミスで数百万円を借りたのは、他社より上限金利が低かったからです。
借入が数万円なら大差ありませんが、50万円以上だとそれなりに金利の差がでます。
自分のように500万円以下でまとまったお金を借りたい場合、プロミスが一番と思います。

★★★★★

男性(50代/会社員

年収:700万円
他社借入総額:0円

プロミスでお金を借りた感想です。
審査のスピードも噂以上に早く、WEBのみで申し込みや借入ができたり、便利さはズバ抜けています。
ただ困った点が1点ありました。
勤務先に確認電話がかかってくる点です。
今回の借金は女性関係のトラブルが原因だったため、身近な場所に電話をかけられるのには少し抵抗がありました。
担当者も配慮して電話してくれるので、借入が発覚する事はまずないと思います。
しかし抵抗のある人は、事前に電話で打ち明けたほうが良いと思います。
臨機応変にしてくれる様です。

プロミスの良い口コミ・評判から分かるメリット

実際にプロミスを利用した方の口コミや評判を分析することで、メリットやデメリットを知ることができます。

ここでは、プロミスの良い口コミからわかるメリットを詳しく解説します。

プロミスの評判が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

・即日融資が可能なので急ぎで借入できる
・初めてなら最大30日間利息0円で借り入れできるので返済時の負担が減る
・申し込みから借入まで全てアプリで完結できる
・大手消費者金融と比べると上限金利が低め
・女性専用のレディースキャッシングがある

即日融資が可能なので急ぎで借入できる

プロミスは即日融資に対応しており、初めての方でも、最短30分で借入れが可能です。

また、会員限定の瞬フリ(振込キャッシング)というサービスを利用すれば、最短10秒で融資が可能です。

お申込み完了後、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、最短10秒で振込みが可能です。

参照元:プロミス公式サイト:瞬フリ

お金を急ぎで借りたい人は、プロミスが向いているといえます。

審査の早さを評価する口コミも多く見られ、審査スピードに定評があります。

審査完了後すぐにお金を借りたい人は、以下いずれかのサービスを利用すると良いでしょう。

  • アプリローン
  • 瞬フリ(振込キャッシング)

アプリローンは、プロミスの申込から借り入れまでの手続きが、スマホのみで完結する便利なサービスです。

審査が完了すれば、アプリに出てくるQRコードを利用して、直ちにATMからお金を引き出せます。

アプリローンに対応しているのは、セブン銀行とローソン銀行のATMです。

コンビニで手早くお金を借りたい人は、是非アプリローンを活用してみてください。

もうひとつは「瞬フリ」という、最短10秒でお金を振込んでくれる銀行振込のサービスです。

サービスの申し込み方法は、審査の完了後、会員サイトから振込先口座を登録し「瞬フリのお手続き」から行います。

振込金額などを入力し申し込みをすると、最短10秒で指定口座にお金を振り込んでくれます。

対応時間帯が銀行によって違いがあるため、以下より事前確認をしておきましょう。

金融機関別振込実施時間検索

初めてなら最大30日間利息0円で借り入れできるので返済時の負担が減る

プロミスを初めて利用する場合、メールアドレス登録とWEB明細利用で30日間利息が0円になります。

プロミスとはじめてご契約いただく際、メールアドレスをご登録いただき、
あわせて書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(WEB明細)を確認」を選択いただいたお客さまにカードローンを30日間無利息でご利用いただけるサービスを提供しております。

引用:プロミス 30日間無利息サービス

借入から30日以内に返済すれば利息がかからず利用できます。

無利息期間は初回出金の翌日から起算され、31日目からは返済までの日数分の利息がかかります。

初めての利用かつ短期間で返済可能なら、低金利の銀行カードローンよりもプロミスで借りた方が総支払額は安く済みます。

今までプロミスで借入れを行ったことが無い方は利用を検討してみるといいでしょう。

申し込みから借入まで全てアプリで完結できる

プロミスでは、アプリローンからの申し込みで、借入まで全てアプリで完結できます。

またカードレスなのでスマホアプリさえあれば、セブン銀行またはローソン銀行ATMでお金が借りられます。

郵送物も自宅に送られてこないので、家族に借り入れが知られるといった心配もありません。

新規申し込みから借入までの流れは以下の通りです。

  • 「アプリローン」アプリをダウンロード
  • 申込者の情報、借入希望額を入力
  • ファイルアップロードから必要書類提出
  • 審査申込み(最短1時間)
  • アプリ上のQRコードをもってコンビニで借入

アプリローンなら、最短1時間で融資を受けられるので急ぎの方はアプリローンでの申し込みを検討してみてください。

大手消費者金融と比べると上限金利が低め

プロミスは他の大手消費者金融と比較して上限金利が低めです。

金利が高いほど返済時の負担が増えるので、金利が低いと返済金額を最小限に抑えられます。

実際にプロミスを利用している方からも金利の低さに関する口コミは多く寄せられています。

以下に各消費者金融の金利を比較してみました。

金融機関名 金利
プロミス 4.5%〜17.8%
アコム 3.0%〜18.0%
レイクALSA 4.5%〜18.0%
アイフル 3.0%〜18.0%
SMBCモビット 3.0%〜18.0%

初めて借入を行う方はほとんどの場合、上限金利での借り入れになります。

そのため、下限金利よりも上限金利に注意して申し込みを検討する必要があります。

女性専用のレディースキャッシングがある

プロミスは、女性の利用者からの評価が高い「レディースキャッシング」があります。

レディースキャッシングは女性専用のダイヤルで、女性のオペレーターが対応してくれます。

男性オペレーターだと話しづらい、聞きづらいといった方でも利用できます。

またパートやアルバイトで収入のある主婦や学生の方なら、レディースキャッシングに申し込めます。

無利息期間や、金利、限度額は通常プランと変らないので安心してください。

WEBから24時間申し込めるので、女性の方は申し込みを検討してみましょう。

【女性専用レディースコール】
0120-86-2634
受付時間:9:00〜21:00(携帯電話からも利用可能)

プロミスの悪い口コミ・評判から分かるデメリット

プロミスにはいい口コミだけでなく、悪い口コミも存在します。

悪い口コミを分析することで、プロミスの弱みの部分が見えてきます。

プロミスの悪い口コミ・評判から分かるデメリットは以下の3つです。

  • 希望金額を借りられない場合がある
  • 利用限度額が大手消費者金融の中では低めに設定されている
  • 在籍確認の電話がかかってくる

申込前に注意点には目をとめておきましょう。

プロミスでは希望金額を借りられない場合がある

プロミスでは、希望した金額を確実に借りられない場合があります。

利用限度額が500万円だからと言って、誰でも希望すれば500万円を借りられる訳ではありません。

借入金額は、提出された書類や申込者の信用情報を元に、決められます。

そのため安定的な収入があっても年収が低かったり、他社からの借入があれば、希望金額より低い金額が設定される場合があります。

プロミスだけに言える話ではなく、どの金融機関でも審査により借入額が決められるため、希望金額が借りられない可能性はあります。

利用限度額が大手消費者金融の中では低めに設定されている

プロミスの利用限度額は大手消費者金融の中では低めに設定されています。

プロミスを含む大手消費者金融5社の利用限度額を以下の表にまとめました。

金融機関名 利用限度額
プロミス 500万円
アコム 800万円
レイクALSA 500万円
アイフル 800万円
SMBCモビット 800万円

上記の表から分かるように、プロミスとレイクALSAを除く3社は最大800万円まで融資を受けることができます。

このように見ると、プロミスの借入限度額が気になるかもしれません。

しかし消費者金融には「総量規制」という決まりがあり、年収の1/3以上の借入は受けられなくなっています。

例えば800万円の借入を受けたいなら、266万円以上の年収が必要になります。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。
例えば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。
引用:日本貸金業協会/ 1.お借入れは年収の3分の1までです

プロミスで500万の融資を受けるためには年収が15,00万円以上が条件となります。

そのため利用限度額で借入できるの収入の高い一部の人だと言えます。

限度額で借りられる可能性は低いため、限度額の低さは重視する必要はないでしょう。

在籍確認の電話がかかってくる

プロミスは、カードローンに申し込むと、申請した職場に在籍確認の電話がかけられます。

在籍確認は申込者が本当に申請した職場で働いているかを確認するために行われます。

消費者金融の中には、在籍の確認を書類の提出で行う場合もあります。

プロミスの場合電話連絡ですが、「プロミス」という会社名を出さずに、担当者個人名で電話をかけるので、カードローンの申し込みが会社に知られる可能性は低いです。

Q.『お勤めの確認』ってどういうことをするの?

A.「ご本人様がお勤めされている事」の確認のため、お勤め先にお電話させていただきます。
お客さまのプライバシーに十分配慮し、担当者個人名にておかけしますので、ご安心ください。プロミス名でご連絡することはありません。
引用:プロミスTOP よくあるご質問・お問い合わせ

どうしても電話での在籍確認を行なって欲しくない場合は、申し込み後すぐにプロミスコール(0120-24-0365)に電話相談をしましょう。

担当者に電話で在籍確認をして欲しくない旨を伝えると、対応してもらえる可能性があります。

プロミスは財務局や都道府県より貸金業者登録されている消費者金融

プロミスは、SMBCコンシューマーグループの消費者金融カードローンです。

金融庁や全国の財務局に貸金登録されています。

貸金業者登録されている業者は、貸金業法に則り運営しています。

そのため脅迫や取り立てをされたり、法外な金利で貸し付けられたりする心配はありません。

貸金業法では以下の規制が行われています。

  • 総量規制
  • 上限金利の規制
  • 貸金業者に対する規制

以下に一つずつ解説していきます。

総量規制により返済能力以上の借入はできない

貸金業者登録されている金融機関から借入する場合、貸金業法の「総量規制」が適応されます。

総量規制とは、年収の1/3以上の借入ができない決まりの事です。

総量規制は、返済能力以上の借入をしてしまい、返済できなくなる「貸し倒れ」を減らすために施行された規制です。

例えば年収が150万円の場合、年間で50万円までの借入しかできません。

また複数社から借入している場合、1社につき50万円ではなく、トータルで50万円までしか借りれません。

貸金業は貸し倒れになる人が減るようにと「総量規制」を採用しています。

貸金業法第21条により貸付に基づく債権の取立ては禁止されている

「消費者金融の返済を怠ると、怖い取り立てが行われる」というイメージを持っている方もいるのではないでしょうか?

しかし貸金業法第21条「取立て行為の規制」によって、人を威迫するような取り立ては禁止されています。

プロミスは貸金登録されている正当な貸金業者なので、取立を行うことはありません。

第二十一条
貸金業を営む者又は貸金業を営む者の貸付けの契約に基づく債権の取立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、
人を威迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。
引用:e-gov 貸金業法

第二十一条には、取り立てについて以下のことも禁止されています。

  • 正当な理由なく、不適切な時間帯に電話をかけたり、債務者等の家を訪問すること
  • 正当な理由なく、債務者冬の勤務先やその他の場所に電話をかけ、電報を送るなどの行為
  • 張り紙や立ち看板等を使用し、債務者の借入や生活に関することを第三者に示すこと
  • 債務者等の以外の者に、債務者に代わって支払いを要求すること

貸金業法によって厳しく規制されているため、プロミスだけでなく他の大手消費者金融も脅迫的な取り立ては行いません。

上限金利が設定されているため法外な金利で請求されない

プロミスは上限金利を17.8%と設定しているため、それ以上の金利で請求されることはありません。

プロミスの借入利率(実質年率) 4.5%〜17.8%

借入条件や金額によって、適用される借入利率は異なりますが、4.5%〜17.8%を超えた金利で貸し出されることはありません。

また消費者金融が則っている貸金業法で、借入の上限金額は年15%〜20%までと決められています。

利用者の皆さまの金利負担の軽減を図るため、法律が改正され2010年6月に上限金利が引き下げられました。
お借入れの上限金利は、借入金額に応じて年15%~20%となっています。

◯元本の金額が10万円未満のときの上限金利 → 年20%
◯元本の金額が10万円以上から100万円未満のとき上限金利 → 年18%
◯元本の金額が100万円以上のときの上限金利 → 年15%
引用:日本貸金業協会/5 お借入れの上限金利は、年15%~20%です

20%以上の金利で貸し出している業者は闇金なので、絶対に借入しないようにしましょう。

プロミスの申し込みから審査、融資までの流れ

プロミスの申込は以下の5つの方法で行うことができます。

WEB申込(24時間OK)
自動契約機
店頭窓口
電話
郵送

申し込みから融資までの流れは、以下のとおりです。

  • 申し込み/書類提出
  • 審査
  • 契約内容の確認
  • 本人確認
  • カード発行(発行をしない場合はここで手続き完了)
  • 手続き完了

プロミスの申し込み方法5つと必要書類

プロミスでカードローンを申し込む際の方法は5つあります。

  • WEBからの申し込み:パソコンやスマートフォンから申し込みができ、24時間365日受付可能
  • 自動契約機からの申し込み:誰にも会わず申し込みでき、その場で借入可能
  • 来店での申し込み:相談しながら申し込みたい方におすすめ
  • プロミスコールからの申し込み:通話料無料で、来店不要で申し込み可能
  • 郵送での申し込み:誰にも会わずに申し込み可能

WEBもしくはプロミスコールからの申し込みは、来店不要なので家や外出先からも申請できます。

またWEB申込なら24時間365日申し込めるため、時間を気にせず申し込めます。

各申し込み方法の受付時間を下記の表にまとめました。

申し込み方法 受付時間
WEB 24時間365日
自動契約機 9:00~21:00(土・日・祝日も申込可能)
プロミスコール 9:00~21:00(土・日・祝日も申込可能)
郵送 24時間365日
来店 お客様サービスプラザ 10:00~18:00(平日のみ)

申し込みと併せて、本人確認書類の提出が必要となります。

プロミスで認められている本人確認書類は、以下のような書類です。

・運転免許証
・パスポート
・健康保険証+住民票

また、希望の借入金額が50万円を超える方、希望の借入金額と他社での利用残高の合計が100万円を超える方は、収入証明書類が別途必要になります。

収入証明書類 ・源泉徴収票
・確定申告書
・税額通知書
・所得(課税)証明書
・直近2カ月分の給与明細書+直近1年分の賞与証明書

「アプリローン」なら申し込みから借入までアプリで完結する

プロミスには、新規申し込みから借入までアプリで完結できる「アプリローン」というサービスも存在します。

最短1時間で融資を受けられるため、急ぎでお金を借りたい方にはおすすめです。

スマホに無料の専用アプリをダウンロードし契約すれば、ローンカード不要でお金を借りることができます。

【アプリローンの新規申し込みからお借入れまでの流れ】

  1. アプリをダウンロード後、新規申し込みと書類アップロードを行う
  2. 最短1時間で審査と契約が完了する
  3. アプリを使ってセブン銀行ATMやローソン銀行ATMから即日借入れ
  4. ご契約当日から使えるお得なクーポンも利用可能

自分の口座への入金を希望する場合は、「振り込みキャッシング」、現金を借り入れたい時や返済したい際は「スマホATM」で24時間対応可能です。

必要なのはスマホのみで、郵送物やローンカードの送付がないため、家族に知られる心配もありません。

また、会員向けの優待サービスなどが受けられるアプリ限定の「アプリdeクーポン!」は、アプリを見せるだけで利用できます。

「お借入シミュレーション」から最短15秒で借り入れ可能か診断できる

本申し込みの前に「審査に通るか知りたい」という方は「お借入シミュレーション」を利用しましょう。

3つの項目を入れるだけで最短15秒で、プロミスで借入可能かを判断してくれます。

入力項目は以下の3つです。

  • 生年月日
  • 年収
  • 現在の他社借入金額

審査の申込履歴や、審査に落ちた履歴は信用情報に残ってしまいます。

シミュレーションなら信用情報に残らず借入可能か診断できるため、審査に通るか不安な方は申込前に診断してみましょう。

結果を確認したうえで、そのまま続けて申し込みすることも可能です。

プロミスでの借入に向いている人・向いていない人

プロミスの特徴を踏まえ、プロミスに向いてる人・向いてない人の特徴をまとめました。

プロミスが自分に合っているのかわからない方はぜひ参考にしてみてください。

プロミスが向いている人・向いていない人の特徴は以下の通りです。

プロミスでの借入に向いている人 プロミスでの借入に向いていない人
・急ぎで借入をしたい人
・低金利で借り入れたい人
・初めてプロミスを利用する人
・WEB完結で借入したい人
・誰にも借入を知られたくない人
・既に複数の消費者金融から借り入れている人
・他の消費者金融で審査落ちした人

プロミスでの借入に向いている人

プロミスは「急ぎで借入をしたい人」に向いています。

申し込みから最短30分で融資を受けることができるのはプロミスの魅力の一つです。

他の消費者金融で借入をする場合、最短でも1時間かかります。

プロミスの会員になり、瞬フリを利用すれば最短10秒での振込みも可能です。

できるだけ早く融資を受けたい方はプロミスの利用を検討するといいでしょう。

また大手消費者金融の中で、プロミスは最も上限金利が低い消費者金融であるため「低金利で借り入れたい人」にもおすすめです。

初めてお金を借りる場合は、上限金利が適用される場合がほとんどです。

プロミスは上限金利が他の消費者金融より低く設定されいているため、初めて借入ならプロミスを利用し、少しでも金利を抑えましょう。

また「初めてプロミスを利用する人」は、30日間の無利息サービスを受けることができます。

借入れた翌日から30日以内に返済すれば、利息が掛からないので、低金利の銀行カードローンで借り入れるより総支払額を抑えることができるのです。

「WEB完結で借入を誰にも知られたく無い人」にもプロミスはおすすめです。

専用アプリ内で申し込み・契約が行える「アプリローン」を利用することで、契約書や利用明細書の書類やローンカードが家に届くことはありません。

スマートフォンがあれば、セブン銀行ATMやローソン銀行ATMからお金を借りることができます。

プロミスでの借入に向いていない人

プロミスでの借入に向いていない人は「すでに複数の消費者金融から借入している人」です。

お金を借りている消費者金融が多いほど、審査の段階で不利になります。

4社以上から借り入れがある場合は「多重債務者」と呼ばれ、審査に通るのは厳しいといえます。

プロミスには、複数あるローンを一つにまとめることで毎月の負担が軽減される「おまとめローン」があります。

すでに複数の消費者金融から借り入れている人は、おまとめローンの利用も検討してみましょう。

また「他の消費者金融で審査落ちした人」もプロミスでの借入に向いていません。

なぜなら、消費者金融の審査基準に大きな違いはないため、プロミスの審査でも落ちてしまう可能性が高いからです。

他の消費者金融で審査落ちしてしまった人は、貸付条件を満たしているか、申込時に嘘や誤った情報を記載していないか、信用情報に問題がないかなどを確認してみましょう。

まとめ

実際にプロミスを利用した人の口コミは「利用して良かった」「金利が低くて良かった」など良いものが多く寄せられています。

プロミスは貸金業者登録されている、正当な貸金業者のため、初めての方でも安心して利用できる消費者金融と言えるでしょう。

しかしその一方でプロミスの悪い口コミ・評判もあります。

デメリットには「希望金額が借りられない可能性がある」などがありますが、これはプロミスだけに言えることではありません。

収入や申し込み内容によって借入できる金額が変動することには注意しましょう。

借入する際は、金利だけでなく、融資までの時間や在籍確認の方法なども併せてチェックし、自分にあったカードローンを選びましょう。