プロミスは在籍確認なしで借りられない

プロミスへの申し込みを考えている方には、「プロミスは在籍確認なしで契約できるの?」と考えている方も多いでしょう。

結論からいうと、プロミスは在籍確認なしでは融資を受けられません。

プロミスの審査を通過するには、在籍確認を必ず受ける必要があります。

在籍確認は金融庁から自主的取組が指示されているため、カードローンを契約する際には必須です。

参考:与信審査の厳格化について(貸金業者)

ただプロミスは、在籍確認の方法を電話連絡以外に変更できる場合もあります。

当記事では、プロミスの在籍確認を職場連絡以外で完了させる方法や、電話への対応方法について解説します。

家族や会社に内緒でプロミスからお金を借りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • プロミスが在籍確認なしで審査を行えないのは、貸金業法によって返済能力調査が義務化されているため
  • 審査時に勤務先へ電話がかかってくることを伝えておけば、申し込みがバレる可能性を抑えられる
  • プロミスが在籍確認を行うのは審査終盤で、確認方法は電話を使うのが基本となっている

目次

プロミスは在籍確認なしでは審査に通過できない

プロミスが在籍確認なしで審査を行えないのは、貸金業法によって返済能力の調査が義務付けられているためです。

貸金業法には、以下のような記載があります。

貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。

引用:貸金業法 第13条「返済能力の調査」

収入が少ない方に融資を提供してしまうと、途中で返済が滞ってしまう可能性があります。

借金問題を未然に防ぐために導入されているのが、返済能力の調査です。

また貸金業法が改正された現在は、どの貸金業者も審査時には返済能力の調査を必ず実施しなければいけません。

調査を行わない貸金業者は、行政処分の対象となります。

参考:金融庁 貸金業法の改正について

在籍確認なしでは、プロミスからキャッシングできません。

プロミスへの申し込みを考えている方は、よく認識しておいてください。

電話連絡に対応できない事情がある場合はプロミスコールへ連絡してみる

諸事情によって在籍確認の電話をとるのが難しい場合は、プロミスコールへ相談するべきです。

プロミスコールでは、カードローンの申し込みに関する相談や質問が行えます。

申込前に相談を行っておけば、それぞれの要望に対応してもらえる可能性があります。

ただし相談を行っても、すべての要望に対応できるわけではありません。

またプロミスコールは24時間利用できますが、一部時間帯は自動音声による対応となります。

オペレーターの方に直接相談したい場合は、事前に対応時間を把握しなければいけません。

オペレーターの方に直接相談を行う予定の方は、プロミスコールで対応時間を確認しておいてください。

プロミスの在籍確認を受ける際は電話が来る旨を会社の同僚へ連携しておく

プロミスは在籍確認なしでは審査を行えないので、勤務先にバレたくない場合に事前連絡しておきましょう。

在籍確認の電話は、申込者本人が必ず出る必要がないからです。

従業員の方が電話をとっても、以下のような返答が行われれば在籍確認は完了となります。

  • ○○は席を外しております
  • ○○は現在外出しております
  • ○○は現在接客中です
  • ○○は本日休んでおります

しかし電話に出た方が「○○というものはいません」などと答えた場合、審査は進められません。

在籍していることを証言してもらうためには、会社側への事前連絡が必要です。

また会社側に連絡を行う時は、どういった用件の電話か聞かれる場合があります。

電話内容を聞かれた際は、以下のような説明でごまかすのが自然です。

  • 先日クレジットカードを申し込んだので、その確認の電話だと思います。
  • 取引先の方から契約内容の確認に関する電話でした。

在籍確認の電話だとバレたくない方は、電話がかかってくる理由をしっかり考えておいてください。

時間によって電話連絡に対応できない場合は時間指定の相談をする

プロミスは在籍確認なしでは審査を受けられませんが、電話をかける時間帯は指定することが可能です。

在籍確認に関する質問や要望は、プロミスコールで受け付けています。

勤務先の営業時間に合わせて時間帯を指定しておけば、在籍確認を迅速に完了できるはずです。

ただし指定する時間帯によっては、要望に対応できない場合もあります。

特に深夜や早朝といった時間帯は営業時間外であるため、在籍確認を実施できない可能性が高いです。

プロミスコールで在籍確認の相談を行う方は、十分注意しておきましょう。

プロミスの在籍確認が実施されるタイミングは審査終盤

プロミスの在籍確認は、本審査が完了となる直前に実施されます。

申し込みから借入までの流れは、以下の通りです。

(1)申込者がプロミスにカードローンを申し込む

(2)申込完了後、本人確認書類と収入証明書を提出する

(3)プロミスで本審査が実施される

(4)本審査完了後、在籍確認が実施される

(5)審査結果を確認後、契約手続きを行う

(6)手続き完了後、プロミスから融資を受け取る

在籍確認は申請内容に問題がなく、本審査を無事通過できた場合に実施される場合が多いです。

そのため在籍確認の電話がくるということは、審査が順調に進んでいる証拠でもあります。

契約手続きを迅速に完了させたい方は、在籍確認に備えて準備を行っておきましょう。

ただし在籍確認の電話がきたからといって、審査通過が決まるわけではありません。

信用情報や申請内容によっては、在籍確認に対応できても審査で落ちる場合もあるようです。

これからプロミスに申し込みを行う方は、過信しすぎないように注意してください。

在籍確認の方法は職場への電話連絡で行われる

プロミスが在籍確認を行う際は原則、電話による在籍確認が行われます。

申請内容に記載されている勤務先へ電話をかけ、情報に誤りがないか確認するのが主な内容です。

ただしプロミスコールに事前相談を行うと、確認方法を変更してもらえる場合があります。

確認方法の変更を相談する際は、以下のような理由が必要です。

確認方法の変更を希望する時に有効な理由
  • 勤務先のプライバシー保護に関する規定が厳しく、電話の取り次ぎが難しい
  • 勤務先で私用目的に電話を使うことが禁止されている
  • 社内ルールで勤務先の電話番号を外部に伝えるのが禁じられている

最近はプライバシー保護の観点から、社内ルールを厳格化する企業も増えています。

相談時に対応できない理由を説明できれば、確認方法を変更してもらえるかもしれません。

ただし相談を行ったとしても、確実に対応してもらえるわけではありません。

通常通り電話での連絡が行われる場合もあるので、相談を行う際は気をつけておいてください。

プロミスの在籍確認の電話は会社名でかかってこない

プロミスが在籍確認を行う際は、電話相手には会社名ではなく個人名を名乗るのが基本です。

公式サイトの質問ページにも、「在籍確認を行う際は個人名で電話をかける」と明記されています。

そのため申込者以外の方が電話をとっても、取引先からの電話だと認識される場合が多いです。

またプロミスでは、電話の発信元を非通知に設定しています。

在籍確認に対応した方が折り返し電話をかけても、プロミスに電話がくることはありません。

「従業員が間違えて電話をかけないか心配」という方も、安心して申し込みできます。

プロミスの在籍確認に対応する際の注意点3つ

プロミスの在籍確認を受ける時は、在籍確認を無事完了させることが最も大切です。

在籍確認が完了しない限り、審査を通過することはできません。

これからプロミスで在籍確認を受ける方は、以下の3点に注意してください。

  • 派遣社員は他の雇用形態とは連絡先が異なる
  • 申請内容に嘘の情報を書くと審査落ちとなる可能性が高い
  • 在籍確認の電話は土日祝日など関係なく実施される

プロミスは安定した収入さえあれば、派遣社員やフリーターの方でも申し込みできます。

しかし雇用形態によっては連絡先が異なる場合もあるため、申し込みの際は注意が必要です。

またカードローンを契約する際は、申請内容に誤りがないかよく確認する必要があります。

申請情報に間違いがあると修正に時間がかかったり、審査で落とされてしまう可能性が高いです。

ここではそれぞれの注意点について詳しく解説します。

派遣社員として働く方は派遣元の会社を連絡先に指定する必要がある

派遣社員の方がプロミスを申し込む時は、派遣会社の電話番号を連絡先に記入しておく必要があります。

派遣社員は派遣元の会社と雇用契約を行い、派遣先の会社で業務を実施する雇用形態です。

そのため人によっては、どちらの電話番号を記入すればいいのか迷ってしまう場合があります。

派遣社員の方が在籍確認を受ける際は、連絡先を以下のように記入するのが適切です。

  • 主な連絡先⇒派遣会社の電話番号
  • 緊急連絡先⇒派遣されている会社の電話番号

派遣社員は派遣会社と雇用契約を行っているため、派遣先の会社には所属していない形式になります。

そのため企業によっては、派遣先の会社が派遣社員の存在を認知していない場合もあるようです。

間違えて派遣先の電話番号を記入すると、「そのような物は在籍しておりません」と返答されるかもしれません。

派遣社員として働く方は、連絡先の電話番号を入れ間違えないように注意してください。

申請内容に嘘の情報があると審査落ちとなる可能性が高い

在籍確認に不安を感じたとしても、申請内容に嘘の情報を入力するのは厳禁です。

プロミスに申し込みを行う方の中には、申請内容に事実とは異なる情報を書いてしまう方がいます。

しかしカードローン審査を行う時は、信用情報機関で信用情報を確認するのが当然です。

申請内容に嘘の情報を書いても、信用情報を確認すれば嘘だとすぐにバレてしまいます。

もちろん嘘の情報が書いてあるとバレた場合、審査は通過できません。

プロミスの公式サイトにも、「申込内容と審査時の内容が相違していた場合は契約できないことがある」と明記されています。

    在籍確認を避けるために、存在しない会社の電話番号を連絡先として登録するのも禁止です。

    カードローンの申請内容に嘘の情報を記入するのは、詐欺に該当する危険性があります。

    これからプロミスに申し込みを行う方は、正直に申請内容を記入するようにしてください。

    プロミスは土日祝でも関係なく在籍確認が実施される

    土日祝日にプロミスで即日融資を受けたい時は、勤務先の営業時間を事前に確認しておきましょう。

    プロミスの在籍確認は平日だけでなく、土日祝日でも対応可能です。

    しかし会社によっては、土日祝日を定休日に指定している場合があります。

    土日祝日にプロミスを申し込んでも、勤務先が休みでは在籍確認は完了できません。

    当然、融資の受け取りも翌日以降に回されてしまいます。

    どうしても土日祝日に融資を受けたいという方は、プロミスコールに相談してみてください。

    オペレーターの方に相談を行えば、有効な対策を教えてもらえるかもしれません。

    プロミスの利用を気づかれたくない方は郵送物と来店なしのWeb申込を利用する

    家族や会社には内緒でプロミスと契約したい時は、Web申込を利用しましょう。

    Web申込とはスマホ・PCを利用し、ネット上で手続きを行う申込方法です。

    店舗や自動契約機に行く必要がないため、手続きにかかる時間を最小限に抑えられます。

    ネット上で会員サービスを利用すれば、銀行口座への直接送金も可能です。

    またWeb申込には、以下のような利点があります。

    • 迅速に手続きを完了させれば最短30分で融資が受け取れる
    • スマホのカメラ機能で本人確認書類・収入証明書の提出が可能

    大手消費者金融の中で、最短30分で融資を受け取れるのはプロミスだけです。

    必要書類も迅速に提出できるため、申し込む時間帯によっては夜間でも即日融資が受けられます。

    同僚や家族に申し込む姿を目撃される心配もありません。

    ここではWeb申込で申請を行う時の手順や、提出する書類などについて解説します。

    プロミスのWeb申込は手順が少なく最短30分で借入可能

    プロミスのWeb申込は、4つの手順にあわせて手続きを進めていきます。

    申込時の流れは、以下の通りです。

    (1)スマホもしくはPCからカードローンの申し込みを行う

    (2)必要書類を提出し、審査結果のお知らせが届くまで待つ

    (3)審査結果確認後、契約手続きを行う

    (4)契約手続き完了後、振込キャッシングで融資を受け取る

    Web申込はローンカードの発行を希望しなければ、郵送物の発送はありません。

    返済・借入などの取引は、プロミスインターネット会員サービスで行えます。

    ただしローンカードなしで借入を行うには、契約手続きの際に本人確認を行う必要があります。

    本人確認は金融機関口座、もしくはアプリで対応可能です。

    カードレス取引を希望する方は、契約手続きの際に本人確認を完了させておきましょう。

    Web申込なら本人確認書類や収入証明書が画像で提出できる

    プロミスのWeb申込は、スマホ1台で本人確認書類・収入証明書を提出できます。

    提出方法はスマホで必要書類を撮影し、アプリもしくはWebで撮った画像を送信するだけです。

    自動契約機に行く必要もない上、書類をどこかに置き忘れる心配もありません。

    ただし本人確認の方法ごとに、提出する書類はそれぞれ異なります。

    各方法が指定する本人確認書類は、以下の通りです。

    金融機関口座で本人確認を行う際に必要な書類
    • 運転免許証
    • 健康保険証
    • パスポート
      (2020年2月3日以前に申請し発行されたもので、住所欄に現在の自宅住所が記載されているもの)
    • マイナンバーカード(通知カード不可)
    • 在留カード / 特別永住者証明書
    • 住民基本台帳カード
    アプリで本人確認を行う際に必要な書類
    • 運転免許証
    • 在留カード
    • マイナンバーカード

        ちなみにマイナンバーカードを提出する場合は、個人番号が見えないように加工する必要があります。

        健康保険証を提出する際は記号と番号、保険者番号・QRコード部分の加工が必要です。

        また、以下の場合には収入証明書類の提出が必要です。

        • 50万円以上の借入を希望する場合借入金額の合計が100万円を超える場合(他社での借入も含む)

        収入証明書類として使えるのは、以下の5つです。

        • 源泉徴収票
        • 確定申告書
        • 税額通知書
        • 所得(課税)証明書
        • 給与明細書(直近2ヶ月分) + 賞与明細書(直近1年分)

        ただし申込時に提出する書類は、すべて最新のものでなければいけません。

        これからプロミスに申し込みを行う方は、書類の日付をよく確認しておいてください。

        プロミス以外の消費者金融であれば職場連絡を回避できる可能性はある

        プロミス以外の消費者金融も、在籍確認なしで審査を受けることはできません。

        ただし在籍確認の方法を電話以外に変更できるのは、プロミス以外にも存在します。

        確認方法を変更できる可能性があるのは、以下の消費者金融です。

        • Web完結申込なら電話連絡なしで申請できる「SMBCモビット」
        • 申込時に自宅・勤務先への電話連絡は原則行っていない「アイフル」

        SMBCモビットはWeb完結で申し込むと、在籍確認を書類提出で実施してもらえる場合があります。

        Web完結で申請するには特定の条件が必要ですが、手続き時間も最小限に抑えることが可能です。

        アイフルは原則、自宅・勤務先への電話連絡なしでカードローンを申し込めます。

        初回契約時は30日間無利息サービスが利用できるため、返済時の利息を節約したい方にもおすすめです。

        ここでは上記2社の消費者金融について詳しく解説していきます。

        SMBCモビットはWEB完結で申し込むと書類提出による代替確認を実施できる

        SMBCモビットはWeb完結申込を選択した場合のみ、電話連絡なしで申し込みできる消費者金融です。

        在籍確認は基本的に電話で行われますが、SMBCモビットでは書類提出による代替確認が用意されています。

        申し込みの際に窓口で相談を行っておけば、電話連絡を回避できるかもしれません。

        ただしWEB完結で申し込みできるのは、以下の条件を満たした方だけとなります。

        • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
        • 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証を持っている

        書類提出で在籍確認を完了させたい方は、条件がすべて満たせているかよく確認しておいてください。

        またSMBCモビットは希望連絡先を携帯に指定しておくと、携帯へ連絡してもらうことが可能です

        審査時に勤務先へ電話をかけないでほしい場合は、連絡先を事前に指定しておきましょう。

        アイフルは原則として自宅・職場への電話連絡を行っていない

        アイフルでは原則、カードローン申込時に自宅・職場への電話連絡を行っていません。

        公式サイトの質問ページにも、「原則として審査時に自宅・勤務先への連絡は行っていません」と明記されています。

        カードローンの利用が会社にバレないか心配な方も、安心して申し込むことが可能です。

        またアイフルはスマホアプリを使うと、原則24時間いつでも取引が行えます。

        セブン銀行・ローソン銀行ATMでアプリを使用すれば、ローンカードの発行も必要ありません。

        スマホ画面を見られても安心できるよう、アプリのアイコンは4つのデザインに変更できます。

        アプリでの借入を検討している方は。ぜひ申し込みを検討してみてください。

        在籍確認なしで借入したい場合でも違法な貸金業者を利用してはいけない

        ネット上で「在籍確認なしで契約OK」などとうたっている貸金業者は、確実に闇金です。

        闇金などの違法業者は、年20%以上の法外な金利で貸付を行っています。

        一度でもお金を借りてしまうと、高額な利息や手数料を請求されるため非常に危険です。

        また違法業者は借金の督促を行う際、強引な取り立てを行ってきます。

        自宅に押しかけたり勤務先に脅迫めいた電話をかけるため、家族や会社にバレる確率も高いです。

        闇金からお金を借りたことで、家族・友人との人間関係が崩壊する場合もあります。

        どれだけお金に困っていても、闇金などの違法業者からお金を借りるのは止めましょう。

        金融庁より登録されている正規のカードローンは「在籍確認なし!」と宣伝できない

        貸金業者は貸金業法によって、「在籍確認なし」などの誇大広告を使用するのが禁止されています。

        誇大広告とは、簡単にお金を借りることができると思わせるような説明または表示のことです。

        「在籍確認なし」などの広告を使用した貸金業者には、罰則が科せられます。

        参考:広告審査に係る審査基準(案)

        正規の貸金業者であれば、簡単に借入できるといった内容の広告を掲げることはありません。

        そのような広告を掲載しているのは、闇金などの違法業者だけです。

        ネット上で「在籍確認なし」などの広告を見つけても、申し込むのは絶対に避けてください。

        まとめ

        プロミスが在籍確認なしで審査を行えない理由について解説しましたが、いかがでしたか?

        プロミスは貸金業法に従って審査を行っているため、審査時には在籍確認が必須です。

        ただし申込前にプロミスコールで相談を行うと、在籍確認の確認方法を変更できる可能性があります。

        またプロミスは事前相談によって、在籍確認の実施時間を指定することも可能です。

        勤務先に自分宛の電話がくると連絡しておけば、バレる可能性は最小限に抑えられます。

        「会社や家族には内緒でプロミスからお金を借りたい」と考えている方は、ここで解説した対処法をうまく活用してください。