お金が欲しい時の解決策

お金が欲しい状況は、人によって異なるでしょう。

「今すぐお金が欲しい!」「長期的にお金が必要」など状況は様々です。

結論から言うと、お金が欲しい時の解決策はお金を用意できる期間で選びましょう。

今すぐお金が欲しい場合は、今日中に調達できる方法を選びましょう。

当記事では、お金が用意できる期間ごとにおすすめの方法を紹介します。

また、お金が欲しい社会人や学生の方でも利用できる手段も解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

お金が欲しい状況 解決策 用意できるまでの時間
今すぐお金が欲しい ブランド品を売買できる質屋を利用する 最短1時間
利息を抑えたい 30日間利息0円の金融機関を利用する 最短30分
長期的にお金が欲しい 転職や副業を検討する 1ヶ月〜3ヶ月
無職で働けない 国が提供する融資制度を利用する 1週間〜1ヶ月

目次

今すぐお金が欲しいときに選んだ方法に関する調査結果

当記事では資金調達を行った人に対して、お金が欲しい状況下で選んだ解決策を調査しました。

アンケート結果は、以下の通りです。

お金が欲しい人の意識調査結果

アンケートに答えた人の約42%は、当日中にお金が用意できる解決策を選んでいます。

即日でお金を用意するなら、即日バイトの利用がおすすめです。

面接不要で利用できる場合や、働いた当日で給料を受け取れる可能性があるからです。

また借りる方法で利息を抑えたい方は、消費者金融カードローンも選択肢の一つです。

大手消費者金融はWEB申込に対応しており、最短30分で審査結果を確認できます。

カードローンによっては、最短30分でお金を借りられるサービスもあります。

また大手の消費者金融は初めて利用する場合、30日間利息0円での借り入れが可能です。

サービス期間内に融資を完済できれば、利息を支払う必要はありません。

即日融資に対応できて利息も安く抑えられる解決策を探している人は、ぜひ利用を検討してみてください。

アンケート調査について
調査内容 お金が欲しい時の解決策の選び方は?
調査期間 2021年5月1日〜2021年7月31日
調査人数 500人
調査方法 ランサーズ

今すぐお金が欲しい時におすすめの方法

今すぐお金が欲しい時は、当日中に現金が用意できる方法を活用しましょう。

当日中に資金を調達したい時は、以下の方法を利用するのがおすすめです。

お金を集める方法 入手できる資金の額 資金調達にかかる時間
質屋でお金を借りる 1~5万円程 最短で1時間程
消費者金融カードローンでお金を借りる 1~50万円程 最短で1時間程
即日払いのアルバイトでお金を稼ぐ 9,000円~1万円程 最短で4~5時間程
リサイクルショップで不用なものを売る 5,000円~1万円程 最短で1時間程
生命保険の契約者貸付制度を利用する 解約返戻金の7~8割 最短で1時間程

※1 未成年は利用不可
※2 未成年は保護者の同意が必要

質屋での借入はブランド品など、価値が高い品物を持っている人に適した方法です。

消費者金融カードローンは迅速に手続きが完了すれば、最短60分程でお金を借りれます。

即日払いのアルバイトは、1日だけ働いてお金を稼ぎたい時におすすめな方法です。

リサイクルショップは不用品を売って、生活に必要なお金を集められます。

契約者貸付制度は審査なしで契約できるうえ、借入時に保険を解約する必要もありません。

ここではそれぞれの方法について詳しく解説していきます。

質屋はブランド品や貴金属などを担保にお金が借りられる

金融機関での借入以外の方法でお金が欲しい場合は、質屋の利用を検討しましょう。

質屋は品物を担保として預かる代わりに、品物の査定額に応じたお金を貸してくれる店舗です。

ブランド品や貴金属などの品物を担保に出せば、まとまった額のお金を確保できます。

調達できる資金の平均額 1~5万円程(担保となる品物の価値や状態によって異なる)
資金調達にかかる時間 最短60分程(店舗によって異なる)
実践する際に必要な条件 ・担保として預けられる品物を持っている人
・年齢が満20歳以上の人
スマホからの申請 ×

またカードローンと違い、質屋は審査なしでお金を貸してくれます。

学生や専業主婦として生活している人も、担保さえあればいつでも借入可能です。

ただし受け取った融資を完済できなかった場合、担保となった品物は売却されてしまいます。

品物を預けておける期間は店舗ごとに異なりますが、平均日数は約3ヵ月です。

大切な品物を質屋に預ける場合は、期限内にお金をすべて返済できるよう対応してください。

消費者金融カードローンは初めて契約する場合30日間利息0円で借りられる

今すぐお金が欲しいという人には、消費者金融カードローンがおすすめです。

初めて利用する場合は、30日間利息0円で融資を受けられます。さらに融資時間は最短30分です。

また一部のカードローンは公式サイトや会員ページ、アプリからの申し込みにも対応可能です。

スマホもしくはPCさえ持っていれば、どんな場所からでも自由にカードローンを申し込めます。

調達できる資金の平均額 1~50万円程(上限額は申込者の年収1/3まで)
資金調達にかかる時間 最短で1時間程(消費者金融ごとに異なる)
実践する際に必要な条件 ・自身に定期的かつ安定した収入がある人
・年齢が満20歳以上の人
・各消費者金融の申込条件を満たす人
スマホからの申請 〇(一部消費者金融を除く)

さらに消費者金融カードローンは、申込時に担保を用意する必要がありません。

申込条件さえ満たしていれば、学生や主婦でも申請可能です。

ただし消費者金融から借りたお金を返済する時は、借入期間に応じた利息が加算されます。

融資の返済が長引いてしまうと、高額な利息を請求されてしまう可能性が高いです。

なるべく利息を最小限に抑えたい場合は、短期間での完済を心掛けてください。

即日払いのアルバイトは働いたその日に給料を受け取れる

資金不足で悩む人の中には、「翌日までにお金が欲しい」と考えている人もいるはずです。

お金の用意まで1日猶予がある場合は、即日払いのアルバイトでお金を稼ぎましょう。

即日払いのアルバイトは1日のみ働き、業務終了時に手渡しで給料を受け取れる仕事です。

土木関連やイベント系など、募集する企業ごとにさまざまな内容の仕事が存在しています。

自身の予定に合わせて仕事を選べるのが、即日払いアルバイトの良い点です。

調達できる資金の平均額 9,000円~1万円程(仕事によって異なる)
資金調達にかかる時間 最短で4~5時間程(業務内容によって異なる)
実践する際に必要な条件 ・各企業が定める応募条件を満たしている人
・年齢が満18歳以上の人
スマホからの申請 ×

また即日払いのアルバイトは、きちんと時間通り働けばお金を確実に入手できます。

複数のバイトをかけ持ちすれば、高額な収入を得ることも可能です。

ただし給料が支払われるのは、勤務終了後になります。

少なくとも4~5時間は働くことになるため、短時間でお金を確保したい方には向いていません。

リサイクルショップは使わなくなった不用品を売買できる

自宅に普段使っていない家電や家具などがある人は、リサイクルショップで一度査定してもらいましょう。

リサイクルショップは全国各地に店舗が存在するため、誰でも気軽に利用できます。

手続きも最短1時間程で完了するため、早くお金が欲しい時に役立つ方法です。

一部の店舗では出張買取が実施されており、連絡すれば自宅まで品物を引き取りに来てもらえます。

調達できる資金の平均額 5,000円~1万円程(売却する品物によって異なる)
資金調達にかかる時間 最短で1時間程(持ち込む品物の数によって異なる)
実践する際に必要な条件 ・年齢が満18歳以上の人(未成年の場合は保護者の同意が必要)
スマホからの申請 〇(店舗によっては対応できない場合もある)

またリサイクルショップは質屋に比べて、取り扱っている品物の種類が豊富です。

質屋では買取できない品物も、リサイクルショップでなら引き取ってもらえる可能性があります。

しかし買取金額は、持ち込む品物の価値や数に応じて変動するため注意が必要です。

売却する品物の価値や数が少ないと、必要な額の資金を調達できないケースがあります。

リサイクルショップで不用品を売る時は十分な資金が確保できるよう、不用品をなるべく多く提出してください。

契約者貸付制度は解約返戻金を担保に保険会社から借入できる

生命保険などに加入している人は、契約者貸付制度の利用も検討しておいてください。

契約者貸付制度とは契約している保険の解約返戻金を担保に、保険会社からお金を借りれる制度です。

借入できる金額は解約返戻金の7~8割までとなっており、制度を利用しても保険は適用され続けます。

「今すぐお金が必要だけど、加入中の保険は解約したくない」という人におすすめな方法です。

調達できる資金の平均額 解約返戻金の7~8割にあたる金額(保険によって異なる)
資金調達にかかる時間 最短で1時間程(保険会社によって異なる)
実践する際に必要な条件 ・保険を現在契約中の人
スマホからの申請 ×

契約者貸付制度は審査なしで利用でき、平均金利は2~6%に設定されています。

カードローンより低い金利で借入できるので、返済時の利息も安く抑えることが可能です。

ただし制度で借りたお金は、のちに保険会社へ返さなければなりません。

借入残高が解約返戻金を上回った場合、保険は強制的に解約されてしまいます。

契約者貸付制度でお金を借りる時は、早期返済を心掛けましょう。

1週間以内にお金が欲しい時におすすめの方法

お金が欲しい人の中には、お金を用意するまで1週間程猶予がある人もいるでしょう。

1週間以内にお金が必要だという人は、以下の方法も確認しておいてください。

お金を集める方法 入手できる資金の額 資金調達にかかる時間
銀行カードローンでお金を借りる 10万円程 最短で2~3日程
クレジットカードのキャッシング枠を利用する 1~10万円程 最短で1週間程
国の融資制度を利用する 10万円程 最短で1週間程

※未成年は利用不可

銀行カードローンは審査に時間がかかるため、お金を用意するまでには最短でも2~3日かかります。

銀行によっては1週間以上かかるケースもあるので、申し込みは早めに行っておくのが最善です。

キャッシング枠が付帯されたクレジットカードは、カードローンのようにお金が借りれます。

キャッシング枠の申請には1週間程かかりますが、一度付帯しておけばいつでも利用可能です。

国が提供している融資制度の大半は、申請から貸付までには最短でも1ヵ月程かかります。

しかし一部の制度は迅速に手続きを行えば、最短1週間程で融資の受け取りが可能です。

ここではそれぞれの方法について詳しく解説します。

銀行カードローンは金利を抑えての借り入れが可能

「1週間以内にお金が必要だけど手続きは早く終わらせたい」という人には、銀行カードローンがおすすめです。

銀行カードローンは基本、申し込みから1週間以内には審査結果を確認できます。

迅速に手続きを完了できれば、最短2~3日程で融資の受け取りが可能です。

適用金利も消費者金融より低く設定されているため、長期間の借入にも向いています。

調達できる資金の平均額 10万円程(銀行によって異なる)
資金調達にかかる時間 最短2~3日程(銀行によって異なる)
実践する際に必要な条件 ・各銀行の申込条件を満たしている人
・年齢が満20以上の人
スマホからの申請 〇(一部銀行を除く)

また銀行カードローンの約定返済額は、平均で2,000円~3,000円程です。

収入が少ない人も無理のない範囲で、融資の返済を続けられます。

ただし、審査時間は各銀行ごとに異なるため注意が必要です。

申し込む時期や時間帯によっては、審査結果が届くまで1週間以上かかるケースもあります。

申し込みを検討している人は公式サイトを確認し、審査にどれくらいの時間がかかるか確認しておいてください。

クレジットカードのキャッシング枠は設定すればいつでも利用できる

普段の生活でクレジットカードを利用している人は、キャッシング枠の申請も検討してみてください。

キャッシング枠を設定しておくと、クレジットカードを使って銀行・コンビニATMからお金が借りれます。

カード発行時にキャッシング枠を設定しておけば、いつでも審査なしで借入可能です。

一部のクレジットカードは、ネットキャッシングにも対応しています。

スマホやPCから申請できるため、融資を直接口座へ送金したい時にとても便利です。

調達できる資金の平均額 10万円程(クレジットカードによって異なる)
資金調達にかかる時間 最短1週間程(クレジット会社によって異なる)
実践する際に必要な条件 ・クレジットカードを所有している人
・自身に定期的かつ安定した収入がある人
スマホからの申請 〇(クレジット会社によって異なる)

またクレジットカードによるキャッシングは、海外でも利用できます。

旅行中に現金が不足してしまっても、近くのATMでいつでも借入可能です。

ただしキャッシングを利用すると、クレジットカードのショッピング枠はその分だけ減ってしまいます。

限度額いっぱいまでお金を借りると、一時的にカードの利用を制限されてしまう可能性が高いです。

クレジットカードでキャッシングを行う時は、お金の借り過ぎに気をつけましょう。

失業などで働けない方は国の融資制度を利用する

「お金は欲しいが現在失業中で収入がまったくない」という人は、国の融資制度を申し込んでみましょう。

国は生活が困窮している人に対して、生活福祉資金貸付制度を提供しています。

生活福祉資金貸付は4つの種類に分けられており、利用用途は以下の通りです。

  • 総合支援資金・・・生活費や住宅の入居費用、就職に必要な資金が不足した時などに申請可能
  • 福祉資金・・・病気の療養や障害者サービスの導入にかかる費用、緊急かつ一時的に生活費が不足してしまった時などに申請可能
  • 教育支援資金・・・子供の入学費や授業料が不足した時などに申請可能
  • 不動産担保型生活資金・・・低所得者の高齢者世帯で生活費が不足した時などに申請可能

どの制度も原則的には連帯保証人が必要ですが、保証人なしでも貸付可能です。

保証人を立てれば、無利子でお金を借りれます。

調達できる資金の平均額 10万円程(資金によって異なる)
資金調達にかかる時間 最短1週間程(緊急小口資金の場合)
実践する際に必要な条件 ・低所得者世帯、障害者世帯、高齢者世帯のいずれかで生活している人
スマホからの申請 ×

また生活福祉資金貸付制度の「緊急小口資金」なら、迅速に手続きを行うと最短1週間程で融資を受け取れます。

保証人を用意する必要もないため、誰でも気軽に申請可能です。

ただし生活福祉資金貸付制度の貸付対象となるのは、以下の世帯に住む人だけとなっています。

  • 低所得者世帯:生活に必要な資金を他から借りれない世帯(市町村民税非課税程度)
  • 障害者世帯:身体障碍者手帳などの交付を受けた人が住む世帯
  • 高齢者世帯:65歳以上の高齢者が生活する世帯

貸付条件もそれぞれの資金ごとに異なるため、申請時は注意が必要です。

これから生活福祉資金貸付制度を申請する人は、条件内容をよく確認しておいてください。

1か月以上で長期的にお金が欲しい時におすすめの方法

長期的にお金が欲しい場合は、1ヵ月以上継続して資金調達できる方法を利用しましょう。

消費者金融や銀行カードローンは、短期間でお金を調達できる方法です。

しかし入手できるお金は一時的なものであり、継続して資金を集めることはできません。

長期的にお金を集められるのは、以下の方法です。

お金を集める方法 入手できる資金の額 資金調達にかかる時間
副業 1~10万円程 最短で1ヵ月程
転職 10~100万円程 最短で1ヵ月程
治験アルバイト 10万円程 最短で1ヵ月程

副業は日常生活の空いた時間に内職や短期バイトを行い、お金を集める方法です。

簡単な内容の仕事が多いため、主婦や学生として生活する人も気軽に始められます。

転職は現在の会社から別の会社へ移ることで、収入アップを試みる方法です。

無事に転職が成功すれば、今後の月収を大幅に増やせる可能性があります。

治験アルバイトは、試作段階の薬を服用する代わりに謝礼金がもらえる方法です。

基本的に病院から提供される薬を服用するだけで良いため、働く必要は一切ありません。

ここではそれぞれの方法について詳しく解説します。

副業はクラウドソーシングサービスなどを利用して空いた時間でお金が稼げる

本業の収入以外でお金が欲しい場合は、副業で稼ぐの選択肢の一つです。

現在ネット上には、さまざまな求人サイトが存在しています。

勤務時間が短い仕事も多数紹介されているため、短時間しか勤務できない人でも気軽に応募可能です。

調達できる資金の平均額 1~10万円程(仕事によって異なる)
資金調達にかかる時間 最短1ヵ月程(仕事によって異なる)
実践する際に必要な条件 ・各企業の応募条件を満たす人
スマホからの申請 ×(仕事によって異なる)

また禁煙は多くの企業が、副業の実施を承認するようになっています。

正社員として働いている人も、許可が得られればいつでも副業を始めることが可能です。

ただし企業によっては、いまだに副業が禁止されている場合もあります。

副業禁止を知っているうえで副業に手を出すと、重大なペナルティを受ける危険性が高いです。

これから副業を始める人は、事前に社内ルールで副業が許可されているか確認しておいてください。

転職は今の待遇を改善したい場合の選択肢の一つ

今の仕事では十分な生活費が得られない人は、転職も一度検討しておくべきです。

現在の仕事より待遇が良い仕事へ転職できれば、今後の収入を大幅に増やせる可能性があります。

また転職は職場環境の改善や、新しい知識やスキルの獲得を行うのにも有効です。

自身の成長に必要な要素を獲得することで、キャリアアップが図れます。

調達できる資金の平均額 1~10万円程(転職する仕事によって異なる)
資金調達にかかる時間 最短1ヵ月程(転職する仕事によって異なる)
実践する際に必要な条件 ・各企業の応募条件を満たす人
スマホからの申請 ×

ただし転職を行う際は、慎重に転職先の企業を選ばなければいけません。

企業情報をよく確認せずに転職すると、逆に収入を下げてしまう可能性があります。

実際に転職した人の中には、転職先の仕事内容や職場環境に不満を感じる人も多いようです。

転職を行う時は企業情報をよく確認し、自分の要望に合った会社を探してみましょう。

治験アルバイトは新薬などの被験者になる報酬として協力金が受け取れる

お金は必要だけど副業で働くのは無理という人は、治験アルバイトへの参加を検討しましょう。

治験アルバイトは試作中の薬やサプリなどを服用し、協力金が受け取れるボランティアの一種です。

入手できるお金の平均相場は1日あたり1~2万円程で、治験によっては1週間で10万円程獲得できるケースもあります。

それぞれの治験ごとに参加条件は異なっており、条件さえ満たせば誰でも参加可能です。

調達できる資金の平均額 10万円程(治験によって異なる)
資金調達にかかる時間 最短1ヵ月程(治験によって異なる)
実践する際に必要な条件 ・治験が定める参加条件を満たす人
スマホからの申請 ×

ただし治験中は、日常生活や食事などに一定の制限がかけられます。

入院タイプの治験は外出も制限されてしまうため、人によっては不自由さを感じるかもしれません。

治験アルバイトへの参加を考えている人は、行動が一部制限されるのをよく認識しておいてください。

属性別でお金が欲しい状況におすすめの方法

お金が欲しい場合は資金調達にかかる時間を考慮し、目的に合った方法を選ぶ必要があります。

ただし方法を選ぶ時は、自身の属性情報も参考にするべきです。

同じ「今すぐお金が欲しい」と考えている人でも、職業などの属性情報はそれぞれ違います。

自身の属性情報に合った方法を選んでおくと、必要な時期までにお金を用意できる可能性が高いです。

各属性ごとにおすすめの資金調達方法は、以下のように分けられます。

お金が必要な人の属性 おすすめの資金調達方法
社会人(サラリーマン、公務員など) 消費者金融、銀行カードローン、副業、即日払いバイト、転職
学生(大学生、専門学生など) 消費者金融、銀行カードローン、即日払いバイト
主婦 消費者金融、銀行カードローン、副業

特定の期日までにお金を用意する必要がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

社会人でお金が欲しいなら隙間時間で利用できる方法を選ぶ

社会人でお金が欲しい方は、休日や空いた時間に使える方法で資金を調達しましょう。

社会人は1日の大半を仕事に費やすため、資金調達に使える時間が少ないです。

社会人におすすめな方法は、以下の5つです。

社会人におすすめなお金の集め方
  • 消費者金融
  • 銀行カードローン
  • 副業
  • 即日払いバイト
  • 転職

大半の消費者金融や銀行カードローンは、ネット申込に対応可能です。

休憩時間などに申し込みを行っておけば、手の空いた時間に資金を借入できます。

また隙間時間が3~4時間程ある人は、副業や即日払いバイトがおすすめです。

空いた時間を有効活用しながら、効率良くお金を稼げます。

仕事の待遇に不満がある場合は、転職を検討してみた方が良いかもしれません。

学生でお金が欲しいならスマホアプリからでも利用できる方法を選ぶ

お金が欲しい学生は、スマホアプリでお金を稼げる方法も検討してみましょう。

大学や専門学校などに通う学生は、学校と私生活の両立に苦労している傾向が強いです。

今の生活を維持するためにお金が欲しい時は、スマホ一つで実践できる資金調達方法を選びましょう。

学生におすすめな方法は、以下の3つです。

学生におすすめなお金の集め方
  • 消費者金融
  • 副業
  • 即日払いバイト

一部の消費者金融は、スマホアプリでの申し込みや借入にも対応できます。

アプリさえインストールしておけば、申請から借入までの手続きをネット上で完結可能です。

貸金業者からお金を借りるのが不安な場合は、副業もしくは即日払いバイトをおすすめします。

最近は在宅ワークの利用者が増えるにつれ、スマホだけで実践できる仕事が多数登場しました。

それぞれの要望や希望額に合わせて仕事を選べるので、非常に便利です。

主婦でお金を欲しいなら在宅でも利用できる方法を選ぶ

主婦の方でお金が欲しい場合は、自宅にいながら実践できる方法で資金を調達しましょう。

主婦は家事や育児に使う時間が長いため、外出する時間は自然と少なくなります。

主婦におすすめな方法は、以下の3つです。

主婦におすすめなお金の集め方
  • 消費者金融
  • 銀行カードローン
  • 副業

一部の消費者金融と銀行カードローンは、ネットバンキングに対応しています。

スマホやPCかを使い、ネット上で融資の借入・返済を自由に行うことが可能です。

自宅で仕事をして稼ぎたい場合は、在宅ワークを副業として始めてみてください。

最近はブログ作成など、専門知識がない人でも実践できる仕事がたくさん登場しています。

在宅ワークの経験が少ない人でも、気軽に挑戦できるはずです。

副業は日本国憲法第22条「職業選択の自由」により禁止されていない

お金が欲しい方で副業をして稼ごうと考えている人の中には、「会社員なら副業禁止?」と思っている方もいるでしょう。

しかし結論からいうと、企業側が理由もなく副業を禁止するのは憲法違反です。

日本国憲法の22条第1項「職業選択の自由」には、以下の文章が記載されています。

何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

引用:憲法22条に規定する職業選択の自由について

企業が社員の副業を禁止するのは、公共の福祉として認められない可能性が高いです。

会社側に実害が出ない限り、副業を行っても特に問題はないといえます。

ただし以下の理由に該当する場合は、副業を実施できません。

  • 副業を行うことで本業に悪影響が生じた場合
  • 本業と副業が競合関係にあたる場合

「副業を始めるようになって居眠りが多くなった」などの理由は、副業禁止の正当な理由として認められます。

副業を考えている人は、本業に悪影響が出ないよう十分注意してください。

公務員の場合は国家公務員法や地方公務員法により副業が禁止されている

基本的に、公務員は副業を実施してはいけません。

国家公務員法の103条には、以下のように副業を禁ずる文言が記載されています。

職員は、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない。

引用:国家公務員法

公務員は市民の個人情報を取り扱う職業であるため、強い守秘義務が求められる職業です。

副業を行うと、個人情報を漏洩させてしまうリスクがあります。

それに公務員は中立的な立場が求められる仕事であるため、特定の企業に利益を与える行為は行えません。

公務員として働く人は、副業禁止という事実をしっかり認識しておいてください。

今すぐお金が欲しい時でも利用してはいけない方法

今すぐお金が欲しい人は急いで資金を用意しようと、いろいろな方法に手を出してしまうケースが多いです。

しかし後先考えずに資金調達を行うと、のちに重大なトラブルをまねく可能性があります。

どんなに資金不足で困っていても、以下の方法には手を出さないでください。

  • 闇金
  • 個人間融資
  • 給与ファクタリング
  • クレジットカードの現金化
  • ギャンブル

ここでは利用してはいけない方法について詳しく解説します。

闇金は一度でも利用すると高額な利息や手数料を請求されてしまう

闇金は「貸金業法」という法律に従わず、法外な金利でお金を貸している違法業者です。

一度でもお金を借りると、高額な利息や手数料を請求されてしまいます。

また闇金は返済が少しでも滞ると、脅迫まがいの督促を行ってくる可能性が高いです。

自宅だけでなく勤務先や実家にも連絡がいくため、日常生活にも多大な悪影響が生じます。

たとえ必要なお金が少額であっても、闇金からは絶対に借りないでください。

個人間融資は貸金登録していないと貸金業法に抵触する

個人間融資とはインターネットで連絡を取り、個人同士で金銭の貸し借りを行うことです。

最近はいろいろなSNSやネット掲示板で、個人間融資を取り扱う業者が登場しています。

しかし、個人間融資のほとんどは登録を行っていない違法業者です。

利用すると闇金のように、高額な利息や手数料を請求されてしまいます。

場合によっては個人情報が流出したり、重大な犯罪に巻き込まれるケースもあるようです。

メールや電話で個人間融資の勧誘がきても、手を出すのは絶対に止めましょう。

給与ファクタリングは取引時に高額な手数料を請求されやすい

給与ファクタリングは給与の賃金債権を担保にすることで、業者からお金を借りるサービスです。

あまり聞きなれない言葉ですが、実はファクタリングも貸金業の一つに該当します。

そのため給与ファクタリングを取り扱う業者は、財務局長もしくは都道府県知事の登録が必要です。

しかし現在存在する給与ファクタリング業者の大半は、無許可の違法業者に該当します。

違法な給与ファクタリングの業者を、利用してはいけません。

高額な手数料を請求されたり、悪質な取り立てを受けたりする危険性が高いです。

ネット上で給与ファクタリング業者を見かけても、連絡をとるのは絶対に避けましょう。

クレジットカードの現金化は規約違反のためカードを使えなくなる可能性もある

クレジットカードの現金化とはクレジット払いで商品を購入した後、商品を売却して現金へと変える取引です。

基本的にクレジットカードで購入した商品を売却するのは、法律違反には該当しません。

しかし大半のクレジット会社は、利用規約でクレジットカードの現金化を禁止しています。

現金化した事実がクレジット会社にバレた場合、契約したカードは今後使えません。

内容によってはカードを強制解約され、料金の一括払いを請求されるリスクもあります。

今後もクレジットカードを使い続けたいのであれば、現金化に手を出すのは避けましょう。

ギャンブルは返済不可能な借金を背負う可能性もある

ギャンブルは娯楽の一つとして楽しむには問題ありませんが、お金を集める手段として使うのは絶対やめましょう。

競馬やパチンコなどのギャンブルはどれも勝率が低く、資金を調達できる可能性はほとんどありません。

お金を増やそうとしても、結果的には多額の資金を失ってしまうケースが多いです。

ギャンブルで負けたお金を取り戻そうとして、ギャンブル依存症となってしまう人も少なくありません。

今すぐお金が必要になっても、ギャンブルで資金を調達しようとは考えないでください。

お金が欲しい人はお金が手に入るまでに必要な時間で選ぶ

お金が必要な状況や本人属性などに分けておすすめの方法を解説しましたが、いかがでしたか?

お金が欲しい時は期日や自身の属性などを考慮し、状況に合った方法を選ぶことが大事です。

適切な方法を選んでおけば、必要な額のお金を用意できる可能性はうんと高くなります。

資金調達にかかる時間も最小限に抑えられるので、資金調達で失敗するリスクも削減可能です。

今すぐお金が必要だと考えている人は、それぞれの状況に合った方法を探してみてください。