みずほ銀行カードローンは在籍確認なしで借入できない

みずほ銀行カードローンで借入する際は在籍確認なしで契約したいと考えている方もいるかと思います。

結論からいうと、みずほ銀行カードローンは在籍確認なしで融資の契約ができません。

返済能力が低い人への貸し付けを禁止するために、在籍確認が義務付けられているからです。

みずほ銀行カードローンに関わらず、全てのカードローンの審査では在籍確認が必ず行われます。

当記事では、みずほ銀行カードローンの在籍確認の方法やいつ実施されるのかなどについて解説します。

借入先としてみずほ銀行カードローンを検討している方は参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • みずほ銀行カードローンは在籍確認なしで借入できない
  • みずほ銀行カードローンの在籍確認は電話連絡で行われる
  • みずほ銀行カードローンの在籍確認はプライバシーに配慮されている

みずほ銀行カードローンは在籍確認なしで融資を行っていない

みずほ銀行カードローンは在籍確認なしで融資を行っていません。

銀行カードローンは、多重債務の発生抑制のため審査体制を厳格化しました。

平成29年の取り組みにおいて、健全な消費者金融市場の形成に向けて審査がより強化されたことを発表しました。

信用情報機関の情報等を活用するなどして、自行・他行カードローン、貸金業者の貸付を勘案して返済能力等を確認するよう努める。

引用:銀行カードローンに関する全銀協の取組みについて

厳格化された結果、以下の基準が厳しく審査されるようになりました。

  • 安定し継続的な収入があること
  • 過去の借入やクレジットカードなどで長期延滞をしていないこと
  • 借入している金融機関の数や金額が多すぎないこと

在籍確認は「安定し継続的な収入があること」を確認する為に行われます。

返済能力が低い人への貸し付けは禁止されているからです。

そのため、みずほ銀行カードローンに関わらず在籍確認なしで借入できるカードローンはありません。

在籍確認は申込者の返済能力を確認するために行われる

在籍確認は、実際に勤務先の会社に在籍しているか確認するために行われています。

勤務先で働いているか確認することで、本人に安定した収入があるのか調査しています。

2017年に一般社団法人全国銀行協会から発せられた「銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ」で返済能力の把握を義務付けました。

年収証明書や自ら保有するお客さまの情報等によって、お客さまの収入状況や返済能力をより正確に把握することに努める。例えば、改正貸金業法上、自社で50万円超または他社借入を含めた総額で100万円超の貸出審査には年収証明書が必要とされていることにも留意する。

引用:一般社団法人全国銀行協会|銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ

全てのカードローン審査では申込者の返済能力調査が必須です。

カードローン会社は、審査の際に返済能力を確認する手段として在籍確認を実施しています。

そのため、みずほ銀行カードローンは在籍確認なしで借入できません。

みずほ銀行カードローンの在籍確認は電話連絡で行われる

在籍確認の方法は、「電話連絡」と「書類提出」の2種類です。

みずほ銀行カードローンでは、勤務先への在籍確認は原則電話連絡のみでしか行われていません。

電話連絡では、担当者が勤め先に電話して申込者が在籍しているかを尋ねます。

在籍しているかどうかの確認だけなので周りにばれる可能性は低いです。

担当者も個人名で名乗ったりするなど、プライバシーを配慮した電話連絡が行われるため周りにばれる心配はありません。

自分が電話を受けても、在籍していることが確認できれば在籍確認は終わります。

ただ在籍を確認できない時は、審査に進むことが出来ないので気を付けましょう。

職場への在籍確認が不安な方は、一度窓口に相談してみましょう。

みずほ銀行カードローン専門ダイヤルでは、申込に関する質問や相談を受け付けています。

やむを得ない場合や条件によっては、電話連絡以外で在籍確認をしてもらえる可能性があります。

審査申し込みをする前に店頭窓口へ行って在籍確認について相談しましょう。

在籍確認の電話連絡のタイミングは審査終了直前

みずほ銀行カードローンの在籍確認が行われるのは、審査の終了直前です。

審査の最終段階として、申込の内容と照らし合わせるために在籍確認が行われるからです。

在籍確認が完了しなければ、審査に進めないので気を付けましょう。

みずほ銀行カードローンは以下の流れで審査が行われます。

  • 申し込み
  • 審査
  • 審査結果の確認
  • 手続き
  • 契約完了
  • 利用

また銀行カードローンの場合、審査にかかる時間は最短でも翌営業日以降になります。

銀行法に則り、申込者を警察庁のデータベースに照合する必要があるため即日での審査はできません。

そのためみずほ銀行カードローンも在籍確認が行われ、審査の結果がわかるのは翌営業日以降になります。

ただ在籍確認は当日行われる可能性もあるので、事前に在籍確認の準備を行い申し込みしましょう。

在籍確認の電話がかかってくる連絡先

みずほ銀行カードローンの在籍確認は、記載した勤め先の電話番号に電話連絡されます。

在籍を証明してもらえないと審査に通らないため、誤った勤務先を入力しないように注意しましょう。

申込者には電話連絡をする前に在籍確認する旨を伝えるので、再度確認をしておくとより確実に在籍確認ができます。

加えて勤め先の営業時間内に在籍確認をできないと審査が進まないので、勤め先の営業時間内に申し込みをしましょう。

また、どうしても在籍確認の電話連絡で周りにばれないか不安な方は、会社の直通番号を記載しましょう。

直通番号を記載すると高確率で自分が取れるので周りにばれる心配はありません。

直通番号がない方は、部署や自分に近い席の電話番号を記載しましょう。

とくに会社用携帯でも問題ないので、自分が取りやすい電話番号を事前に調べておきましょう。

職種別に、在籍確認の電話がかかってくる連絡先を以下の表にまとめました。

申込者の属性 電話がかかってくる連絡先
会社員 勤務先の会社
出向している会社員 出向元の会社
※出向先の会社の電話番号を入力しないこと
派遣社員 派遣元の会社
※派遣先の会社の電話番号を入力しないこと
アルバイト・パート アルバイト・パートで勤務している場所
※本社の電話番号を入力しないこと
自営業・個人事業主 事務所の固定電話
※無い場合は個人の携帯電話番号、自宅の電話番号

在籍確認の電話連絡はプライバシーに配慮して行われる

在籍確認の電話連絡は、申込者のプライバシーに配慮して行われています。

そのため在籍確認の電話連絡が実施されても、周りに借入を気づかれる可能性は低いです。

具体的には以下の特徴があります。

  • 在籍確認の電話は担当者の個人名でかけらえる
  • 本人が電話に出られなくても在籍確認は完了する

在籍確認の電話は、担当者の個人名宛てに連絡します。

みずほ銀行カードローンとは名乗らないため、電話から借入が気づかれる可能性は低いです。

さらに電話番号も非通知で行われるので、検索してもみずほ銀行カードローンだとは分かりません。

また、申込者が不在で電話に出れなくても在籍確認は完了します。

在籍確認の目的は「申告された勤務先で、申込者が本当に働いているのかを確認すること」です。

そのため、電話に出た人が「今はいません」と答えるだけでも、在籍確認は完了します。

電話連絡に対応できない方は「みずほ銀行カードローン専用ダイヤル」へ相談する

みずほ銀行カードローンの電話連絡に対応できない事情がある方は専用ダイヤルへ相談してみましょう。

申込者の事情にによっては、在籍確認の方法を変更できる可能性があります。

具体的には、以下の状況に該当する方は相談してみるのも選択肢の一つです。

  • 夜間のみ営業している勤務先の方
  • リモートワークで社員が出社していない
  • 勤め先が休業している

他の方法で対応してもらえるかもしれません。

ただ在籍確認の方法は変更できても、在籍確認なしでは借入できません。

また電話連絡以外の方法で在籍確認する場合は、返済能力を証明できる書類が必要になる可能性があります。

具体的には以下の書類などが必要になります。

収入を証明できる書類 勤務実績を証明できる書類
源泉徴収票 保険証
所得証明書 勤務先証明書
確定申告書 給与明細書

事前に用意しておくことで審査を滞りなく行えるので、申し込む前に準備をしておきましょう。

みずほ銀行カードローンの在籍確認が行われる際の注意点

みずほ銀行カードローンの在籍確認が行われる際には、注意すべき点があります。

在籍確認を受ける際の注意点 対策
土日祝は休業日のため審査が行われる 電話連絡に対応できる平日に申し込みする
派遣社員の方は派遣元に電話連絡がくる 勤務先を申告する際は派遣元企業を記載する
アルバイトやパートでも在籍確認は必須 シフトを確認して電話に対応できる日に申込する

注意点を知らずに申し込みすると、在籍確認に対応できない場合があります。

在籍確認は申込者の返済能力調査のために必ず実施されます。

そのため、在籍確認が完了しない場合は審査が進みません。最悪の場合審査落ちする可能性もあります。

みずほ銀行カードローンからの借入を検討している方は在籍確認の注意点を確認しておきましょう。

みずほ銀行が休みの土日祝日には在籍確認が行われない

みずほ銀行カードローンは、土日・祝日には在籍確認が行われません。

休日にそもそも銀行が営業を行っていないためです。銀行は銀行法に則り営業日が定められています。

そのため、土日祝日にカードローンの申し込みを行っても在籍確認は週明けになります。

また、営業時間は9時~20時までなので、営業時間外に申し込んでも在籍確認はその場では行われません。

勤め先が夜勤や土日のみの営業の場合は、みずほ銀行カードローンの営業時間内に相談してみましょう。

やむを得ない場合は、書類の在籍確認が行われる可能性もあります。

このように土日ではなく、平日に申し込むと融資まで早く進むので計画的に申請をしましょう。

派遣社員の在籍確認は派遣元で行われる

派遣社員の在籍確認は派遣元で行われます。

そのため、派遣社員の方がみずほ銀行カードローンの申し込みを行う際は、派遣元の電話番号を申告しなければいけません。

派遣元とは、派遣社員の方を登録した会社です。

自分が「派遣元」で働いているのか「派遣先」で働いているのか確認しておきましょう。

また個人情報の観点から、在籍確認に応じていない派遣会社もあります。

在籍確認の電話に「お答えできません」と回答されてしまうと、審査がストップしてしまったり、通過できない可能性があります。

カードローンの申し込み前に、派遣元の電話担当の方に在籍確認への対応を確認しましょう。

対応が難しい場合は「みずほ銀行カードローン専門ダイヤル」に電話し、オペレーターに相談してください。

電話連絡での在籍確認から、書類での在籍確認に代わる可能性があります。

パートやアルバイトでも在籍確認が行われる

みずほ銀行カードローンでは、パートやアルバイトなどの方でも在籍確認が必ず行われます。

在籍確認は「継続した安定的な収入を得れているのか」を確認することが目的のため、どんな職業の方にも行われます。

パートやアルバイトの方も例外ではありません。

ただパートやアルバイトの人宛に個人的な電話がかかってくるケースは多くはないでしょう。

個人名でかけられる在籍確認の電話は疑われるかもしれません。

そのため、事前に在籍確認の電話があることを、職場の同僚に伝えておくほうがいいでしょう。

カードローンの申し込みを職場に知られたくない場合は「クレジットカードの在籍確認」と伝えておきましょう。

みずほ銀行カードローンの基本情報

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行が提供するカードローンサービスです。

みずほ銀行カードローンの基本情報は以下の通りです。

金利(実質年率) 2.0%〜14.0%
利用限度額 10 万円~800 万円(10 万円単位)
融資速度 最短2〜3営業日
借入可能なATM みずほ銀行ATM
E-net
ローソンATM
セブン銀行ATM
毎月の返済日 毎月10日
毎月の最小返済額 2,000円〜
取引期間 1年(契約成立日から1年後の応当日の属する月の10日)とし、1年ごとに審査・自動更新)
※銀行が特に認める場合を除き、満 70 歳以上での更新不可
担保・保証人 不要
保証会社 株式会社オリエントコーポレーション
申し込み条件 以下のすべての条件を満たす方
ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
安定かつ継続した収入の見込める方
保証会社の保証を受けられる方
※外国人の方は永住許可を受けていること
申し込み方法 Web
郵送(メールオーダー)
電話
店舗
資金用途 自由(ただし事業性資金は利用不可)

みずほ銀行カードローンは、WEB上で契約が完結できます。

さらに24時間申込受付しているため、来店する時間がない方でも利用可能です。

またみずほダイレクトにカードローン口座を登録すれば、パソコンやスマホから借入や返済ができます。

金利を抑えて借入したい方や、利便性で選びたい方はみずほ銀行カードローンがおすすめです。

在籍確認の電話連絡なしで借入するなら消費者金融を利用する

どうしても職場への在籍確認が不安な方は、大手消費者金融での借り入れも選択肢の一つとして考えておきましょう。

銀行カードローンは原則職場へ電話連絡での在籍確認が行われます。

しかし、大手消費者金融の中には原則書類での在籍確認を行う会社があります。

プロミスとSMBCモビットであれば、書類での在籍確認を希望できるので確認しておきましょう。

金融機関名 在籍確認方法
みずほ銀行カードローン 電話確認のみ
三井住友カードローン 電話連絡のみ
楽天銀行カードローン 電話連絡のみ
プロミス 審査内容によっては書類でも対応可能
SMBCモビット Web完結なら書類による在籍確認

プロミスは相談すれば書類による在籍確認に対応してもらえる

金利(実質年率) 4.5%〜17.8%
利用限度額 500万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短60分
無利息期間 30日間
Web完結

プロミスは、みずほ銀行カードローンと同じく原則電話による在籍確認を行います。

しかし、プロミスは職場への在籍確認の代わりに書類を提出することで在籍確認が完了する場合もあります。

職場への電話連絡が不安な方は、プロミスで借り入れを考えてみましょう。

もちろん、審査状況で職場へ在籍確認する必要があると判断された場合は、職場へ電話連絡が行われますので気を付けてください。

事前に相談窓口へ相談したうえで申し込みをしましょう。

在籍が証明できる以下のような書類を提出することで、在籍証明を完了できます。

  • 社員証
  • 保険証(社名入りのもの)
  • 収入証明書

SMBCモビットはWEB完結申込の利用で電話連絡なしで借入できる

金利(実質年率) 3.0%〜18.0%
利用限度額 800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
無利息期間
Web完結

SMBCモビットは、WEB完結申込を利用することで電話連絡なしで借り入れができます。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている方
  • 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証を持っている方

上記のいずれかの条件に当てはまる方は「WEB完結」で申し込みが可能です。

WEB完結では在籍確認などの電話連絡がなく、審査結果の通知などの連絡はすべてメールで送られてきます。

契約書やローンカードなどの郵送物もないため、郵便で家族にバレる心配もありません。

在籍確認が不安な方は、SMBCモビットのWEB完結での申し込みがオススメです。

まとめ

みずほ銀行カードローンで借り入れをするには、在籍確認なしで利用できません。

銀行カードローンの取り組みとして、審査を厳格化したため在籍確認が必須となったからです。

この在籍確認の一環として、職場への電話連絡で周りにばれないか不安な方が少なからずいます。

しかし在籍確認のタイミングや注意点を理解しておけば、不安になる必要はありません。

むしろ虚偽の申請や架空の連絡先の申告は、審査落ちの原因になりますので絶対にやめましょう。

落ち着いて在籍確認を行えば、周りにばれずに借り入れを利用できます。

審査申し込みをする前に、もう一度在籍確認を理解して申込みをしましょう。