メルペイスマートマネーの審査ではメルカリの利用実績も参照

メルペイスマートマネーは、株式会社メルカリの子会社メルペイが提供するローンサービスです。

初めてメルペイスマートマネーからお金を借りる際は、審査に不安を感じる方もいるかと思われます。

結論から言うと、メルペイスマートマネーの審査は甘くありません。

消費者金融と同じ、貸金業法に則り審査を行っているからです。返済能力が低い方への融資を行っていません。

しかしメルペイスマートマネーの審査は、他のカードローンと違いメルペイやメルカリの利用実績も確認しています。

普段から利用している方は、審査で優遇される可能性はあります。

当記事では、メルペイスマートマネーの審査基準や申込方法などについて解説します。

メルペイスマートマネーからお金を借りたい方は、ぜひ参考にしてください。

目次

メルペイスマートマネーの審査基準は「収入」「信用情報」「メルカリの利用実績」

メルペイスマートマネーの審査は、「安定した収入」「信用情報」「メルカリの利用実績」が重視されます。

働いていない無職の方や、支払い延滞などの金融事故がある場合は審査に通過することができません。

またメルペイスマートマネーは審査で「メルカリの利用実績」が確認されます。

つまり、普段からメルカリを利用している方は審査に良い影響を与える可能性があります。

この章では審査内容だけでなく、融資までの具体的な方法や借入金額などについて説明していきます。

この章でわかること
審査内容
申込方法
必要書類や借入金額

メルペイスマートマネーの利用を考えている方は、ぜひ読み進めてみてください。

メルペイスマートマネーの審査に通過するには「安定した収入」が必要

メルペイスマートマネーの審査は、消費者金融と同じ貸金業法に則り行われる為、返済能力の調査が必須になります。

返済能力を証明するためには「安定した収入」が必要です。

そのため無職やニートなど、収入がない方は返済能力がないと判断され、審査に通過することができません。

パートやアルバイトでも、継続して安定した収入がある場合は審査に通過することができます。

また貸金業法の「総量規制」により、年収の1/3以上の金額は借入できないと決まられています。

そのため、例えば年収が150万円の場合は、50万円をまでしか借入できないことになります。

メルペイスマートマネーの場合上限金額が20万円となっているため、総量規制以上の借入を受けてしまう可能性は低いでしょう。

しかしアルバイトやパートで収入が少ない方は、上限金額を超えてしまう可能性もあるため注意してください。

過去に金融事故や延滞履歴など信用情報に傷がある方は審査通過は難しい

メルペイスマートマネーの審査では、申込者の「信用情報」も確認されます。

信用情報とは、クレジットカードの支払い履歴や延滞履歴など、支払いに関する履歴を指します。

信用情報に延滞などの悪い履歴が残っている場合、審査に落ちてしまいます。

また、カードローンなどの貸金業者への申込み履歴も信用情報に残ります。

そのため複数社に同時申込している場合も、返済能力がないと判断され審査に落ちる可能性が上がります。

信用情報はCIC、JICCなどの個人信用情報機関で確認できます。

自分の信用情報に不安がある方は、一度確認してみてください。

メルペイスマートマネーの審査にはメルカリの利用実績が参照される

メルカリスマートマネーは審査に「メルカリの利用実績」が大きく影響します。

収入や信用情報に加え、メルカリの販売実績や利用頻度を確認されます。

メルカリをよく利用しており、商品の売れ行きがよかったり、多くの商品を出品している場合、審査や金利などで優遇措置を受けることができます。

反対にメルカリをあまり利用していない場合、判断材料がすくないため審査通過率が下がる可能性があります。

メルペイスマートマネーの審査を有利にしたいのなら、普段からメルカリを利用しておくといいですね。

メルペイスマートマネーの審査を受ける時に必要な2つの条件

メルペイスマートマネーの審査を受けるためには、以下の2つの条件を満たす必要があります。

  • メルカリ内に引き落とし用の銀行口座が登録されている
  • 本人確認手続きが完了している

条件を満たしていないと、メルペイスマートマネーの審査を受けられなかったり、審査が正常に行われない可能性があります。

特に本人確認においては時間がかかることがあるため、急いでお金が必要な方は本人確認を終えているかをチェックしておくのが大事です。

この章では、審査申込みに必要な2つの条件について、ひとつずつ詳しく解説していきます。

条件を満たしているのかチェックしていきましょう。

メルカリ内に引き落とし用の銀行口座が登録されている

メルペイスマートマネーは返済方法を「銀行口座から自動引き落とし」と定めているため銀行口座の登録が必要です。

そのためメルペイスマートマネーを利用する際は、メルカリ内に引き落とし用の銀行口座が登録されているかをチェックしましょう。

銀行口座が登録されていない場合は、審査に申し込むことができないため注意してください。

銀行口座からの自動引き落とし日は、11日・16日・23日の3つから選べ、自分の都合がいい日に設定することができます。

また返済にメルペイ残高やポイントを利用することも可能です。

万が一、返済期日を過ぎてしまった場合には、次回の引き落とし日に次回分と合算して引き落とされます。

次回の返済日を待たずに返済する場合には、メルペイスマートマネー画面トップの「自動引落しの失敗分を確認する」からすぐに返済が可能です。

また、賠償額として「遅延損害金 (年率) : 20.0%」が定められていることには注意しておきましょう。

メルペイスマートマネーを利用するときには、事前に返済シミュレーションが可能です。

月々の返済額などを確認しておき、返済可能である場合のみ借りるようにしましょう。

遅延損害金を支払わなくて済むよう、返済の滞りは起きないようにしてください。

本人確認手続きが完了している

本人確認手続きは、メルペイスマートマネーを利用するためには必須となります。

本人確認手続きが完了しているかどうかもチェックしておきましょう。

メルペイスマートマネーで新しく本人確認をするわけではなく、メルカリアプリ内で本人確認をします。

つまり、メルカリアプリ内においてすでに本人確認が終わっている人は、本人確認をする必要はありません。

メルカリにおいて本人確認をするために必要な書類は以下いずれか1つだけです。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 日本国パスポート

マイナンバーカードを利用するときには、スマホで情報を読み取ることができるため時間がかかりません。

その他の書類を使う場合には、書類と本人の写真を一緒に撮影して送ることになります。

また、日本国パスポートは2020年2月以降に発行されたものは使うことができないため注意が必要です。

本人確認は時間がかかってしまうことがあるので、余裕をもって済ませておくようにしましょう。

メルペイスマートマネーの審査を受ける前に確認すべき3つの注意点

メルペイスマートマネーの審査を受ける前に確認しておくべき3つの注意点は以下の通りです。

  1. 注意点

    ・証書貸付方式のため増額審査には時間がかかる
    ・借入した融資はATMに行かないと現金化できない
    ・他社カードローンに比べて利用限度額は低い

注意点を把握していないと、借入を受けた後に自分の思い通りの利用ができない可能性があります。

メルペイスマートマネーを利用する前に注意点は頭に入れておきましょう。

一つずつ詳しく解説していきます。

証書貸付方式のため増額審査には時間がかかる

メルペイスマートマネーは、「証書貸付方式」を採用しているため、増額のたびに審査を受ける必要があります。

そのためすぐに借入したい方は、増額に時間がかかることを考えて、早めに審査申込みをしましょう。

証書貸付方式とは、借入のたびに条件などをまとめた証書のやり取りをする方式のことです。

つまり、一度審査に通ったら終わりではなく、増額のたびに毎回やり取りをする必要があります。

これとは対比の関係にあるのが、「当座貸越方式」です。

当座貸越方式とは最初の1回のみ審査をして、2回目以降は審査なしでカードなどを使って借入をすることができます。

しかし、メルペイスマートマネーが証書貸付方式を採用しているからこそ、一律の金利や借入上限を設けることなく、毎回金利や借入上限を変えることが可能になっています。

増額審査などの契約変更には時間がかかってしまいます。

しかし適正金利に調整してもらう為には毎回審査を行う方が、金利を抑えて借入できる可能性があります。

借入した融資はATMに行かないと現金化できない

メルペイスマートマネーで借入したお金は、ATMに行かなければ現金化することができません。

メルペイスマートマネーによって融資されるお金は、メルペイの残高として振り込まれます。

そのため現金化するには振込申請を行い、ATMで引き出す必要があります。

具体的な振込申請の方法は以下の通りです。

  • メルペイ画面下部にある「振込申請」をタップ
  • 振込先の口座情報を入力
  • 振込申請金額を入力
  • 「振込申請をする」をタップ

1回につき手数料が200円かかり、振り込みまでの時間を短縮できる「お急ぎ振込」をするときには、さらに別途で200円の料金がかかるため注意しましょう。

メルペイをあまり使用しない方は、現金振り込みの消費者金融を利用するのも一つの手です。

他社カードローンに比べて利用限度額は低い

メルペイスマートマネーの借入上限金額は20万円までと低めに設定されています。

また借入上限金額は1,000円〜20万円ですが、必ずしも上限金額で借りれるわけではありません。

どれくらいの借入できるかは、収入やメルカリの利用実績などで大きく変動します。

メルペイスマートマネーは少額の融資が必要な方をターゲットとしている為、高額融資を希望する場合は別の借入方法も選択肢に入れましょう。

例えば、車を買うために300万が必要になったとしましょう。

300万円全額が必要だという場合は、メルペイスマートマネーではなく他の金融サービスを使うべきです。

メルペイスマートマネーは、少しだけお金が足りないというときに使うといいサービスです。

メルペイスマートマネーの審査への申込には本人確認書類などが必要ない

メルペイスマートマネーの申込みに本人確認書類などは必要ありません。

なぜなら、メルカリアプリで行う「アプリでかんたん本人確認」をやっておけば、その本人確認情報がメルペイスマートマネーにも適用されるためです。

ただしメルカリを使ったことがない方がメルペイスマートマネーを使う場合は、メルカリでの「アプリでかんたん本人確認」を受ける必要があります。

「アプリでかんたん本人確認」では本人確認書類が必要になります。

メルカリで使える本人確認書類には、以下のようなものがあります。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 日本国パスポート

パスポートにおいては2020年2月以降に発行された新パスポートは使えないので注意しておきましょう。

既にメルカリでの本人確認を済ませている人は、メルペイスマートマネーに申し込むときに新しく本人確認をする必要はありません。

しかしメルカリでの本人確認を済ませていない場合は、メルカリアプリ内での本人確認をする必要があるため本人確認書類が必要になります。

既にメルカリに登録しているならで5分で審査への申込が完了する

メルペイスマートマネーの利用手続きは、最短5分で終わらせることができます。

具体的な手続きのステップは以下のとおりです。

  1. メルカリアプリをダウンロードする
  2. 電話番号などの必要事項を入力する
  3. 送られてきた認証番号を入力する
  4. 運転免許証などで本人確認をする
  5. 銀行口座を登録する
  6. マイページの「メルペイスマートマネー」をタップ
  7. 「申し込みを始める」をタップ
  8. 申し込み情報を入力する
  9. シミュレーション結果を確認する
  10. 契約の詳細を確認する

ステップ10が終わった時点で、画面に「ただいま審査中です」と表示されれば申請が終了したことになります。

10ステップを行い、審査に通過すればメルペイスマートマネーの利用開始が可能です。

さらに、すでにメルカリを利用している人ならメルカリ内での設定は終わっているはずなので、ステップ6からスタートしてOKです。

融資までに数日~数週間かかる場合が多いため、急ぎでお金が必要な場合は早めに申込むようにしましょう。

買い物に足りない分だけ借りたい方などは、最短5分で申請できるため申し込んでみるのもいいでしょう。

借入できる融資の上限は20万円までに設定されている

メルペイスマートマネーで借入できる融資額の上限は20万円までとなっています。

メルペイスマートマネーは生活費や趣味・娯楽費、一時的な資金不足の補充を考えている方をターゲットとしています。

そのため消費者金融のように百万円単位の高額融資を受けることはできないので注意してください。

またメルペイスマートマネー利用限度額は「1,000円〜20万円」となっていますが、メルカリの販売実績などによって限度額が変わります。

そのため必ずしも、上限金額である20万円を借りれるわけではないことを理解しておきましょう。

メルカリをあまり利用していなく、得られる情報が少ない場合は、上限マックスである20万円を借りられる可能性は低いです。

できるだけ高額融資を受けたい方は、消費者金融の利用を検討してみてもいいでしょう。

メルペイスマートマネーとはメルカリ内で使える融資サービス

メルペイスマートマネーとは、フリマアプリ「メルカリ」のアプリ上でお金を借りられるサービスです。

少額融資に特化しているため、利用限度額は20万円までと消費者金融に比べて低めに設定されています。

審査で確認するのは収入や信用情報のみでなく、メルペイやメルカリの利用実績も重視されます。

メルカリ公式サイトにも、以下のように記載されています。

お客さまが育てた「信用サービスの利用履歴」に加え、メルペイスマートマネーの審査時には メルカリ・メルペイでの利用履歴も考慮されます。
参照元:メルカリHP「メルペイスマートマネーの賢いご利用方法」

属性で与信が受けにくかった人でも、日常のあらゆるシチュエーションでお金を借りられるようにと始められました。

メルペイスマートマネーの基本情報は以下の通りです。

項目 内容
利用条件 ・20歳以上70歳以下
・引き落とし用の銀行口座を登録済みであること
利用限度額 1,000円〜20万円
貸付方式 利用のたびに所定の審査が必要
利用方法 メルカリアプリ内で申し込み情報と利用金額を入力し、審査通過後に入金。
入金されたお金は加盟店での利用、送金、出金が可能。
返済方法 銀行口座から自動引き落とし(11日、16日、23日から選べる)
※メルカリの売上金・ポイントでの返済も可能
金利 年率3.0〜15.0%

参照:メルペイ|「メルペイスマートマネー」詳細

借入金額は通常メルペイに入金されますが、現金として引き出すこともできます。

またメルペイスマートマネーは、利用のたびに毎回審査が行われるので、借りすぎを防げます。

メルカリを普段から利用している方はメルペイスマートマネーの利用を検討してみてもいいでしょう。

申請から借入までの手続きがメルカリ内で完結できる

メルペイスマートマネーは、申し込みから、借入まですべて「メルカリ」上で完結できます。

カードローンの場合も、アプリで完結できるものもありますが、専用アプリのダウンロードが必要です。

また個人情報の入力が必要で、借入や返済のために、ATMへ行かないといけない場合もあります。

メルペイスマートマネーは、メルカリで本人確認を済ませている場合は、個人情報入力などの事前準備が必要なく申込できます。

以下にメルペイスマートマネーとカードローンの「申込方法」と「融資方法」を比較してみました。

申込方法 融資方法
カードローン 公式サイト、専用アプリから申込 ATMにて引き出し、振込
メルペイスマートマネー メルカリアプリ上 アプリ内のメルペイにチャージ

またメルカリはフリマアプリとして知られているため、カードローン専用アプリに比べて、借入が周りに知られにくいです。

面倒な書類提出や本人確認が不要で申込めるので、少額融資を希望する方は申込みを検討してみましょう。

利用実績の良い人は金利優遇を受けられる可能性がある

メルペイスマートマネーの審査や金利は属性だけでなく、メルカリの利用実績も考慮され決まります。

カードローンの審査は収入や、返済能力の調査のみで決まります。

メルペイスマートマネーなら、属性情報で優遇を受けることができない人でも、メルカリをよく利用していれば優遇を受けられる可能性があります。

具体的には、メルペイスマートマネーの金利が「年率3.0〜15.0%」となっているので、利用実績がよければ最大で金利を年率3.0%まで下げられます。

では、年率15.0%と年率3.0%ではどれほどの違いがあるのかを確認してみましょう。

  • 年率15.0%:20万円が1年間で23万円に
  • 年率3.0%:20万円が1年間で20万6千円に

20万円を借りた場合、1年間で2万円以上の違いが発生します。

メルカリを今まで使ってきただけで、金利優遇を受けられるのはメルペイスマートマネーの特徴と言えます。

また、金利優遇に関する審査は借入のたびに行われます。

つまり、最初は金利が高かったとしても、使っていくうちに低くなっていくこともあります。

メルペイスマートマネーを使っていくのなら、同時にメルカリで不用品などを売ってみて、利用実績をつけていくのもいいでしょう。

融資の返済にメルカリのポイントや売上金が使える

メルペイスマートマネーは、融資の返済にメルカリのポイントや売上金が使えます。

カードローンの返済は現金でしかできませんが、メルペイスマートマネーならメルカリで商品を売り、その売上金を返済に回すこともできます。

不用品を売りながら返済もできるので、メルペイスマートマネーはメルカリをよく利用する方に向いている借入方法と言えます。

メルカリの公式サイトには、返済にあたって以下のように記載されています。

11日、16日、26日のいずれかの日を指定して自動で返済する方法です。アプリ内にお持ちの残高やポイントを返済にご利用いただけます。
返済の手続きにあたり手数料は発生いたしません。

参照元:メルカリHP

ただ、注意点として売上金で購入したポイントは返済に使えません。

返済に使えるポイントは、売上や友達招待などによって手に入れたポイントのみです。

ポイントや売上金を使用するには、メルペイスマートマネー画面下部にある「返済の設定」から「残高・ポイントを優先的に使用」にチェックを入れておきましょう。

引き落とし日には口座に入っているお金よりも、優先してポイントや残高が返済に使われるようになります。

メルカリで買い物しなくてもお金が借りられる

メルカリで販売をしたり、買い物をしていなかったとしても、メルペイスマートマネーを利用してお金を借りることは可能です。

メルカリの利用履歴が審査に優遇される点は事実ですが、安定した収入がある方や、信用情報に傷がない場合は審査に通る可能性はあります。

またメルペイスマートマネーは以下の2つの条件を満たしていれば、審査申込みが可能です。

  1. 銀行口座が登録されている
  2. 本人確認手続きが完了している

メルカリをまったく使ったことのない人の場合、借入上限が低かったり、金利が低くならない可能性があります。

しかしメルペイスマートマネーを使えないということはありません。

メルペイスマートマネーを使えないのは、返済能力がないと判断された方のみです。

まとめ

メルペイスマートマネーは1,000円〜20万円の金額を、メルカリアプリを使うことによって借入できるサービスです。

またメルペイスマートマネーを利用するためには以下の3つの条件を満たしている必要があります。

  1. 銀行口座が登録されている
  2. 本人確認手続きが完了している
  3. メルペイスマートマネーの審査を通過している

メルカリアプリ上ですでに本人確認を行っている場合、提出書類なしで審査申込みができます。

メルペイスマートマネーの審査は属性情報に加え、メルカリの利用実績を重視しているため、メルカリをよく利用する方は審査に有利に働く場合もあります。

もちろん、メルカリを使っていない人でもメルペイスマートマネーは利用可能です。

少額が必要なときには、ぜひメルペイスマートマネーを活用してください。