レオパレスの家賃を滞納してはいけない理由

「最近収入が少なくて、家賃の支払いがつらい」このように家賃の支払いで悩んでいる人はいませんか?

家賃を滞納してしまうと最悪の場合、現在住んでいる住居から追い出されてしまいます。

特にレオパレスは、家賃を2ヶ月間滞納した場合、強制的に退去させられてしまいます。

その為、レオパレスの物件を借りる時は、万が一滞納してしまった際の対処法を知っておきましょう。

今回はレオパレスが家賃滞納者に行う対応や、滞納した時の対処法などについて紹介します。

家賃を滞納しそうで困っている人は確認しておきましょう。

レオパレスの物件の一般的な捉え方

家具の画像

一般的な賃貸物件のほとんどは契約をした後、生活に必要な家具や家電を自分で買って用意する必要があります。

レオパレスの物件では、最初から家具や家電が室内に設置されていることが多いです。

そのため家具や家電を買うお金に余裕がない人でも、契約すればすぐに普段通りの生活を楽しむことができます。

レオパレスでは現在、学生や単身赴任中の会社員などを中心に利用されている人気の企業です。

これから一人暮らしを始めようと考えている人は、一度レオパレスの物件を確認してみてもいいでしょう。

家賃は一般の物件より高め

レオパレスの家賃は、他の物件に比べて高めに設定されています。

試しに同じような間取りで一般の賃貸物件とレオパレスの物件を比較してみましょう。

項目 レオパレス 他社マンション
物件の間取り 1K(26.10㎡) 1K(29.10㎡)
物件の構造 鉄骨(S)造
家賃 56,000円 51,000円
共益費・管理費 7,000円 3,500円
敷金/礼金 不要/56,000円 50,000円/50,000円
仲介手数料 なし 51,000円
更新料 16,500円/2年毎 51,000円
費用合計額 135,000円 256,500円

※地域や築年数によっては上記金額に当てはまらない可能性があります。

家賃や共益費などにかかるお金は、レオパレスの方が高いです。

家具や家電が最初からついている分、家賃相場は高くなっている傾向にあります。

ただし一部の物件は、仲介手数料などを支払わずに利用することが可能です。

敷金や礼金を含めた場合、この例だとレオパレスの方が121,500円も安くなります。

なるべく家賃にかかる出費を安く抑えたい人は、一度レオパレスの物件をチェックしてみてください。

レオパレス物件の家賃を滞納するとどうなる?

レオパレス物件の家賃を滞納

レオパレスの家賃は、口座振替で支払うのが一般的です。

指定された口座にお金が振り込んであれば、指定日になると自動的にお金が引き落とされます。

しかし残高不足などの原因により引き落としができなかった場合、家賃保証会社から連絡がくる可能性が高いです。

家賃保証会社は「家賃が引き落としされていないので、何日までに家賃を支払ってください」と伝えてきます。

場合によっては電話の代わりに、内容証明郵便などの通知書が届くことがあります。

この時点ですぐに家賃を支払っておけば、なんの問題もありません。

※ なお、急な出費でお金が足りない際は、30日間利息0円で借りられる金融会社も頼りになります。

プロミスを初めての利用なら最大30日間利息0円で借入可能です。

また、SMBCモビットなら職場連絡なしで周りに気づかれずに借入可能です。

プロミス

  • WEBで申込完結!
  • 原則24時間振込対応可能!
  • コンビニATMで返済可能!

4.5%〜17.8%

1万円~500万

最短30

最短30分

SMBCモビット

  • SMBCモビットはWEB完結で電話・郵送なしに対応!
  • 公式HPより10秒事前審査で簡易審査が可能!
  • 即日融資可能!スマホから本審査まで完結!

3.00%〜18.00%

1万円~800万

最短即日

最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

2ヵ月後には関係者が訪問し、3ヵ月後には強制退去

そのまま家賃を滞納し続けてしまうと、今度は自宅に家賃保証会社の関係者が訪ねてくることもあります。

関係者の人は「家賃の支払いは可能か?」「何日までに支払うことが可能か?」と聞いてきます。

この時に曖昧な返答をしてしまうと、家賃を払うことができない人だと判断される可能性が高いです。

このまま家賃の支払いがなければ、物件の契約を解除されてしまうかもしれません。

そして約3ヵ月後には契約が解除され、物件からの退去を求められます家賃滞納者としての記録が社内データに残ってしまうので、他のレオパレス物件を契約することもできません。

ちなみに家賃滞納者としての記録は、家賃保証会社を通して信用情報機関にも記録されることがあります。

そのため一度記録が残ってしまうと、しばらくの間はローンやクレジットカードが使えなくなったり、新たな審査に通らなくなってしまう可能性もあります。

レオパレスの物件を利用する際は、家賃を滞納しないように十分注意しましょう。

強制退去を免れる為に、カードローンの利用も選択肢の一つです。

返済期間は指定できるので、急な出費でお金が必要な時に頼りになります。

三菱UFJ銀行のバンクイックなら10万円を半年で返済する場合、利子の総額は4,297円です。

安定的な収入があると審査に通る可能性は十分あります。

家賃を滞納しそうな時に行うべき対処法

強制退去を避けるには、毎月家賃を払い続けていく必要があります。

人によっては、突然の病気や離職で家賃の支払いが難しくなることもあるでしょう。

家賃が払えないのを理由に放置するのではなく、記事内に記載されている対処法を実践して、家賃の滞納期間を少しでも短くしておきましょう。

ここでは家賃を滞納しそうな時に行うべき対処法を紹介します。

連帯保証人に相談をする

親や友達を連帯保証人として指定している場合は、相談してみるとよいでしょう。

事情を説明し理解を得られれば、一時的に家賃を肩代わりしてもらい、強制退去を避けることが可能です。

ただし事情に正当性がない場合や、契約時の約束で「迷惑をかけない」などの条件付きで保証人になってもらっているのなら、連帯保証人との関係が悪化する恐れがあります。

場合によっては、支払いを断られてしまうこともあるかもしれません。

強制退去よりも連帯保証人との関係を大切にするのであれば、別の方法を試してみましょう。

役所に相談する

社会福祉協議会や地方自治体には、生活福祉資金貸付制度や就職に向けた活動に伴う住宅確保給付金などの支援制度があります。

公的な融資制度のため、利用条件はありますが、自身が条件に当てはまるのであれば利用を検討しましょう。

住宅や生活に関する主な融資制度は以下の通りです。

制度 条件 窓口
住宅確保給付金
市区町村の定める額を上限に実際の家賃額を原則3ヶ月間支給
(延長は2回まで可能)
(1)主たる生計維持者が
①離職・廃業後2年以内である場合
②個人の責任・都合ではなく給与を得る機会が離職・廃業と同程度まで減少している(2)直近月の世帯収入合計額が
市町村民税の均等割が非課税となる額の1/12と、家賃の合計額を超えないこと(3)現在の世帯の預貯金合計額が、各市町村で定める額を超えない事(4)求職活動要件として
(1)の①の場合
ハローワークへ求職の申込をし、求職活動を行う事
(1)の②の場合
誠実かつ熱心に求職活動を行う事
各都道府県の地方自治体(自立相談支援機関)
生活福祉資金貸付制度
生活支援費
(2人以上)月20万円以内
(単身)15万円以内
※原則貸付期間は3ヶ月(最長12月)
(1)生活再建までの間に必要な生活費が必要な場合に申請可能。
※最終貸付日から6ヶ月間は据置期間として有効。
※10年以内に変換しなければいけない。・保証人がいる場合は無利子
・保証人がいない場合は年率1.5%
各都道府県の社会福祉協議会

上記の制度をその日中に利用はできない為、当日中にお金が必要な方には向いていない方法です。

支払までに猶予があるなら、申請書類の準備や一定の時間が必要ですが、公的な融資制度を使ってみるとよいでしょう。

弁護士に相談をする

物件の家賃は任意整理や自己破産の対象となります。

弁護士に依頼して延滞した家賃の支払いについて猶予や分割払いを交渉してもらったり、最終手段として自己破産申立をしてもらうことができます。

どうしても家賃の支払いが厳しい場合は、弁護士に債務整理の相談してみるのも一つの手です。

債務整理をすると、現在の借金や滞納に関して支払いの猶予や免除が期待できます。

ですが債務整理は手続きに時間がかかるため、手続き中に立ち退きを求められる可能性があります。

最も早い任意整理でも、手続きには2~3ヵ月ほどかかってしまうんです

弁護士への相談料がかかることもありますが、無料法律相談をしているところもあります。

法テラスでは、お困りごとに応じて、問題を解決するための法制度や手続き、適切な相談窓口を無料でご案内します。

出典:法テラス/借金・貸付

カードローンでお金を借りる

誰にも迷惑をかけることなく、早急に家賃の延滞を回避するならカードローンの利用を検討してみましょう。

消費者金融のカードローンなら、その日中に融資を受けれる為、急ぎで資金を調達しないといけない方にも対応可能です。

退去費用を考えても、カードローンの利息を支払う方が費用が少なくてすみます。

物件を強制的に退去させられるとなれば、清掃料・原状回復費用などの費用が発生するため、物件の状況によっては何十万円もの請求がきてしまうことがあります。

一方カードローンなら、年率18.0%で10万円を借りた際に発生する1年間の利息は約1,800円です。

「どうしても今月の家賃が払えそうにない」と悩んでいる人は、即日融資のカードローンが頼りになります。

家賃滞納を避ける借入先

家賃を滞納してしまう前にお金を用意するなら、即日融資に対応しているカードローンを検討しましょう。

当記事では即日融資に対応しているカードローンを紹介します。

また借入翌日から30日間、利息0円で利用できるカードローンもあります。

期日内にお金を返すことができれば、利息を支払う必要はありません。

融資融資を希望している方は、急ぎの方は選択肢の一つです。

【PR】

セントラルは即日融資に対応しているカードローンです。

平日なら14時までに申し込みすると、即日で融資を受けられます。

家賃が滞納していて当日中にお金が必要な場合は、セントラルの利用も検討してみましょう。

PR:セントラル

  • 借入・返済は全国のセブン銀行ATMからできる!
  • ネットなら24時間365日申し込み受付中!
  • 増額融資も対応可能!

4.80%~18.00%

300万円

最短即日

最短即日融資

すでに家賃を滞納している場合は審査が通りにくくなる

レオパレスの退去命令を事前に避けるには、退去命令が出てしまう前に家賃を支払う必要があります。

しかしカードローンを利用する際は、審査に通らなくてはいけません。

審査には申込者の信用情報を確認する工程があります。

序盤でも少し話しましたが、家賃滞納者という情報は信用情報にも記録されることがあります。

信用情報は、金融商品を取り扱う銀行や消費者金融は確認することが可能です。

【加盟会員の業態】 消費者金融会社、流通系・銀行系・メーカー系クレジット会社、信販会社、金融機関、保証会社、リース会社など

出典:日本信用情報機関/統計情報

そのため家賃を滞納している状態でカードローンを申し込むと、審査で落とされることがあります。

銀行や消費者金融は、申込者に支払い能力があるかどうかを審査の判断材料にします。

支払能力の有無は、今までのクレジットカードや家賃、スマートフォンの支払い記録に関係します。

毎月の支払がなされている場合は、信用情報機関に登録されない為、審査時にも支払い能力があると判断します。

家賃を滞納している状態では、申し込みをしても審査で支払い能力がないと判断されてしまう可能性が高くなります。

カードローンの審査に落ちてしまわない為にも、早めに申込、契約しておくとよいでしょう。

まとめ

レオパレスについて詳しく紹介しましたけど、いかがでしたか?

レオパレスの物件に住んでいる時は、家賃を滞納しないよう注意する必要があります。

一度でも滞納してしまうと契約が解除されてしまい、強制退去させられる可能性が高いです。

現在レオパレス物件に住んでいて家賃を滞納しそうな人は、教えた対処法を使って家賃滞納を未然に防ぎましょう。