虫歯の治療費が払えない時の解決策

「最近歯が痛いけど、お金に余裕がなくて歯医者へ行けない・・・」

上記のような悩みを抱えてはいませんか?

厚生労働省によると、20歳以上の9割以上が虫歯を発症しているようです。

現在は20歳以上の3割が虫歯を有しており、そのうち約4割は虫歯が原因で抜歯を受けています。

引用元:e-ヘルスネット|厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

虫歯の治療費が払えない時は、まず対処法や治療費を確認すべきです。

虫歯は軽度のものであればほとんど痛みを感じませんが、症状が進行すれば強烈な痛みが発生します。

最悪の場合、健康な歯をすべて失ってしまうかもしれません。

治療費も高額になってしまうため、虫歯が判明した時はなるべく早く治療するのがおすすめです。

この記事では虫歯の治療にかかる費用や、払えない時の対処法などについて解説しています。

虫歯の治療費が払えなくて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

保険診療が適応されているため自己負担額は3割

上記の図は、定期健診時に発生する治療費の一例です。

図を見てもわかるように、保険適応時と全額自己負担では支払う治療費が大きく異なります。

歯科医院での治療は通常「保険診療」が適応されるため、自己負担額は約3割です。

保険診療を適応した定期診断の場合、自己負担額は2,130円となります。

いっぽう保険を適用しなかった場合は、治療費の総額7,100円を自腹で払わなければいけません。

また虫歯治療は、症状の進行度によって治療費が変動します。

重度の虫歯治療は保険を適用しなければ、高額な治療費を請求されてしまう可能性が高いです。

虫歯治療を受けようと考えている方は、積極的に保険診療を活用してください。

虫歯の進行度が高まると治療費も高まる

虫歯は症状が進行すれば、その分だけ治療内容が複雑になっていきます。

通院回数もその分増えてしまうため、重度の虫歯は高額な治療費を請求されてしまう可能性が高いです。

各段階の治療費相場は、以下の通りです。

  • 初期…1500~3000円
  • 中度…2000~10000円
  • 重度…7000~20000円

ちなみにこれらの治療費は、基本的な治療にかかる費用です。

レントゲン撮影や詰め物の作成などにかかる費用は、別費用として加算されます。

そのため保険を適用しなかった場合、治療費の負担額は上記より高額になってしまうケースが多いです。

虫歯の早期治療のメリット 虫歯治療を後回しにするデメリット
  • 虫歯の治療費を安くできる
  • 治療期間を短くできる
  • 治療費が高くなる
  • 虫歯が進んでしまう
  • 治療に時間がかかる。

上記の表を見てもわかるように、虫歯の治療費は初期段階が一番安いです。

通院回数や治療にかかる時間も、大幅に短縮できます。

治療費をなるべく安く抑えたいのであれば、虫歯は早い段階で治療しましょう。

また初めて歯科医院で虫歯治療を受ける時は、保険証も忘れずに持っていくべきです。

歯の治療時に保険診療を適用するには、保険証の提出が必須です。

保険証を忘れてしまうと、治療費は全額自己負担となります。

参考:東京都歯科健康保険組合 保険証とは

歯科医院から保険証の提示が求められるのは、初診時や月が替わった時です。

保険診療で虫歯治療を受けるつもりの方は、外出前に保険証があるかしっかり確認しておいてください。

もし初診時に保険証を忘れた時は、次回診療する時までに保険証を用意しておきましょう。

一部の歯科医院は、同月内の診療時に保険証を出せば差額の7割分を返還してくれます。

紛失や再発行といった理由で保険証がない時も、この返金対応は利用可能です。

虫歯進行度の初期段階

初期段階の虫歯は歯の表面にあるエナメル質が溶け、表面がうっすら黒くなっている状態です。

治療する際は虫歯部分を削り、コンポジットレジンという詰め物で穴を埋めます。

治療にかかる時間は数時間から1日程で、治療費は平均で3,000円程です。

ただし初期段階の虫歯は神経部分まで菌が進行していないため、ほとんど痛みを感じません。

そのため大半の方は、虫歯と気づいても放置してしまうケースが多いです。

治療費を安く抑えたいのであれば、痛みがなくても虫歯は発見次第すぐ治療しておきましょう。

虫歯進行度の中度段階

虫歯が中度段階まで進攻すると、エナメル質の下層にある象牙質まで菌が進行します。

ここまで虫歯が進行すると、冷たい物を飲んだ時に沁みてしまうケースが多いです。

中度の虫歯はコンポジットレジンで治療する場合もありますが、一般的には銀歯もしくは詰め物での治療が行われます。

治療費の平均はレジン治療だと2,000円程、詰め物を使用する場合は10,000円程です。

虫歯部分を削ってから型取りした後、詰め物を作成して治療箇所に詰めます。

歯の形状に合わせて詰め物を作成しなければいけないため、少なくとも2~3回は通院する必要があります。

また銀以外の詰め物は保険適用外なため、使用すると治療費も高くなる可能性が高いです。

中度の虫歯を治療する際は、かかりつけの歯科医に相談を行いましょう。

●かかりつけの歯医者さんをつくろう

歯の健康を守るために、いつでも気軽に相談できて頼れる歯医者さんを見つけておくと安心。

そのためにも定期的な歯科健診を受けるなどして、かかりつけの歯医者さんをつくっておくことが大切。

出典:日本歯科医師会/歯医者さんに行こう!

歯科医の方に相談を行えば、それぞれの要望や予算に合った治療プランを提案してもらえます。

治療費を安く抑えつつ虫歯もきちんと治療したい方は、気軽に相談してみてください。

虫歯進行度の重度段階

重度段階の虫歯は菌が神経まで達しているため、飲食だけでも激しい痛みが生じます。

まず歯の神経を取り除き、その後虫歯部分を治療するのが基本的な手順です。

神経を取り除く虫歯の場合、治療費の相場は7,000円~10,000円です。

ちなみに歯の神経を取り除く時は菌が侵入しないよう、内部を清掃しなければいけません。

複数回に分けて手術を行うため、初期や中度の虫歯より通院回数も多くなります。

完全に神経が壊死して痛みを感じない虫歯は、抜歯による治療が必要です。

神経がなくなった歯を抜いた後、抜いた箇所をブリッジやインプラントなどで埋めます。

入れ歯やブリッジは保険診療が適用されますが、インプラントは自費診療です。

歯を保存できない虫歯の場合、治療費の平均は20,000円程となります。

治療する歯の本数が多くなれば、治療費もより高額になるケースが多いです。

虫歯を発見した時は、重度段階まで進行する前にきちんと歯科医院で治療を受けましょう。

虫歯の治療費が払えない時に役立つ対処法

初期や中度の虫歯は短期間で治療できるうえ、治療費も比較的安く抑えられます。

しかし重度の虫歯は通院回数が多いため、治療には多額の資金が必要です。

どうしても虫歯の治療費が払えない時は、以下の対処法を実践してみてください。

  • 通院中の歯科医院で相談を行う
  • 社会保障制度で治療費を確保する
  • 銀行や消費者金融からお金を借りる

分割払いやデンタルローンを活用すれば、虫歯の治療費は分割で払えます。

社会保障制度を利用した場合は、国からの扶助を受けることが可能です。

分割払いや社会保障制度が利用できない時は、金融機関からの借入も検討してみましょう。

ここではそれぞれの対処法について詳しく解説します。

治療費を一括で払えない場合は歯科医院へ相談

入れ歯や銀などを使った虫歯治療は、保険診療で費用を安く抑えられます。

しかしインプラントなどの自由診療は保険適用外であるため、発生する治療費はすべて自己負担です。

「自由診療で虫歯を治療したい」と考えている方は、まず歯科医院へ相談しましょう。

一部の歯科医院では、治療費の分割払いやデンタルローンが利用できます。

交渉が成立すれば、虫歯の治療費を複数回に分けて支払うことが可能です。

ただし歯科医院によっては、分割払いやデンタルローンを取り扱っていない場合もあります。

虫歯の治療費用を複数回に分けて払いたい方は、いろいろな歯科医院に問い合わせてみてください。

すぐに虫歯の治療費を用意したい場合は、金融機関での借入も一度検討してみましょう。

消費者金融は、最短30分程で審査結果を確認できます。30日間の借入なら利息0円でお金を借りられます。

参考記事:【最新2021年】消費者金融おすすめランキング!初めての利用でもわかるように比較

社会保障制度による扶助で治療費を用意するのも有効

もし分割払いやデンタルローンが利用できない時は、社会保障制度を活用しましょう。

社会保障制度は自力で病気や失業などのリスクを解消できない方に対して、必要な生活保障を提供する制度です。

社会保障制度には社会保険や社会福祉、生活保護などの制度も含まれています。

生活保護

●種類  1.生活、2.住宅、3.教育、4.介護、5.医療、6.出産、7.生業、8.葬祭の8種類があり、必要に応じて扶助を受けることができます。

●問い合わせ先  各区の保健福祉センター生活保護業務主管担当

出典:大阪市公式サイト/生活保護

生活保護を適用すると、不足した分の治療費を国からの給付金で補えます。

扶助を受けるには、以下の手順で生活保護を申請しなければいけません。

生活保護の申請から受給までの手順

1.住んでいる市区町村の福祉事務所へ行く

2.生活保護担当窓口で保護の申請をする

3.ケースワーカーによる審査が実施される

4.申請から14日以内に書面で審査結果が届く

5.審査を通過した方に生活保護の受給が開始される

ちなみに生活保護を受給する際は、福祉事務所の担当者から説明が行われます。

生活保護の支給日や支給方法は、各福祉事務所ごとに異なるのが一般的です。

自身の収入だけで虫歯の治療費を工面できない方は、試しに一度申請を出してみてください。

一時的にお金がない時は金融機関からの借入も検討してみる

社会保障制度は、病気やケガなどの治療費が不足した時に便利な制度です。

しかし申請から受給までには、最短でも14日程かかります。

迅速に手続きを完了できれば、融資スピードは最短1時間程です。

銀行カードローンは、銀行ならではの金利で融資を借入できます。

毎月の返済額も安く抑えられるので、収入の少ない方でも無理なく返済可能です。

【PR】

セントラルは即日融資が可能なカードローンです。

平日なら14時までに申し込みすれば、即日でお金が借りられます。

また初めて利用する場合は、30日間利息0円での借入も可能です。

一時的にお金がない方で、利息を抑えたい方はセントラルの利用も検討してみましょう。

PR:セントラル

  • 自宅でスマホからでも申し込みできる!
  • ネットなら24時間365日申し込み受付中!
  • 自動契約機も利用できる!

4.80%~18.00%

300万円

最短即日

最短即日融資

レイクALSA

レイクALSAは消費者金融としては珍しく、複数の無利息サービスを提供しているカードローンです。

申込者は自身の目的や要望に合わせて、適用する無利息サービスを選択できます。

またレイクALSAはスマホやPCさえ持っていれば、銀行口座への振り込みキャッシングが可能です。

ローンカードが手元にない状態でも、契約完了後にすぐ銀行口座から融資を引き出せます。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、金利1.9%~14.5%で借入できるカードローンです。

ネット銀行ならではの金利で借入できるため、融資の長期返済を考えている方に適しています。

また楽天銀行スーパーローンの申し込みは、24時間いつでも対応可能です。

楽天銀行の口座を持っていない方でも、現在使っている銀行口座に融資を送金できます。

まとめ

虫歯の治療費が払えない時の対処法などについて解説しましたが、いかがでしたか?

虫歯治療にかかる費用は、虫歯の進行度によって大きく異なります。

初期の虫歯治療にかかる費用(平均) 1,500円~3,000円
中期の虫歯治療にかかる費用(平均) 2,000円~10,000円
重度の虫歯治療にかかる費用(平均) 7,000円~20,000円

初期や中度の虫歯は比較的安い費用で治療できますが、重度の虫歯は治療費が高くなりやすいです。

速い段階で治療を行えば、費用を安く抑えられる可能性があります。

もし虫歯の治療費が払えない場合は、以下の対処法が有効です。

虫歯の治療費が払えない時の対処法
  • 歯科医院に相談して分割払いやデンタルローンを利用する
  • 社会保障制度で不足した治療費を補う
  • 銀行や消費者金融からお金を借りる

治療費が足りなくて虫歯を治療できていない方は、ここで解説した対処法をぜひ参考にしてみてください。