お金を借りるアプリの特徴比較表

銀行や消費者金融からお金を借りる際は、無人契約機や店舗などで手続きを行うのが一般的です。

「店舗や無人契約機まで行く暇がない」「急用でお金を借りる必要がある」。

借入を希望する方の中には、上記のように考えている方もいるでしょう。

忙しくて契約に行く時間がない方でも、スマホアプリで申込から融資まで行える業者があります。

消費者金融や銀行が提供するアプリを利用することで問題が解決するため、忙しい方は選択肢のひとつとして利用検討してみましょう。

この記事ではアプリを利用した借入方法について、ご紹介していきます。

  • 消費者金融スマホアプリなら即日融資が受けられる
  • 銀行スマホアプリからの借入なら利息を抑えられる
  • アプリを使うとオンライン決済や資金調達を行うことも可能

スマホアプリの利用を検討している方は、参考にしてみてください。

目次

すぐお金を借りるなら消費者金融のスマホアプリ

「今日中にお金を借りたい」と考えている方には、即日融資に対応できる消費者金融の利用を検討しましょう。

現在多くの大手消費者金融がスマホアプリを提供しています。

スマホアプリを使えば、短時間で簡単にカードローン申し込みが可能です。

消費者金融で借りるカードローンは、以下の特徴があります。

  • 申し込みした日に融資されるなど、借入までが早い
  • 土日祝も営業しているため利便性が高い
  • 無利息期間サービスがある

しかし消費者金融は銀行カードローンより、金利が高く設定されています。

無利息期間内でお金を返済する場合など、消費者金融の方が安くお金を借りられる可能性もあります。

今回紹介する消費者金融の一覧と、審査時間や金利などの情報は以下の通りです。

原則、Web完結なら電話連絡なしのカードローンを検討している方は、職場連絡なし対応のSMBCモビットがおすすめです。

会社名 特徴 審査時間 融資スピード 借入限度額 実質年率
プロミス 初回30日間無利息

融資まで最短1時間

最短30分 最短1時間 500万 4.5%〜17.8%
アイフル 初回30日間無利息

融資まで最短即日

最短30分 最短1時間 800万円 3.0%〜18.0%
アコム 30日間無利息

融資まで最短1時間

最短30分 最短1時間 800万円 3.0〜18.0%
レイクALSA 30日間無利息※1

返済自由度が高い

最短15秒 web申込で最短60分※2 500万円 4.5%〜18.0%
SMBCモビット web完結申込で電話、郵送物連絡なし

ノンバンク部門 顧客満足度1位

最短即日 最短即日融資 800万 3.0%〜18.0%

※1…レイクALSAは申し込む条件により適用される特典が異なります。
30日の他、web申し込みで60日間や借入額5万円まで180日間無利息期間サービスがあります。
申し込みの際は適用される条件を確認しましょう。
※2…レイクALSAで60分融資を利用したい場合、契約時間に注意しましょう。
必要書類の提出と審査が9時〜22時(日曜:9時〜19時)の間に契約を行う必要があります。

各消費者金融が提供するアプリの特徴や、注意点について解説していきます。

※アプリの利用は簡易にできるため、借り過ぎに注意しましょう。

24時間365日最短10秒で振込対応のプロミス公式アプリ

CMでよく目にするプロミスですが、公式アプリ(無料)からアプリローンが利用できることをご存知でしょうか?

プロミスのアプリローンを使うことで、来店不要でカードローンを申し込めます。

プロミスが提供するアプリローンは、以下の特徴があります。

アプリローンの特徴

最短1時間で融資

はじめての方なら30日間無利息

スマホATMの利用でローンカードなし

24時間365日、最短10秒で振込融資対応可能な「瞬フリ」

プロミスのスマホアプリからは、24時間365日いつでも最短10秒で自分の指定口座に入金可能な「瞬フリ」が利用可能です。

例えば夜中にクレジットカードの引き落としに気づいた時でも、プロミスの瞬フリなら家にいながら自分の口座に入金できます。

振込手数料も無料な為、手数料を気にする必要もありません。

さらにカードレスで借入できるスマホATMは、ATMで表示されるQRコードをアプリで読み取り、ワンタイムの暗証番号を入力すれば借入を行えます。

融資までの時間が短く、申込や借入を手軽に行える点がプロミスアプリローンの魅力と言えるでしょう。

さらに自宅への郵送物は一切なしで、利用明細などはwebで確認できます。

セブン銀行やローソン銀行のATMで借入が可能です。

簡単に借入ができるため、金銭管理や「借りすぎ」に注意する必要があります。

プロミス

  • アプリで申込から借入まで完結!
  • 振込キャッシングにも対応!
  • 自動引き落としによる返済が可能

4.5%〜17.8%

1万円~500万

最短30

最短30分

Tカードの登録でポイントも貯まるSMBCモビット公式アプリ

SMBCモビットのスマホアプリ

SMBCモビットは公式アプリから、カードローンを利用できます。

SMBCモビットアプリの特徴は次の通りです。

SMBCモビットアプリの特徴

銀行やコンビニATMから借入、返済ができる

手続き完了後、最短3分で銀行口座に振込融資される

返済のたびにTポイントが貯まる、使える

SMBCモビットは公式アプリを利用することで、銀行やセブン銀行から借入と返済ができます。

また、申込が完了すると最短3分で指定した口座にお金を振り込んでもらえます。

急ぎでお金が必要な方はSMBCモビットの利用を検討しましょう。

SMBCモビット

  • WEB完結申込なら郵送物もなし!
  • 利息に応じてTポイントが貯まる!
  • カードレスだから財布の中を見られても安心!

3.00%〜18.00%

1万円~800万

最短即日

最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

スマホ1台で借入から返済まで可能なアイフル公式アプリ

アイフルのスマホアプリ

アイフルは公式アプリからローンの申込ができます。

スマホだけでカードローン申込ができ、カードレスでの取引が可能です。

カードレスはローンカードを見られて借入が知られる事態を防げます。

アイフル公式アプリの特徴は、以下の通りです。

アイフル公式アプリの特徴

最短30分で審査完了

はじめての方なら30日間無利息

スマホATMの利用でローンカードなし

プロミスのアプリローンなどと同様、セブン銀行やローソン銀行などのATMを利用できます。

スマホひとつで借入できるためローンカードを受け取る必要がありません。

郵送物が一切なしのため、アプリ上で借入、返済を管理する必要があります。

手軽に利用できることから「借りすぎ」に注意するようにしましょう。

アイフル

  • アプリで24時間借入・返済可能!
  • 銀行ATMでの取引にも対応
  • アプリからも増額申請できる

3.0%~18.0%

800万円以内

最短30分

最短1時間

アプリのアイコンが消費者金融と分かりにくいアコム「myac」

アコムのスマホアプリ

 

アコムが提供するmyac(旧:アコムナビ)は最短1分で振込を受けられる点が魅力です。

myacの特徴は次の通りです。

myacの特徴

アプリからの手続きで最短1分にて振込

はじめての方なら30日間無利息

myac最大の魅力である最短1分振込は、24時間振込対応の受け取り口座を指定しなければなりません。

アコムはローンカードなしでセブン銀行、ローソン銀行ATMなどから借入できます。

アプリのデザインが、消費者金融のアプリだとは気づかれにくい点が魅力です。

知人に知られずに消費者金融からお金を借りたい方は、myacの利用を検討しましょう。

アコム

アコム 新バナー
  • アプリのみで申込可能
  • ローンカードの発行も不要
  • コンビニATMでの取引にも対応!

3.00〜18.00%

1万円~800万円

最短30分

最短1時間

21時までの申込で審査可能なレイクALSA「e-アルサ」

レイクALSAのスマホアプリ

レイクALSAが提供している「e-アルサ」を利用することで、スマホアプリからカードローン申込ができます。

e-アルサの特徴は次の通りです。

e-アルサの特徴

21時までの契約完了で当日中の借入が可能

ローンカードなしでセブン銀行ATMから借入できる

無利息期間サービスあり

21時までの契約完了で即日融資可能については、web完結(郵送物なし)で申し込んだ場合です。

店舗申し込みや電話申し込みの場合即日可能な時間が異なるので注意しましょう。

またe-アルサの場合スマホATMを利用することで、セブン銀行、ローソン銀行ATMなどから借入できます。

レイクALSA

  • 必要書類のアップロードもアプリで完結!
  • カードレスでも利用できる!
  • 新生銀行カードローンATMから借入可能!

4.5%〜18.0%

1万~500万円

最短15秒

webで最短60分融資も可能
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です
一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます

銀行カードローンでお金を借りるなら銀行のスマホアプリ

借入した資金を長期間にわたって返済していく予定の方は、銀行スマホアプリの利用を検討しましょう。

銀行は消費者金融より金利が低く設定されているため、利子の返済額を節約できます。

ただし消費者金融と異なり「審査に時間がかかる」「無利息期間がない」ことが注意点として挙げられます。

「今すぐお金を借りたい」場合は、即日融資可能な消費者金融カードローンを利用するといいでしょう。

金利を抑えたい方や時間に余裕のある方は、銀行からの借入も検討してみましょう。

今回紹介する銀行の一覧と、審査時間や金利などの情報は以下の通りです。

会社名 特徴 審査時間 融資スピード 借入限度額 実質年率
三井住友銀行 ローン契約機ならその場カード受取

借入限度額が大きい

最短翌営業日回答※1 最短翌営業日融資※1 10~800万 年1.5%〜14.5%
三菱UFJ銀行 テレビ窓口でスピーディー手続き

パートやアルバイトでも申込可※2

最短翌日審査回答※1 最短翌日融資※1 10万円~500万円 1.8%〜14.6%
楽天銀行 提携ATM利用手数料無料※3
(一部利用できない時間帯・利用手数料が発生する場合がございます)
パートやアルバイトでも申込可※2
最短翌日 不明 10万円~800万円 1.9%〜14.5%
ジャパンネット銀行 初回30日間無利息

ジャパンネット銀行の口座があるとスムーズ借入

不明 不明 1,000万円 1.59%〜18%
スルガ銀行カードローン 金利はやや低めに設定

がん保障特約付きローン有り

不明 不明 500万円 3.9%〜14.9%
J.Score(ジェイスコア) 金利が低い

AIスコアに基づいた審査方法

最短30分 最短即日 10万円~1,000万円 0.8%~15.0%※4
LINEポケットマネー LINE Payに入金される

AIスコアに基づいた審査方法

不明 不明 1円〜300万円 3.0%〜18.0%

※1…申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況による異なります。
※2…申込には安定した収入が必要です。
※3…ATMでの借入の都度、借入金額に応じた手数料が無料になります。1万円以下の場合は100円が、1万円超では220円が手数料です。
※4…実質年率0.8%はみずほ銀行、ソフトバンク、ワイモバイル、Yahoo!JAPANとの情報連携をすべて行った貸付利率です。

銀行スマホアプリの利用を検討している方は参考にしてみてください。

次回返済日も確認できて返済漏れを防げる三井住友銀行カードローンアプリ

三井住友銀行のアプリを利用することで、カードローンの申込ができることはご存知でしょうか?

アプリを利用することで来店の手間をかけず、簡単に申し込みができます。

三井住友銀行のアプリの特徴は、次の通りです。

三井住友銀行アプリの特徴

三井住友銀行の口座がなくても申込可能

24時間365日申し込みできる

三井住友銀行のカードローンは借入、返済方法の自由度が高いです。

三井住友銀行ATMだけでなく、E-netやローソン銀行、セブン銀行ATMなどから借入と返済が行えます。

カードローンの申込は24時間365日できます。

しかし、申込時間によっては審査がすぐに行われるわけではありません。

時間に余裕を持って申込を心がけましょう。

借入可能か診断もできる三菱UFJ銀行「バンクイック」

三菱UFJ銀行もアプリからカードローン「バンクイック」の申込が可能です。

三菱UFJ銀行のアプリの特徴は、次の通リです。

三菱UFJ銀行アプリの特徴

口座がなくても申し込める

24時間365日いつでも申込できる

以前まで「バンクイック」は即日融資サービスがありました。

しかし2018年1月からサービス停止となっているため注意しましょう。

申込はいつでも可能ですが、審査は営業時間に行われているため注意が必要です。

申込時間によっては翌営業日に審査開始になる場合があることを理解しておきましょう。

入会で楽天ポイントが1000ポイント貯まる楽天銀行スーパーローン「メンバーズデスク」

楽天銀行アプリからカードローン「スーパーローン」へ申し込みが可能です。

楽天銀行アプリの特徴は、次の通りです。

タイトルが入ります。

口座がなくても申込可能

24時間365日、申込ができる

コンビニでのカードローンATM利用手数料0円
(※一部利用できない時間帯・利用手数料が発生する場合がございます)

楽天銀行カードローンの特徴としては、入会するだけで楽天ポイントが1000ポイントもらえることです。

カードローン利用時は口座開設と合わせて、検討するようにしましょう。

他の銀行は手数料がかかる、コンビニATMの利用手数料が0円という利点もあります。
(※一部利用できない時間帯・利用手数料が発生する場合がございます)

各種ローンの利用状況も確認できるPayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)のアプリを利用することで、アプリで申込から借入まで行えます。

ネットキャッシング(カードローン)の特徴は、以下の通りです。

PayPay銀行アプリの特徴

24時間365日、申込可能

利用状況が見られる

PayPay銀行アプリの特徴としては、グラフが表示されるなどの借入状況のわかりやすさです。

利用開始後も管理しやすいことが魅力です。

ただしPayPay銀行銀行の口座がないと、スムーズに借入できません。

そのためカードローンを申し込む際は、口座開設を行いましょう。

さらにPayPay銀行アプリでは、各種ローンの利用状況も確認できます。

具体的には以下の通りです。

  • 極度型ローンのお借入残高
  • 目的型ローン/フリーローンのお借入残高
  • 住宅ローンのお借入残高
  • 投資信託の評価金額(残高)・評価損益
  • 外貨普通預金の円換算残高・評価損益
  • 外貨定期預金の円換算残高・評価損益

多機能なアプリを利用したい方は、カードローンも利用できるPayPay銀行アプリを検討してみてもよいでしょう。

利用限度額の増額申請も可能なスルガ銀行カードローンアプリ

スルガ銀行はアプリを利用することで、ローンカードなしで借入や残高照会、預け入れなどが行なえます。

借入上限額の増額申請もアプリからできる為、高額な資金が必要になった場合でも対応が可能です。

スルガ銀行カードローンアプリの主な特徴は、次の通りです。

スルガ銀行カードローンアプリの特徴

口座がなくても申込できる

24時間365日、いつでも申込可能

アプリ上から増枠申請が可能

しかしスルガ銀行カードローンアプリを利用するには、すでにスルガ銀行のカードローンに契約をしている必要があります。

A.Iスコアレンディングで独自の審査を行うJ.Score(ジェイスコア)

 

みずほ銀行とソフトバンクが提供している「J.score(ジェイスコア)」をご存知でしょうか?

J.scoreは金融機関ごとの審査ではなく、AIが判定した「AIスコア」にもとづいて融資を行うサービスです。

J.scoreの特徴は次の通りです。

J.scoreの特徴

最短即日融資

土日祝の融資に対応

銀行カードローンよりも金利が低くなる場合もある

即日融資を希望する場合、平日22時55分までに借入申込を行う必要があります。

J.scoreはみずほ銀行やソフトバンクあるいはワイモバイル、Yahoo! JAPANの取引情報を連携することで、AIスコアが変動します。

そのため内容によっては、低金利や限度額の向上が見込めます。

注意点としては、借入には事前にAIスコアを診断する必要な点です。

個人情報に関する質問のほかにも、追加質問もあり全部で160問程度あります。

他のサービスより、借入までに手間と時間がかかってしまいます。

アプリ上での入出金が特徴のLINEポケットマネー

チャットアプリLINEで有名なLINEグループは、LINEポケットマネーというサービスを提供しています。

日常で利用しているLINEを持っていれば、申し込みができます。

LINEポケットマネーは、以下の特徴があります。

LINEポケットマネーの特徴

LINEアプリで申込完結

AIスコアに応じた融資

24時間365日申し込み可能

LINEポケットマネーで注意すべきは、入金されるのがLINE Payであることです。

そのため申し込みにはLINE Payアカウントが必要となり、使える先が制限されるため注意しましょう。

スマホアプリでお金を借りるメリット

スマホの普及に伴い、カードを発行して借入・返済するスタイルから、カードローンはより便利になりました。

では具体的にカードを発行する場合とアプリを利用するのとでは、どのような違いがあるのでしょうか?

この章では、スマホアプリを利用してお金を借りるメリットについて解説します。

即日融資でお金を借りやすい

スマホアプリでの借入は、消費者金融へ申し込み、カードを受け取ってATMで借入するより短い時間で借入が完了します。

手持ちのスマホ画面を操作して申し込めば、指示に従っていくだけでスマホをカード代わりにお金を借りられます。

スマホアプリで審査申し込み、借入の準備が整えば、コンビニATMのQRコードを読み込むだけで即日借入が可能です。

24時間いつでも借入が可能

スマホアプリでの借り入れなら、コンビニATMが稼働さえしていればいつでもアプリで借入ができます。

急な出費でお金が必要になるタイミングは読めないものです。

スマホアプリを使った借入なら、急なタイミングに合わせた借入が可能です。

消費者金融からお金を借りたことが周りに知られにくい

消費者金融によっては、スマホアプリのデザインが消費者金融だとわからない設定になっています。

アコムのスマホアプリは、消費者金融のアプリだとわからないほど、シンプルなデザインとなっています。

消費者金融のカードを持ち歩いて、ATMで借入しているところを見られるのが気になる方は、スマホアプリを活用しましょう。

コンビニでお金を下ろすように、コンビニで融資を受けられます。

スマホアプリでお金を借りるデメリット

便利になったスマホアプリでの借入ですが、全ての人にとって使いやすくなったわけではありません。

スマホを利用するからこそ起こるデメリットが発生してしまう事もあります。

この章では、スマホアプリを使ってお金を借りる際におこる注意点を解説していきます。

気軽さは借りすぎてしまうリスクにもつながる

気軽にコンビニATMからお金を借りられるのは、必要ないお金を借りてしまうリスクにもつながります。

スマホアプリでの借り入れは簡単で融資が速いので、「無用な申し込みと借入」を招く危険性もあります。

借入はあくまで最低限に、返済は計画的に行いましょう。

スマホが使える状況でしか利用できない

当然のことながら、スマホアプリを使った借入にはスマホが必要です。

例えばスマホの電池が切れている、電波が圏外など、スマホが利用できない状態ではお金を借りられません。

外出中、急にスマホアプリを使ってお金を借りるとき、バッテリー切れにならないよう注意が必要です。

ネットショッピングで役立つスマホアプリ3選

アプリを検討してみましょう

ネットで買い物するためにお金を借りたい方は、バーチャルカードアプリやネット決済アプリの利用を検討しましょう。

これらのアプリを利用すれば、所持金がない状態でもショッピングを行うことが可能です。

この記事で紹介するアプリは、以下の3つです。

  • バンドルカード
  • atone
  • Paidy (ペイディー)

各企業が提供するアプリの特徴や、注意点について解説していきます。

翌月支払いで誰でも発行可能なバンドルカード

バンドルカード

バンドルカードは1分で作れて、3分で買い物ができるバーチャルのVisaプリぺイドカードです。

使う分の金額をチャージすれば、クレジットカードと同じようにVisaに加盟している店舗で使えます。

バンドルカードの特徴は次の通りです。

バンドルカードの特徴

1分で作れてすぐに買い物に利用できる

アプリをダウンロードすることでネット決済に対応

審査や年齢制限なし

発行まで最短1分で利用できる点が魅力です。

しかしバンドルカードはプリぺイドカードのため、基本は前払いになります。

そのため購入するなら、チャージをする必要があるので注意しましょう。

またリアル店舗でバンドルカードを使いたい場合、物理カードを受け取る必要があります。

インターネットでのお買い物ではアプリのダウンロードで使用できます。

バンドルカード公式サイト

実店舗でも利用可能なatone

atone

買い物した金額を翌月、コンビニで支払える「atone」をご存知でしょうか?

支払いを商品が届いた後にできて安心で、コンビニで支払いができます。

atoneは複数の支払いを、翌月にまとめることもできます。

さらに支払い金額に応じてポイントが付く決済方法です。

atoneの特徴は次の通りです。

atoneの特徴

カード不要で利用できる

翌月コンビニ払いの新しい決済方法

ネットだけでなく実店舗の買い物で支払える

atoneのコンビニ払いは、ローソン(Loppi)とファミリーマート(Famiマート)に対応しています。

ネットショッピングや店舗で利用したい場合、atoneマークが表示されている場合に限り使用できます。

しかしatoneは会員登録と審査が必要です。

また利用可能な金額は50,000円が基準です。

申込者によって変動するため、注意しておきましょう。

atone公式サイト

3回あと払いで分割支払いが可能なPaidy(ペイディー)

Paidy(ペイディー)はatone同様、翌月に支払いできる決済サービスです。

Paidy(ペイディー)の特徴は次の通りです。

Paidy(ペイディー)の特徴

翌月払いはもちろん、「3回あと払い」もできる

クレジットカード不要で利用可能

口座振替可能で支払いに行かなくても良い

Paidy(ペイディー)はコンビニ翌月払いだけでなく、銀行振込や口座振替に対応しています。

支払いの自由度が高い点が魅力と言えるでしょう。

Paidy(ペイディー)の分割払いは2020年10月26日に終了しましたが、新たに「3回あと払い」サービスが開始されました。

3,000円以上の決済につき、決済時に「3回あと払い」を選択すると翌月からの3回払いに設定可能です。

Paidy(ペイディー)公式サイト

資金調達に使えるスマホアプリ4選

おすすめアプリ3選
「お金は欲しいけど、カードローンやキャッシングを利用するのは不安」という方は多いと思います。

借入に不安がある方は、フリマアプリやレンタルアプリを利用してみましょう。

アプリでの資金調達は時間がかかりますが、返済の必要がありません。

この記事で紹介するアプリは、以下の4つです。

  • メルカリ
  • CASH
  • Alice.style
  • PayPay(※返済の必要あり)

各企業が提供するアプリの特徴や、注意点について解説していきます。

累計出品数20億品を超える不用品売買アプリのメルカリ


フリマアプリで有名なメルカリですが、要らないモノを販売することで資金調達を行えます。

2020年12月には累計出品数が20億品を突破し、人気の高さがうかがえます

参考:「メルカリ」累計出品数が20億品を突破

メルカリは出品が簡単で、多くの人が利用していることから、売れやすいと言われています。

しかし販売金額に応じて販売手数料がかかることや、売上金を用意するまでに時間がかかることに注意してください。

ご自宅に整理したい品物がある場合は、断捨離しながら資金調達が可能です

ブランド品をスマホで査定ができるCASH

中古品の即時買取アプリであるCASHは、メルカリなどのフリマアプリと違い、すぐに現金を用意できます。

商品撮影を行い査定してもらった後、現金を受け取れる仕組みです。

素早く資金調達できることが魅力のサービスですが、ノーブランド商品は査定の対象外となります。

そのためブランド品を査定してもらう必要があるでしょう。

モノをシェアしてお金を稼ぐAlice.style(アリススタイル)

モノの貸し借りがアプリでできるAlice.style(アリススタイル)をご存知でしょうか?

ユーザー間のレンタル予約や発送連絡、メッセージなどはアプリ内ですべて完結できます。

Alice.style(アリススタイル)は、あまり使っていないモノをレンタルすることで資金調達できます。

しかし貸す時のメッセージのやり取りや、発送などの手間がかかってしまうことに注意してください。

また貸した商品が汚れたり、壊れたりする可能性がある点に注意しましょう。

PayPay

ショッピング決済で役立つPayPay内のミニアプリを使って、お金を借りられます。

まずPayPayアプリ内の、「お金を借りる」をタップします。

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)のカードローンページに偏移し、そこから申込や借入の手続きを行えます。

融資金額は指定した口座に振り込まれるため、PayPayへのチャージはできていません。

そのためPayPayとして利用したい場合は、自身でチャージ手続きを行う必要があります。

PayPay銀行は、PayPay内でカードローンを申し込んだ人対象に100日間無利息キャンペーンを実施しています。

返済の義務がある点には注意しましょう。

まとめ

ここまでアプリを利用してお金を借りる方法や支払う方法、集める方法についてごお紹介してきました。

スマホひとつで簡単にできる点が、アプリを利用する利点です。

最後に記事の内容をまとめておきます。

アプリでお金を借りたい時は、以下の金融機関からカードローンの利用を検討してください。

会社名 特徴 審査時間 融資スピード 借入限度額 実質年率
プロミス 30日間無利息

融資まで最短1時間

最短30分 最短1時間 1万円~500万 4.5%〜17.8%
アイフル 初回30日間無利息

融資まで最短即日

最短30分 最短1時間 1,000円~800万円 3.0%〜18.0%
アコム 30日間無利息

融資まで最短1時間

最短30分 最短1時間 1万円~800万円 3.0〜18.0%
レイクALSA 30日間無利息※1

返済自由度が高い

最短15秒 web申込で最短60分※2 1万~500万円 4.5%〜18.0%
SMBCモビット web完結申込で電話、郵送物連絡なし

ノンバンク部門 顧客満足度1位

最短即日 最短即日融資 1万円~800万 3.0%〜18.0%
三井住友銀行 ローン契約機ならその場カード受取

借入限度額が大きい

最短翌営業日回答※3 最短翌営業日融資※3 10~800万 年1.5%〜14.5%
三菱UFJ銀行 テレビ窓口でスピーディー手続き

パートやアルバイトでも申込可※4

最短翌日審査回答※3 最短翌日融資※3 10万円~500万円 1.8%〜14.6%
楽天銀行 提携ATM利用手数料無料※5
(一部利用できない時間帯・利用手数料が発生する場合がございます)
パートやアルバイトでも申込可※4
最短翌日 不明 10万円~800万円 1.9%〜14.5%
PayPay銀行 初回30日間無利息

ジャパンネット銀行の口座があるとスムーズ借入

不明 不明 1,000万円 1.59%〜18%
スルガ銀行カードローン 金利はやや低めに設定

審査基準はやや厳しい

不明 不明 500万円 3.9%〜14.9%
J.Score(ジェイスコア) 金利が低い

AIスコアに基づいた審査方法

最短30分 最短即日 10万円~1,000万円 0.8%~15.0%※6
LINEポケットマネー LINE Payに入金される

AIスコアに基づいた審査方法

不明 不明 1円〜300万円 3.0%〜18.0%

※1…レイクALSAは申し込む条件により適用される特典が異なります。30日の他、web申し込みで60日間や借入額5万円まで180日間無利息期間サービスがあります。
申し込みの際は適用される条件を確認しましょう。

※2…レイクALSAで60分融資を利用したい場合、契約時間に注意しましょう。
必要書類の提出と審査が9時〜22時(日曜:9時〜19時)の間に契約を行う必要があります。

※3…申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況による異なります。
※4…申込には安定した収入が必要です。
※5…ATMでの借入の都度、借入金額に応じた手数料が無料になります。
1万円以下の場合は100円が、1万円超では220円が手数料です。

※6…実質年率0.8%はみずほ銀行、ソフトバンク、ワイモバイル、Yahoo!JAPANとの情報連携をすべて行った貸付利率です。

アプリで借入は手軽で便利ですが、手軽な反面「借りすぎ」につながりかねません。

そのため借入前に返済計画を立てるようにしましょう。

アプリを使ってネットショッピングなどでお金を支払いたい方は、以下のサービス利用を検討してみましょう。

  • バンドルカード(Viasaプリペイドカード)
  • atone(コンビニ翌月後払い)
  • Paidy(さまざまな翌月払いができる)

アプリでお金を稼いだり、集めたい方は以下のサービスの利用を検討してみましょう。

  • メルカリ(利用者数が多いフリマアプリ)
  • CASH(ブランド品などを即現金化)
  • Alice.style(使っていないモノをレンタルできる)
  • PayPay(アプリ内アプリでPayPay銀行提携のカードローンで借入可能)