auPAYスマートローンは在籍確認なしでは契約できない

auPAYスマートローンから借入する際は、「在籍確認なしで契約したい」と考えている方も少なくありません。

結論からいうと、auPAYスマートローンは在籍確認なしで契約できません。

クレジットカードやカードローンなどの金融商品は、申込時に在籍確認が必ず実施されます。

在籍確認が完了しない限り、金融機関・貸金業者からはお金を借りられません。

当記事では、auPAYスマートローンが在籍確認なしで契約できない理由や、申込時の必要条件などを解説します。

auPAYスマートローンの契約を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

auPAYスマートローンは貸金業法の対象であるため、在籍確認なしでは契約できない

auPAYスマートローンを契約する時は在籍確認のほかにも、5つの条件を満たす必要がある

auPAYスマートローン以外の金融商品なら、職場への電話連絡なしで申請することが可能

auPAYスマートローンは在籍確認なしでは契約できない

auPAYスマートローンが在籍確認なしで契約できないのは、貸金業法により返済能力の調査が義務付けられているからです。

貸金業法とは過剰貸付を抑制するために施行された法律で、平成18年に改正が行われました。

改正の内容は、以下の通りです。

  • 貸金業の適正化
  • 過剰貸付の抑制
  • 金利体系の適正化
  • 闇金対策の強化

返済能力の調査は「過剰貸付の抑制」で導入された、「総量規制」の部分に明記されています。

貸金業者は個人に貸付を行う場合、申込者の返済能力を必ず調べなければいけません。

信用情報を確認しつつ在籍確認で収入の有無を調査するのが、返済能力調査の主な内容です。

auPAYスマートローンへの申し込みを検討している方は、在籍確認の重要性をよく認識しておいてください。

在籍確認の電話は勤務先もしくは携帯電話にかかってくる

auPAYスマートローンの場合、在籍確認は電話で行われる可能性が高いです。

公式サイトの質問ページを調べたところ、在籍確認について以下の記載がありました。

お申し込み内容や「ご本人さまがお勤めされている事」の確認等のため、勤務先および携帯電話(お申し込み時の登録電話番号)にお電話させていただく場合がございます。

引用:auPAYスマートローン 申し込み(審査)時に確認の電話はかかってきますか?

在籍確認の電話は勤務先、もしくは申込時の登録電話番号にかけるようです。

電話をかける時間帯は、記載されていませんでした。

ただ在籍確認を行う際、担当者の方は個人名で電話をかけると説明されています。

自分以外の方が電話に出ても、auPAYスマートローンの在籍確認だと可能性は低いです

申込日に在籍確認がとれない場合は翌日以降の対応となる

auPAYスマートローンの在籍確認は、申込日当日に行われる場合が多いです。

しかし当日中に在籍確認が完了しなかった場合は、翌日以降に在籍確認を再度実施することになります。

当然在籍確認が完了しない限り、審査を進めることはできません。

そのため即日融資を希望する場合は、申込日当日に在籍確認を必ず完了させる必要があります。

auPAYスマートローンで即日融資を受けたい方は、会員専用デスクに一度問い合わせてみましょう

会員専用デスクでは、申込に関する質問や相談を電話で受け付けています。

相談を行っておけば、在籍確認の電話がくる時間帯を事前に指定できるかもしれません。

誰にも気づかれずに即日融資を受けたい方は、ぜひauPAYスマートローンの会員専用デスクに連絡してみてください

auPAYスマートローンの在籍確認は審査結果の連絡前に行われる

auPAYスマートローンの場合、在籍確認は審査結果を連絡する前に実施されます

申込時の流れは、以下の通りです。

(1)申込情報を入力し、auPAYスマートローンの申請を行う

(2)金融機関口座を登録し、本人確認書類・収入証明書を提出する

(3)連絡メールに記載されているページで、審査結果を確認する

(4)契約手続きを行い、融資を引き出す

公式サイトで手続きの流れを確認した結果、在籍確認は(2)の部分で実施されている可能性が高いです。

auPAYスマートローンは最短30分で、審査結果を記載したメールが届きます。

そのため本人確認書類と収入証明書の提出後、30分後には在籍確認の電話がかかってくるはずです。

当日中にauPAYスマートローンでお金を借りたい方は、電話に対応できるよう準備を行っておいてください

審査結果は最短30分でau IDの確認ページに届く

auPAYスマートローンの審査結果は、申込時に登録したメールアドレスへと送信されます

メール内に記載されているURLページを開き、au IDを入力してログインすれば審査結果の確認が可能です。

結果が届くのは最短30分ですが、申込内容によっては審査時間が長引く場合もあります。

30分経ってもメールが届かない時は、au IDログイン画面で審査状況を確認してみましょう。

ログイン画面ではau ID(登録したメールアドレス)とパスワードを入れることで、契約内容や審査状況などを確認できます。

au IDを登録していない方も、新規登録を行えばすぐに利用可能です。

審査状況が気になる方は、au IDログイン画面をぜひ活用してみてください。

契約完了後は「au PAY」「口座振込」で24時間いつでも取引可能

auPAYスマートローンで現在取り扱いされている借入方法は、「au PAYチャージ」と「口座振込」の2種類です

公式サイトのお借り入れ方法には、「セブン銀行スマホATM」も記載されています。

しかしサービスが終了しているため、現在セブン銀行ATMでの借入は利用できません。(2021年10月時点)

「au PAYチャージ」は、借入した資金を所有しているau PAY残高へチャージする借入方法です

チャージ残高は、au PAYに対応している店舗・ネットサイトなどで使えます。

「口座振込」は、指定した銀行口座に融資を送金してもらう借入方法です。

銀行・コンビニATMを利用すれば、借入した融資を現金で引き出せます。

どの借入方法も原則24時間、土日祝日でも対応可能です

契約完了後に融資を引き出す際は、それぞれの使いやすい方法で借入を行ってください。

auPAYスマートローンを契約する際に必要な5つの条件

auPAYスマートローンを契約するには、5つの申込条件をすべて満たす必要があります

条件の内容は、以下の通りです。

申込情報に嘘の情報や記入漏れがない

信用情報の中に金融事故が登録されていない

在籍確認の電話にきちんと対応できた

他での借入総額が年収1/3を超えていない

2社以上の貸金業者からお金を借りていない

auPAYスマートローンの審査基準は、他のカードローンとほとんど同じ内容です

申込情報・信用情報・在籍確認のいずれかに問題が合った場合、審査を通過するのは難しくなります。

申し込みを考えている方は、条件内容をよく確認しておいてください。

ここではそれぞれの条件について詳しく解説します。

申込情報に嘘の情報などが記入されていない

auPAYスマートローンに申請を行う際、申込情報には嘘の情報を書かないようにしましょう

貸金業者は審査の際、提出された申込情報と信用情報の内容を比較します。

そのため申込内容に嘘の情報を書いても、すぐにバレてしまう可能性が高いです。

嘘の情報がバレた場合、担当者から「この申込者は信用できない」と判断されてしまいます。

当然、auPAYスマートローンの審査で落とされる可能性も高いです。

また嘘をつくつもりがなくても、書き間違いや記入漏れがあると担当者から悪い印象を持たれてしまいます。

申込情報を提出する際は、内容に誤りがないか確認することも大切です。

これからauPAYスマートローンを申し込む方は、申込情報の内容を一度確認しておいてください

信用情報に返済遅延などの金融事故が登録されていない

auPAYスマートローンの申込時に最も注意すべきなのは、信用情報の内容です

信用情報とは信用情報機関に登録されている個人情報で、主に以下のような情報が登録されています。

  • 申し込み情報(申込者の氏名・生年月日・申請した金融商品の履歴など)
  • クレジット情報(現在契約している金融商品の契約額・支払い回数など)
  • 利用記録(利用した金融商品の契約日・借入先の会社名など)

ただし信用情報の中には、返済遅延などの金融事故も登録されるようになっています。

信用情報の中に金融事故が登録されていた場合、金融商品を契約することはできません。

auPAYスマートローンを申し込む際は、申込前に金融事故が登録されていないか一度よく確認しておきましょう。

CICやJICCなどの信用情報機関で開示を求めれば、個人でも信用情報の確認は可能です。

信用情報の開示は郵送や窓口、ネット手続きでも申請できます。

過去に金融事故を起こした経験がある方は、金融事故の情報が消去されるまで申し込みは控えましょう。

在籍確認の電話に対応できる

在籍確認の電話は、申込情報に記載された職業・収入が事実か調べるための作業です。

カードローンの新規申込を行う方の中には、働いていないのに職業や収入面で嘘の情報を書く方が存在します。

そのためカードローンを契約する際は審査時に在籍確認を行い、申込情報に誤りがないか確認するのが必須です。

登録した電話番号と連絡がとれなかった場合、審査を通過することはできません。

これからauPAYスマートローンを申し込む方は、在籍確認の電話に備えて準備を行っておきましょう

家族にカードローンの存在を気づかれたくない場合は、連絡先には自身の携帯電話番号を記入しておくのが有効です。

携帯電話番号を入力しておけば、自宅に在籍確認の電話がくることはありません。

家族にカードローンの存在がバレる可能性を最小限に抑えられます。

誰にも気づかれずにauPAYスマートローンを契約したい方は、ぜひ試してみてください

他社での借入が年収1/3以上に達していない

貸金業者や銀行から借入できる融資には、総量規制によって上限が設けられています。

総量規制が指定する個人の借入上限は、年収の1/3までです。

この上限には、他社での借入もすべて含まれます。

現在の借入総額が総量規制に抵触している場合、金融商品を新たに契約することはできません。

すでに他社で借入を行っている方は、auPAYスマートローンを申し込む前に借金の総額を確認しておいてください

借入総額が年収の1/3以上に達していた場合は、借金の返済に専念するべきです。

借金総額を総量規制に抵触しない額まで返済しておけば、他社に借入がある方でも契約できる可能性はあります。

現在2社以上の会社から融資を受け取っていない

他社ですでに借入を行っている方は、借入件数にも注意をはらう必要があります。

貸金業者や銀行は返済能力のない方や、多重債務者の方には融資を渋る傾向が強いです。

複数のカードローンを契約していた場合、審査時に「多重債務者ではないか」と疑われてしまいます。

審査を少しでも有利に進めたいのであれば、借入件数はなるべく減らしておくのが適切です。

現在複数の会社から借入を行っている方はまず借入件数を減らし、それからauPAYスマートローンを申し込みましょう。

借入件数は2社までであれば、カードローンの審査には影響を与えにくいとされています。

審査に不安を感じる方は、借入件数を2社まで減らしてから申請を行ってみてください。

auPAYスマートローン申込時に確認しておくべき3つの注意点

auPAYスマートローンを申し込む時は、3つの注意点を必ず確認しておく必要があります

注意点の内容は、以下の通りです。

  • 申込時は本人名義のau IDを登録する必要がある
  • au PAY カード(au PAY ゴールドカード)を持つ方は契約できない
  • 入会後6ヵ月経つまで増額申請は申し込みできない

上記の注意点に一つでも該当していた場合、融資を断られてしまう可能性が高いです。

内容によっては、契約を解除されてしまう場合もあります。

auPAYスマートローンの申請を考えている方は、内容をよく把握しておいてください

ここでは、それぞれの注意点について詳しく解説します。

申し込みの際は本人名義のau IDが必要となる

審査結果を確認する時にはau IDを使用しますが、契約時に使用できるIDは本人名義のものだけです。

法人契約で使っているIDや、家族が使用しているIDでは申請できません。

au IDは、auが提供する各種サービス・コンテンツを利用する際に必要なIDです。

登録は無料で行うことが可能で、登録手続きはスマホ・携帯電話で行えます。

auの回線を契約していない方も、au IDの登録は可能です。

これからauPAYスマートローンを申し込む方は、忘れずにID登録を完了させておいてください

au PAY カード(au PAY ゴールドカード)を所有する方は申請不可

auPAYスマートローンは原則、au PAY カード(au PAY ゴールドカード)とは併用できません。

au PAY カード(au PAY ゴールドカード)とは、auサービス利用時に使うとPontaポイントが獲得できるクレジットカードです。

発行されるカードにはクレジット機能だけでなく、キャッシングサービスも付帯できます。

近くの銀行・コンビニATMでカードを使えば、必要に応じて融資を引き出すことが可能です。

au PAY カードをすでに持っている方は、キャッシングサービスを活用しましょう。

ちなみにキャッシングサービスは、口座振込にも対応できます

Web上でキャッシング申込後、翌営業日以降にカードの代金支払口座へ融資を送金可能です。

ローンの増額申請は入会後6ヵ月未満だと申請できない

auPAYスマートローンは契約後に利用限度額を増額できますが、増額申請が行えるのは入会後6ヵ月以降となります

契約からまだ6ヵ月経っていない方の場合、増額申請は受け付けてもらえません。

また増額申請を行う時は、以下の条件にも気をつける必要があります。

  • auPAYスマートローンの返済が遅れている方
  • auPAYスマートローンの返済を長期間滞納している方

カードローンの利用限度額を増額するには、借入先からの信用がとても大事です。

貸金業者から信用を得るには、期日通りに返済を行わなければいけません。

融資の返済を滞納・遅延していると、信用はどんどんなくなってしまいます。

当然信用が低ければ、増額申請を断られる可能性も高いです。

逆に返済実績を積み重ねていけば、増額審査で有利となります。

auPAYスマートローンの利用限度額を増やしたい方は、まず6ヵ月分の返済実績を積み重ねていってください。

在籍確認の職場連絡なしで申込可能なカードローン2社

電話連絡なしでカードローンを契約したい方は、auPAYスマートローン以外のカードローンへ申し込んでみましょう。

以下のカードローン2社なら、職場への電話連絡なしで契約できる可能性があります。

  • SMBCモビット
  • アイフル

大半のカードローンは新規申込時、勤務先もしくは自宅への電話連絡が必須となります。

しかし「SMBCモビット」と「アイフル」の2社は、電話連絡なしで申込可能です。

うまく手続きを進められれば、バレる可能性を最小限に抑えられます。

ここでは各カードローンの特徴について解説します。

Web完結なら電話連絡なしで申し込める「SMBCモビット」

SMBCモビットは申込時に相談を行うことで、在籍確認を書類提出による代替確認へ変更できる場合があります。

代替確認は社員証などの証明書類を提出し、自身に安定した定期収入があることを証明する手続きです。

代替確認が実施できるという事実は、公式サイトのよくある質問にもきちんと明記されています。

ただし職場への電話連絡を代替確認へ変更してもらうには、Web完結で申請を行わなければいけません。

自動契約機や電話などの方法で申請した場合は、通常通りに勤務先への電話連絡が実施されます。

電話連絡なしでお金を借りたい方は、必ずWeb完結で申し込みを行ってください。

原則的に自宅・勤務先への電話連絡なしで申請できる「アイフル」

アイフルは原則、申込時に自宅・勤務先への電話連絡を行っていないカードローンです。

申込情報に問題がなければ、電話連絡なしで審査を進められます。

またアイフルは初回申込時に限り、30日間の無利息サービスを利用することが可能です。

契約日の翌日から30日間は、何度取引を行っても利息が発生しません。

短期間の借入を検討している方や、返済時の利息を安く抑えたい方にもおすすめです。

申込時の在籍確認が心配な方は、アイフルへの申し込みをぜひ検討してみてください。

まとめ

auPAYスマートローンの在籍確認について解説しましたが、いかがでしたか?

auPAYスマートローンは他のカードローンと同様、貸金業法に従って融資を提供しています。

申込時には返済能力と信用情報の調査が必須となっているため、在籍確認なしでは契約できません。

ただし在籍確認を行う際、担当者の方は会社名ではなく個人名を名乗ります。

自分以外の方が電話をとっても、カードローンだとバレる可能性は低いです。

またauPAYスマートローンの審査基準は、他のカードローンと似た内容となっています。

申込情報・信用情報・在籍確認の3つに注意しておけば、審査を有利に進めることが可能です。

これからauPAYスマートローンを申し込む方は、ここで解説した情報をよく確認しておいてください。