1・2・3万円を借りる方法

急な出費により、1万円や3万円のお金が必要になる時があるかと思います。

結論から言うと、1万円・2万円・3万円を借りる方法は以下の基準で選びましょう。

  • 借入限度額が1万円以上
  • 融資速度が最短即日
  • 金利が抑えられている

また今すぐ1~3万円の少額融資が必要な方は、大手消費者金融の利用を検討してみましょう。

借入限度額が1万円から可能で、最短30分程で融資が可能なためです。

当記事では、1・2・3万円を借りるのにおすすめの消費者金融を紹介します。

また、消費者金融以外の方法でお金を借りる方法も紹介します。

即日で1・2・3万円を借りたい方は当記事を読んで参考にしてみて下さい。

※1万円・3万円などの少額の金額でも、審査なしでは借りられません。

貸金業法等の改正により、貸付の際は返済能力調査が義務付けられています。

今日中に1・2・3万円借りる場合は消費者金融がおすすめ

今日中に1・2・3万円の少額なお金を借りる時には、消費者金融がおすすめです。

消費者金融なら1万円から借入可能なためです。

また消費者金融には、他にも以下の特徴もあります。

  • 最短30分程で融資を受けられる
  • 初めて利用するなら30日間利息0円で借りられる場合がある
  • 消費者金融は土日祝日でも審査を行っている
  • Web申し込みの利用が可能

一方銀行カードローンの貸付額は10万円以上のため、1~3万円は借りられません。

また審査の際に警察庁の確認が必要なため、即日融資にも対応していません。

1~3万円の少額融資を希望している方は、消費者金融の利用を検討してみましょう。

最短30分程で融資を受けられる

今すぐお金を借りたい時には、最短30分程で融資が可能な大手消費者金融がおすすめです。

消費者金融は60分以内で審査完了する業者が多く、中には審査から借入まで最短30分で可能な消費者金融もあります。

お金は借りたいけど時間がないといった方には特におすすめです。

各消費者金融の最短審査時間と融資までの時間を表にまとめましたので確認しましょう。

消費者金融 最短審査時間 最短融資時間
アコム 30分 60分
アイフル 30分 60分
SMBCモビット 30分 即日
プロミス 30分 30分
レイクALSA 15秒 60分
セントラル 当日中 当日中

初めて利用するなら30日間利息0円で借りられる場合がある

消費者金融を含む金融機関では、返済時に利息を支払わなくてはなりません。

1・2・3万円の少額であれば、1ヶ月で数百円~千円程度ですが、利息が発生します。

しかし多くの消費者金融では、初めて利用する方限定で、無利息サービスを実施しています。

無利息サービスとは、契約から又は初回利用日から一定の期間利息がかからないサービスの事を指します。

消費者金融を検討するなら、無利息サービスを提供している業者を選ぶ方が賢明でしょう。

無利息で借りられる期間は消費者金融によって異なる為、以下を参考にしてみて下さい。

  • アイフル:最長30日間
  • アコム:最長30日間
  • SMBCモビット:なし
  • プロミス:最長30日間
  • レイクALSA:選択可能。借入金1〜200万円で60日間または借入金5万円までで180日間
  • セントラル:最長30日間

レイクALSAは他の消費者金融と比べ、無利息サービスを選べる仕様になっています。

5万円までなら180日間無利息で借入可能な為、少額融資を希望する方にとっては嬉しいサービスといえるでしょう。

しかし、どの消費者金融の無利息サービスを利用したとしても、元本の返済は怠ってはいけません。

無利息期間中だからといって元本の返済を忘れると、サービスが適応されなくなるだけでなく、年率20%の遅延損害金を支払わなくてはいけなくなります。

無用なお金を支払う事になる為、忘れずに返済しておきましょう。

Web申込を利用すれば来店せずに申請可能

多くの消費者金融では、WEBやスマホで簡単に審査申込が可能です。

Web申し込みのメリットとしては以下のような点が挙げられます

  • 来店が不要
  • 24時間申込可能
  • 本人確認や所得証明書の提出が画像のアップロードで可能
  • 家族や知り合いに融資がばれにくい

ただし、消費者金融の公式サイトで「Web申し込み可能」と書いていても、実際には来店が必要な場合もあります。

特に中小消費者金融などは即日融資を希望する際には、来店が必要などの条件を設けている業者もあります。

その他大手の消費者金融でも、郵送以外でカード発行を希望する方は、無人契約機に足を運ぶ必要があるでしょう。

スマホ1台で申込から借入までを完結させたい場合は、「WEB完結申込」が可能かどうかを事前に確認しておきましょう。

消費者金融でお金を借りる場合、インターネット上やコンビニATMで融資を受けることができます。

24時間365日借入が可能な為、一度審査に通ればいつでもお金を借りる事が可能です。

提携コンビニATMを利用すれば、最短数十秒ほどでお金を出金できます。

ただし、消費者金融によって対応している口座や提携ATMが異なるので、申込前に自身の口座や近くのATMが対応しているかを確認しておきましょう。

各消費者金融のWEB申込とカードレスへの対応は、以下の通りです。

消費者金融 Web申し込み ネット振込・コンビニATM
アイフル 〇(webのみで完結) 可能
(※カードレス)
アコム 〇(webのみで完結) 可能
SMBCモビット 〇(webのみで完結) 可能
(※カードレス)
プロミス 〇(webのみで完結) 可能
(※カードレス)
レイクALSA 〇(webのみで完結) 可能
(※カードレス)
セントラル 〇(webのみで完結) コンビニATMの利用可能

自分のライフスタイルに合わせて、申し込みや借り入れがしやすい消費者金融を選ぶのをおすすめします。

消費者金融は土日祝日でも審査を実施してくれる

多くの消費者金融は、土日や祝日でも審査を行っています。

審査の受付時間も幅広く、平日は仕事があり申込ができないという方でも、安心して審査を受けることができるでしょう。

各消費者金融の審査受付時間を以下にまとめました。

消費者金融 受付時間
アイフル 平日土日祝ともに9:00〜21:00
アコム 平日土日祝ともに9:00〜21:00
(年末年始は除く)
SMBCモビット 平日土日祝ともに8:00〜21:00
プロミス 平日土日祝ともに9:00〜21:00
レイクALSA 平日土日祝ともに8:10〜21:50
(年末年始は除く)
セントラル 平日土日祝ともに8:00〜21:00

上記の表で分かる通り、土日祝日でも朝早い時間や夜間でも審査に対応している会社が多いことがわかります。

消費者金融を選ぶ際には、自分が申込できる時間帯に審査対応しているかどうかで選ぶのも良いでしょう。

また、審査通過後の融資においても、24時間365日いつでもATMや振込融資に対応している業者が多いです。

インターネット振込やコンビニATMを利用した借入方法については、のちほど解説します。

1・2・3万円借りる時におすすめな消費者金融6選

1・2・3万円を借りる時におすすめの消費者金融を6社ご紹介します。

紹介する6社のうち5社は大手の消費者金融であり、テレビCMやネット広告で一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

大手を利用するメリットのひとつとして、安心かつ安全に利用することができます。

消費者金融ごとに特徴が異なる為、よく比較して自分に合う消費者金融を選ぶようにしましょう。

消費者金融を選ぶときのポイントは、自身が重要視するポイントをあらかじめ決めることです。

選ぶべきポイントとしては、以下4つの内容を確認するとよいでしょう。

  • 金利の低さ
  • 無利息サービスの有無及び期間
  • 審査スピード
  • Web完結での申し込みが可能かどうか

どの条件を優先するかを決めておくことで、消費者金融を選ぶ際に迷わずに選べます。

また、消費者金融を利用する際は、後述する注意点を踏まえた上で借り入れを行うようにしてください。

瞬フリを使うと最短30分で借入可能なプロミス

金利 4.5~17.8%
無利息期間 30日間
融資時間 最短30分
WEB申込
土日審査

プロミスには瞬フリと呼ばれる、ネット上で振り込み依頼をすると最短10秒で振り込みを完了してくれるサービスがあります。

このサービスは200以上の金融機関口座に対応しており、24時間365日振り込み可能な口座も複数用意されています。

自分の持っている口座が瞬フリに対応していれば、ATMに行かなくてもすぐにお金を借りることができます。

支払期日が翌日に迫った深夜でも、家に居ながらお金を借りて対応できる為、緊急時にも便利です。

また、プロミスは他の消費者金融と比較して最大金利が0.2%低いのが特徴のひとつです。

多くの大手消費者金融が採用している最大金利は18.0%ですが、プロミスは17.8%と他の消費者金融よりも金利を抑えて借入が可能です。

また、プロミスの無利息サービスは「契約から30日間」ではなく「初回借入時から30日間」の為、契約後必要な時に利用しても利息0円のサービスが受けれます。

現在初回借入時から30日間の無利息サービスを受けれるのは、プロミスだけです。

少しでも返済額を抑えたい方や、いざという時に備えておきたい方はプロミスの利用がおすすめです。

Web完結なら電話連絡なしで申請できるSMBCモビット

金利 3.0~18.0%
無利息期間 なし
融資時間 最短即日
WEB申込
土日審査

SMBCモビットには、審査の申し込みをWebで完結させれば職場への電話連絡を省略なしで借入可能です。

消費者金融では提出書類に記載された会社で本当に働いているかどうかを確認する為、在籍確認の電話をかけます。

会社の上司や同僚に借り入れがバレたくない人にとって、在籍確認のハードルは高いでしょう。

しかしSMBCモビットでは、WEB完結申込を利用することで、職場への電話連絡が行われない為、安心して申込が可能です。

数多くある消費者金融会社の中でも、「職場への電話連絡なしで借り入れ可能」ということを公表しているのはSMBCモビットだけです。

電話連絡を避けたい方は、SMBCモビットを選ぶと良いでしょう。

約48%の確率で契約できるアイフル

金利 3.0~18.0%
無利息期間 30日間
融資時間 最短25分
WEB申込
土日審査

アイフルの審査通過率は48.2%と、消費者金融の中でも比較的高い審査通過率であるといえます。

消費者金融 審査通過率
アイフル 48.2%
アコム 41.2%
SMBCモビット 非公開
プロミス 39.9%
レイクALSA 非公開
セントラル 非公開

参考:アイフル2022年3月期第一四半期決算データブック

アコム株式会社Monthly Report2021年3月

SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標2022年3月期

ただし、アイフルを含む正規の消費者金融は、貸金業法に則って営業しています。

安定した収入が無い方や、過去に延滞などの金融トラブルがある方は審査に通らない為、自身にあてはまっていないか注意しましょう。

また、アイフルはカードなしでもスマホ1台でお金を借りることが可能です。

申し込みの時にカードレスを選択すれば、スマホ一つで借り入れと返済が可能になります。

公式アプリを利用すれば、コンビニATMでお金を借りることもできます。

財布の中の消費者金融のカードを見られて困る方にとっても、安心して利用できるでしょう。

審査が不安な方や、スマホ1台で申込から借入まで完結させたいという方に、アイフルはおすすめです。

最短30分で審査結果を確認できるアコム

金利 3.0~18.0%
無利息期間 30日間
融資時間 最短60分
WEB申込
土日審査

アコムでは、申込前に3つの項目を入力するだけで、借入可能かどうか3秒で判断可能な簡易ツールを利用できます。

「3秒診断」を利用すれば、個人情報を入力する事なく診断結果を知ることが可能です。

通常の審査では、個人情報を入力する為、個人信用情報センターに消費者金融への申込履歴が残ってしまいます。

個人信用情報に登録された申込情報は、6ヶ月間保管されてしまい、金融商品の利用時に悪影響が出る可能性があります。

アコムへ申込を検討する際は、「3秒診断」を利用し、自身に借入可能額が残っているのかどうか診断してから申し込むと良いでしょう。

無利息サービスが自由に選べるレイクALSA

金利 4.5~18.0%
無利息期間 最大180日間
融資時間 最短即日
WEB申込
土日審査

レイクALSAの最大の特徴は、利息0円のサービスを選べるというところです。

初めてWeb申込した方なら、借入金1〜200万円が60日間利息0円、または借入金5万円までが180日間利息0円のどちらかを選択可能です。

1・2・3万円の少額借入を希望する方なら、5万円まで借入最大180日間利息0円のサービスを利用で、他の消費者金融よりも長く無利息サービスを受けれます。

さらに即日融資にも対応しており、審査の申し込みから借り入れまで最短60分というスピードも魅力です。

審査時間は最短15秒で分かる為、時間が無い時でもストレスなく申込可能です。

全ての手続きをWebで済ませる為、無人機に足を運んで時間を取られる心配もありません。

審査に通過した後は、最短1分以内に借入金を口座に振り込んでもらえるのも、レイクALSAの嬉しいところといえるでしょう。

初回契約時は30日間利息0円になるセントラル

金利 4.8~18.0%
無利息期間 最大30日間
融資時間 最短即日
WEB申込
土日審査

セントラルは、今回の記事で紹介している他の大手消費者金融と異なり、中小の消費者金融になります。

大手の消費者金融の審査は、申込内容と自社の審査基準を、AIによる自動判別で機械的に判断しています。

しかし、中小消費者金融は職員が一人ひとり確認する工程が大手よりも多い為、大手と比べて柔軟な対応が可能です。

大手の消費者金融の審査に落ちた人は、中小消費者金融であるセントラルの利用を検討してみると良いでしょう。

セントラルの特徴は、大手消費者金融と遜色のないサービス内容です。

初回の利用時の最大30日間無利息サービスはもちろん、Webのみでの申し込みも可能です。

愛知を拠点に活動しているにも関わらず、全国で申込可能なのは利用者にとってメリットといえるでしょう。

中小の消費者金融の利用を検討する場合は、まずはセントラルを選んでみましょう。

消費者金融で1・2・3万円借りる場合の注意点

消費者金融で1・2・3万円を借りるときの注意点としては主に以下の三つが挙げられます。

  • 申し込み前に返済計画を立てる
  • 申し込み前に必要書類を用意する
  • 在籍確認が行われることを理解する

消費者金融の利用を検討している方の中には、「お金を借りて返済できるだろうか」「消費者金融の利用が家族に知られてしまわないだろうか」など、お金を借りる事に対する不安を感じる方もいるでしょう。

安心してお金を借りる為にも、申込前には注意点を理解しておくようにしましょう。

上記の注意点の中でも「返済計画を立てる」という項目は、消費者金融を利用するうえで大切な内容です。

返済計画を立てずに借りると、返済ができず、今後お金が借りれないなどの金融トラブルを抱える原因にもなりかねません。

特に初めてお金を借りる際には、三つの注意点をよく確認してから消費者金融を利用してくださいね。

申込時は事前に返済計画を立てておく

繰り返しになりますが、事前に返済計画を立てずに借り入れをすると、期限内に返済ができずにトラブルにつながる可能性があります。

借り入れ額が少額だからといって油断せず、必ず返済計画を立てるようにしましょう。

返済計画を立てる際は、以下の点を確認しておきましょう。

  • 返済日を決める
  • 返済額を決める

給料日やボーナスが入る日など、返済日をあらかじめ決めておきましょう。

消費者金融によっては、返済方式を「毎月固定」「31日毎」の2種類から選べる業者もあります。

毎月固定とは、その名の通り、毎月の支払日を固定し返済していく方式です。

31日毎の返済とは、1日が返済期日の場合、次の返済日は31日後となります。

つまり、毎月の返済期日が少しづつ後ろにズレてしまう為、給料日から遠い日に返済を迫られる月が発生してしまいます。

お金の管理ができる方は問題ありませんが、自信の無い方は、毎月固定を選ぶようにしましょう。

次に考えなければいけないのは、毎月の返済金額です。

一括で返済するのか、分割して返済するのか、無理のない返済ペースを設定しましょう。

また、返済額を計算するのも重要です。

借入金だけでなく、利息も合わせて計算してください。

利息の計算式は以下の通りです。

借入残高×借入利率÷365日×借りている日数

例えば1万円を30日間、年率18.0%で借りた場合の利息は以下のように求めます。

1万円×0.180÷365日×30日=147円

少額を借りる場合は利息は少なくて済みますが、それでも多少の負担にはなります。

上の計算式からわかる通り、借りる期間が長ければ長いほど利息の額は増えるので、なるべく早く返済できるような返済計画を立てることをおすすめします。

無利息期間を利用する場合は、なるべく無利息期間内に返済できるような計画を立てると良いでしょう。

申込前に必ず必要書類を用意する

消費者金融の借り入れに申し込む際には様々な書類が必要です。

運転免許証やマイナンバーカード、住民票などの本人確認書類、年収の記載された収入証明証などは申し込み前に用意しておきましょう。

本人確認書類は審査時に必ず提出を求められます。

収入証明書類は50万円以上の借入希望をする場合や、現在の他社借入金額と申込時の借入希望額を併せて100万円を超える場合に収入証明書が必要になります。

収入証明書類としては源泉徴収票や給料明細、住民税決定通知書、確定申告書などがあります。

収入証明書の提出が求められているのに提出しなければ、審査に通過することはできない為、用意するように心がけてください。

本人確認書類と収入証明書類を事前に用意しておくことで、審査をスムーズに行うことができます。

カードローン審査では在籍確認が必ず行われる

カードローンの審査時には、在籍確認が行われます。

在籍確認とは、職場に消費者金融より電話があり、申請時に記入されている会社に本人が在籍しているのかを確認する電話を指します。

在籍確認の電話では、金融業者が会社名を名乗ることはありません。

電話担当者の個人名でかけてくれるので、会社に申込したことを知られる可能性は低いでしょう。

在籍確認により会社に知られる可能性が低いとはいえ、知られる可能性はゼロではありません。

例えば、電話を受けた人が電話番号の履歴等でWEB検索をかければ、申込したことが知られてしまいます。

リスクを回避したい方は、SMBCモビットのWEB完結申込を利用するなどして、在籍確認による申込したことが知られるリスクを回避しましょう。

また、SMBCモビットのWEB完結申込以外にも、在籍確認を回避できるケースも存在します。

事前に申込する消費者金融に電話をかけて、在籍確認を書類にて確認できないか相談することが可能です。

職場に電話をかけて欲しくない、周りに借り入れをバレたくないという方は、事前に申込先に確認しておくようにしましょう。

消費者金融カードローン以外の方法でも1・2・3万円借りることは可能

消費者金融で少額を借りるメリットやおすすめの消費者金融について紹介してきました。

しかし、消費者金融以外でも1・2・3万円を借りる方法は複数存在します。

ここからは消費者金融以外で1・2・3万円借りる方法として、以下の4種類について解説します。

  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 生命保険の契約者貸付制度
  • 質屋での借り入れ
  • 家族や友人からお金を借りる

上記の中には審査なしで借りることができる方法もあります。

その為、審査なしですぐに現金を借りたい、審査に受かる自信がないといった場合は、利用を検討してみてください。

それぞれのメリットとデメリットについても説明しますので、消費者金融以外の方法で少額を借りたい方は必見です。

クレジットカードのキャッシング枠は審査なしで利用できる

少額をすぐに用意したいときに便利なのがクレジットカードのキャッシング枠です。

クレジットカードには買い物の支払いに使うショッピング枠と、現金を借りられるキャッシング枠があります。

キャッシングは、限度額の範囲であれば何度でも好きな時に、銀行やコンビニのATMから現金を借りることができます。

キャッシング枠は、申込時にキャッシング枠を付帯する事で利用が可能になります。

ただし、手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付帯されていない場合、すぐに利用するのは難しいでしょう。

キャッシング枠が付帯されるには、申し込みから約1〜2週間かかってしまいます。

お金が必要になる前に、早めに申し込みを済ませておくのが良いでしょう。

返済は一括払いや分割払い、リボ払いから選ぶことができます。

返済はクレジットカードの支払日にまとめて行うので、返済を忘れてしまう可能性は低いといえます。

金利は年15〜20%程度で、消費者金融と同程度です。

クレジットカードにキャッシング枠がある方は、利用を検討してみてもよいでしょう。

保険に加入している人は契約者貸付制度を申請できる

生命保険などに加入している人は、契約者貸付制度を利用してお金を借りることが可能です。

契約者貸付制度は、生命保険を解約した時に受け取ることができる解約払戻金を担保にしてお金を借りられる制度を指します。

終身保険や養老保険など、掛け捨てでない保険であればこの制度を利用することができるでしょう。

また、借りられる金額は解約払戻金の7〜8割程度が上限であることがほとんどです。

契約者貸付制度のメリットとして、この制度を使ってお金を借りても生命保険自体を解約する必要はないということが挙げられます。

さらに消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠よりも金利が低く、審査が不要なのも大きなメリットでしょう。

生命保険に加入したまま、少額を借りたい人は契約者貸付制度の利用を検討してみましょう。

質屋は貴金属などを担保にして資金が借りられる

質屋では、貴金属や価値のあるものを担保として預ける代わりに、お金を借りることができます。

審査や収入証明なしでお金を借りることができるので、手元に貴金属やブランド物がある方にとってはおすすめの方法です。

借りられる金額は担保にする物品の価値によって決まります。

さらに質預かりした物品は、借りたお金を期限までに返済すれば、預けたものが返却されます。

返済ができなければ、預けたものが商品としてお店で販売されてしまいます。

一度商品として販売された質は、お店で購入する以外で取り戻すことができないので注意してください。

大切なものや販売されては困るものは、担保として預けないようにしましょう。

不要な貴金属などが家にある人は、質屋の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

家族や友人からお金を借りるのも一つの手

少額であれば、家族や友人から借りるのも一つの手です。

ただし、家族や友人からお金を借りる際には理由に正当性がなければいけません。

ギャンブルや娯楽費など、他社からみて不要なお金については、貸してもらえる可能性は低いでしょう。

また、借りる際には借用書を作ることをおすすめします。

借用書に記載する内容には、以下の内容を入れましょう。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 借りる金額
  • 借りた日にち
  • 返済日
  • 捺印

借用書を作ることで、債権者と債務者両者がお金のトラブルなく安心してやり取りできます。

借用書を作るのは面倒に感じるかもしれませんが、後々のトラブルを防ぐためにも必ず作成しておきましょう。

借りた場合は、借用書に記載した期限までに返済をしてください。

家族や友人から借りる場合は、業者から借りる場合と異なり、返済のシステムが曖昧になってしまいます。

少しぐらい遅れても良いなどの考えは、家族や友人からの信頼を失ってしまいます。

親しい仲だからこそ、期限までにきっちりと返済するように心がけましょう。

まとめ

今回の記事で解説してきたように、消費者金融は1・2・3万円をなるべく早く借りたい場合におすすめの方法と言えます。

初めての利用であれば、無利息で借りることも可能なので、上手く利用すればお得に現金を借りられるでしょう。

どの消費者金融で借りるか悩んだ際には、記事内で紹介した方6社から選んでみてくださいね。

もちろん、消費者金融にはメリットばかりではなく、デメリットもあります。

返済計画をきちんと立てて、自分の決めたルールの中で借り入れをするように心がけてください。無理のない範囲で借りることが大切です。

少額を借りたい時は、注意点を踏まえた上で消費者金融の利用を検討してみてください。

今回の記事が、皆様の消費者金融選びの参考になれば幸いです。